コンテントヘッダー

ガチョウと黄金の卵




「ガチョウと黄金の卵の話は知ってるわよね?」
 私は聞いた。

「もちろん知ってるさ」
 彼は微笑んだ。

「それなら、愚かな飼い主が、毎日黄金の卵を生んでたガチョウを駄目にしてしまった、ってことも分かってるのよね」
 私はやや語尾を荒げ、言った。
「もちろん、それも分かってるよ」
 彼は軽くうなずいた。顔はまだ笑っている。

「じゃあ、どうして……」
 私は悲しげに彼を見つめた。彼の愚かな行動を止めたかったのだ。しかし、彼の決意は固いようだった。
 眼の前の手術道具を仔細に点検しながら、彼が理由を告げた。

「僕はけしてその愚かな飼い主のようにはならない。そういう確信があるからさ。話の中の飼い主はガチョウの体について、何も知らない素人だったろう?まあ、食べるために、ガチョウを解体したことぐらいはあっただろうけど、所詮その程度の経験しかなかった。だから、単純にガチョウの腹を開いて、そして殺してしまった」

「あなたは殺さないと?」
「当然さ」
 彼は力強く肯定した。
「血液、CT、MRIなど、事前に考えられる限りの検査を念入りにした。関連の文献も読んだ」

「それは分かってるけど……」
 私は言った。
「それでももう一度考え直してみない?まだ他の方法があると思うんだけど?」
 私は涙目で訴えた。

「いや、もうこれしか方法はないんだよ。直接お腹を開けて、臓器のサンプルを採取して、顕微鏡を使って徹底的に組織検査をしてみるしかね。
 何度も他の被験者に移植を試みたけれど、他の人には長期間、留まることはなかった。
 それなのに、治療には著効を示す。かなりの多数な疾患に……。

 君の腸内細菌は本当に驚異的だ。まさに黄金の卵だと言ってもいい。それを毎日、少しだけしか得られないなんて、人類の損失だろう?
 なんとしても、君の腸内の秘密を解き明かし、その優秀な腸内細菌群を大量培養する方法を確立するのが、僕に与えられた使命なんだ。
 腕がチクッとするだろうけど、すぐに麻酔がきいてくるからね」

 私は手術台の上で精一杯もがいたが、縛り付けられた体を解き放つことができなかった。
 やがて薄れゆく意識の中、私は自分がお話のガチョウにならないことをひたすら祈った。


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

占いは信じるかい?

 


「前からの悩み、やっと解決しそー」
会った途端、友達のユキコが嬉しそうにそう言ってきた。

「悩みって、あの、誰と付き合うかっていうか、誰を本命にするかってやつ?」
私はやや呆れ気味の顔をして聞いた。こいつは可愛い顔をして三股しているのだ。私は彼氏いない歴=年齢だというのに。


「そう、それ」
 彼女は少しも悪びれることなく答えた。
「ずっと迷ってたけど、これでもう大丈夫だよー」

 ずいぶんと自信有り気な様子だ。いつも優柔不断な彼女にしては珍しい。
「どうしたの、急に?何かあった?」
 私は思わず聞いた。

「えっ?実はねー」
 ユキコはもったいつけてすぐには話さなかった。

「今までは会うたんび、3人のうちで誰がいいんだろうって、ずっと言ってたじゃない?まさか、彼らとは別に、第四の男が現れた、とか言うんじゃないでしょうね?」
 私は頭に浮かんだことを口にした。

「えー、ひどーい。まっさかー。流石に私だってそれはないよ」
 ヘラヘラ笑って、怒る様子もない。
「実は有名な占い師に見てもらったの」

「占い師?」
「そう。とても当たるって評判なんだよ」

 なるほど、そうきたか。
 私は納得した。彼女はそのたぐいのものに弱かったっけ。
 見ず知らずの人の意見に従うなんてねえ。
 私は呆れながらも訪ねた。

「へえー、それで、誰と付き合えばいいって言われたの?稼ぎがいいウチカワさん?イケメンのセキくん?それともあなたの言うことは何でも聞いてくれる後輩のカリタ?」

「えへー、それがまだはっきりしないんだ」
 またヘラヘラ笑い、ユキコは意外な返事をした。
「占いの先生によれば、私の運命の人は近々宝くじに当たるんだって。だからそれで分かるって」

「宝くじ?宝くじって、今売り出し中のスーパースペシャルウルトラジャンボ?それに誰か一人が当たるの?」
 私は反射的に有名な宝くじの名前を言った。

「んーっ?私は詳しくないんだけど、今売り出してるならそれでいいかなあ」
「それでいいって……」
 私は訳がわからず彼女を見た。

「いや、実は三人とも、まだ誰も買ってないんだ、宝くじ。だからこれからうまく話を持ってって、買わせて見ようかなあと思って」

 なるほど。これからの話か。本当に三人の内で誰か宝くじに当選するんだろうか?まさかね。
「結果がわかったらあとで教えてね」
 私は少しため息を付いて、彼女に別れを告げた。

 
 それからしばらくして、彼女に会った。
「本命は決まったの?」
 私は率直に尋ねた。スーパースペシャルウルトラジャンボの当選番号はもう発表されている。
「宝くじは誰か当たった?」

「ん~、それがねー、はっきりしないんだー」
 彼女は浮かない顔をしている。

「はっきりしないってどういうこと?誰も宝くじを買わなかったの?それとも誰も当たらなかった?」
 わたしは尋ねた。

「ううん、三人共ちゃんと宝くじは買ってくれたよ。それで、みんな当たったは当たったけど、最低の三百円なんだよね。ウチカワさんがいっぱいくじを買ったんで、当たりくじ十枚で当選金額の合計は三千円になったけど、ウチカワさんでいいのかといったら、違う気がするんだよねー。ねえ、どう思う?」

 ほぼ予想通りの結果だ。多分、そんな風になるだろうとは思っていたんだ。

「私、宝くじが当たるって言うから、億とは言わないまでも、千万単位のお金が入るんだと思ってたんだよね。がっかりだなー」

 ユキコはため息を付いた。

 これも予想通りの結果だ。ただ一つ、私が予想しなかったことが起きていた。
 占い師は彼女の運命の人が宝くじに当たるっていってたんだよね。
 私当たった。一千万円。

 私がユキコの運命の人なの?同性同士はやばいって。
 占いなんて信じないけど、くじに当たったことは絶対に黙ってよう。できれば付き合いもやめようか?

 私は憂鬱な顔のユキコを眺めながら、作り笑いをしていた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

腹の虫がおさまらない




「○○さんどうぞ」
 呼ばれて若い女が部屋に入ってきた。ここに来るのは初めてのようだ。すなわち、初診の患者だ。
 
 紹介状を持ってきていたので、先にそれを読んでいたから、大体の病状は把握できていた。が、誰にでもするように、眼の前の椅子に女性が座ったところで、私は尋ねた。
「どうされましたか?」
 
 私の質問に、彼女は怯えたような目を向け、それからうつむいて、つぶやくように言った。
「あのー……、実は……、その……、頻繁にお腹が鳴るんです」

「お腹がですか?しょっちゅう、グーグーいうと?」
 
 私の問いに、相手は小さく頭を振った。
「いえ、音はいろいろで,キューキューいったり、グリュって鳴ったり……、もちろんグーグーとも聞こえたりしますけど」

「なるほど、音はいろいろなんですね。で、今もお腹は鳴りそうですか?できれば実際に聞いてみたいのですが」
 私が尋ねると女はまた首を振った。

「いえ、実は人前ではまったく鳴らないです」

「そうなんですか?」,
 私は聞いた。

「はい、誰かいるときは全然鳴らないんです。けれど、私が一人になった途端、鳴り出すんです。しかも、それは私が何かしゃべった時に限っていて、まるで、それに応えるように鳴るんです」
 女は恐怖に震えながら告白した。

「応えるようにですか?」

「はい」
 女は頷いた。

「初めはただの偶然かと思いました。けれどそれが何度も続いて……。少し気味悪くなって、それで冗談で、”中に誰かいるの?”って、聞いたんです。お腹に。すると返事をしたんです。キューって」

「はあ、なるほど」

「私は怖くなりました。本当に何かが私のお腹に中にいるんだって気づいて……。それで、出て行ってくれるように頼んだんです。必死に。けど、全く言うことを聞いてくれなくて、それで……」

「それで自分のお腹を刺したと」
「はい」
 今度は彼女はうなずいた。

「この紹介状によると、ずいぶんと深く、自分のお腹を刺したようですね。たまたま、場所が良かったから助かったようですが、悪くすると即死していたかもしれませんよ」
 私は机の上に置いていた紹介状を、ちらっと見て言った。

「ええ、運が良かったと思っています」
 女はニッコリと笑った。

「で、どうなりました?お腹の方は?それで鳴らなくなりましたか?」
 私は興味に駆られて尋ねた。

「はい。それ以来、一人でいて何か喋っても、お腹が鳴ることはなくなったんです。だからここに来る必要はまったくない、と思っているんですけど、わたしの主治医の先生が、どうしてもここで診てもらえって言うもんですから。精神科なんて、必要ないのに……」

「わかりました」
 私は大きくうなずいた。




 彼女の入院の手続きをした後、私は一息ついた。

「お仲間のことは残念でしたが、彼女は二度とこの病院から出られないようにしましたので 、どうかお怒りをお鎮めください」
 そう言うと、私のお腹は満足げに鳴った。


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

選べるのはふたつだけ




「大体さー、品質、価格、アクセスという三つの中で、選べるのはふたつだけって決まっているもんなんだ。それを一般人はわかってないんだよ」
 酒場で知り合った男が、臭い息を吐きながら、私に愚痴った。

「何それ?どういうこと?」
 やや、鬱陶しいと感じながらも、ちょっと興味も湧いたので、私は尋ねた。

「ん~、それはね」
 しばし考えをまとめようと、空中を見た後、私の方を向いて言った。
「こういうたとえ話なら分かりやすいかな。ここに旨くてしかも安いラーメン屋があったとする。すると店はどうなると思う?」
 
「それはその店は繁盛するんじゃない。うまくて安いんだもの、言う事無しでしょう」
 私は答えた。

「そう多分繁盛するよね。きっと、いつもその店は客でいっぱいになるよね。すると、どうだろう。今日、そのラーメンを食べたいと思って、店に行ったとして、すぐに食べられるかな?」

「店の広さにもよるだろうけど、混んでて、すぐには座れないかもしれないね」

「だろう」
 男は言った。
「品質、つまり美味しくて、価格、安いなら、アクセス、つまり入ったらすぐに食べられる、という利便性は我慢しなければいけない。高品質で低価格なら、アクセスのよさはあきらめたほうがいい。選べるのはふたつだけなんだ」

「あー、そういうこと!」
 私は頷いた。

「もし、とても美味しくて、しかも行ったらすぐに席に座れるような店なら、そこのラーメンは多分とても高いんだ。頻繁には行けない値段になってる。 品質とアクセスを取るなら、低価格というわけにはいかない」

「すると安くてすぐに席に座れるようなラーメン屋のラーメンは……」
 私は言った。

「まあ大して美味しくないだろうね。価格とアクセスをとったんだ。品質は我慢しろ、ということだ」
 男が声高に主張した。

  なるほどと思える理屈だった。
 確かに世の中はそのようにできている気がする。けれど私は目の前で喋っているこいつの職業を知っているので、いまいち納得がいかない。眼の前で理屈をこねてる男は、テレビ関係者なのだ。
 確かに、民法の放送は只だし、テレビはスイッチ押せばいいだけで、見る手間は殆どないが……。


 という経験をして、私自身も思い当たった。
 私はブログで小説を書いているけど、それは当然無料で見られる。アクセスも別に難しいことはない。回線が混雑してしまうなどということがあるはずはない。

 ということであとはわかるよね。
 これを読んで面白くない、と思うのはいたって普通のことなんだよ。無駄に時間を過ごしたなどと、怒らないでほしい。

 選べるのは二つだけ。いい理論だ。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

補修



 
 木材の場合、まずは表面に紙やすりを丁寧にかけ、カビや汚れを落とす。
 終わったら水拭きをし、細かいほこりなどもとる。
 その後、紙やすりでは平らにならないような溝や傷を埋める。小さいものはとの粉を水で溶いたものでもいいが、大きな穴のようなものは木工用のパテを使う。
 眼の前には大きな穴が多数ある。

 パテを穴の中にヘラで押し込み、周りと同じ高さになるように穴を埋める。はみ出た余分な分は丁寧に除去する。

 パテが乾いたら、再び紙やすりをかけて平らにし、その後塗装する。 パテの製品の質にもよるが、上に塗るのがニスなどでは穴の場所が分かってしまうことが多い。穴を完全に隠したいのなら、ペンキを塗るべきだ。

 その旨を家主に言うと、穴の跡を見えなくしてほしいということだったので、ペンキを塗ることにした。色はクリームにするか。

 パテが乾いて塗装ができるようになるまで24時間かかる。というわけで、すべての穴をパテで埋めた後、他の場所の補修にかかることにした。

  石膏ボードの壁にもいくつか穴が開いていた。
 穴はさほど大きくない。持ってきたリペアテープで十分補修できるだろう。

 まずは穴の周辺の壁紙を四角く切る。そしてそれを剥がす。
 剥がした後穴に指を突っ込み、なるべく周辺を綺麗にする。
 それから周りを拭いて埃を取った後、リペアテープを穴に貼った。

 リペアテープは細いプラスチックの糸が網目状になっていて、それを穴の上に貼ることにより、その上に補修用の石膏を重ねる事ができる。
 練った石膏をなるべく平らに伸ばして穴を塞いだ。

 石膏が乾いたら紙やすりをかけて平らにし、そしてその上から壁紙を貼る。 周囲と同じ壁紙なら、ぱっと見そこに穴が開いていたことはまず分からない。

 しかしこの石膏も固まるまで最低4~5時間は欲しい。
 それを説明すると、じゃあ今日はここまでで結構です。明日また仕事を再開してください、と家主が言った。

 道具を片付けていると、どうぞ、と缶コーヒーを渡され、そこで軽いおしゃべりをした。

「このボランティアは長いんですか?」
 家主が聞いた。
「いいえ始めたのはここ最近です」
 私は答えた。

「この家にはお一人で?」
 私は聞いた。
「 ええ、前は女房がいたんですが……。あなたは?」
「私も同じです。それでこんなボランティア始めたんですけどね」
「 そうですか」
 家主が頷いた。

「私の場合、自分も銃を取りましたので 何か罪滅ぼしをしたかったんです」
 私は言った。

 この町のすべての銃痕が補修され見えなくなれば、私も何か変われるような気がしていた。

 とにもかくにも、内戦は終わった。全て終わったのだ。
 私は缶コーヒーを煽った。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR