コンテントヘッダー

似た者同士



「彼女と一緒になろうと決めたってことは、あれ使ったんだな?」
 報告しに来た相手が母親と台所に行き、二人っきりになったのを見計らって、息子に父親が聞いた。

「うん」
 息子が言った。
「悪いとは思ったんだけど、どうしても不安で」

「分かる、父さんもそうだった」
 父親はうなづいた。
「自分に不相応な美人がパートナーになってくれると思うとな。何か裏があるんじゃないかと思って、どうしてもな」

「このことは絶対、内緒ににした方がいい」
 父親は少し悲しげに息子を見つめ、息子に強く言った。
「ああ、分かってるよ」
 息子が応じた。


「あれ、やっぱりありました」
 台所で、未来の義母に彼女が告げた。
 
 何のことか、すぐにピンときた母親は苦笑した。
「あら~、そう!本当に?まったく、親子して。本当、あんな息子でごめんなさいね。なんなら婚約、考え直してもいいのよ」

「いいえ、これで彼が私のことを信用してくれるなら、かえって良かったかと」
 彼女は穏やかに微笑んだ。
「そう?」
 彼女の言葉に、母親はホッとした。

「前もって、味など教えていただいていたので、薬が盛られたのはすぐわかりましたし、効果を消すものも譲られていましたので、実害はありませんでしたから。
 彼は過去の私の男性との付き合いを知りたがっていただけのようでしたから、素直に自白剤の効果に身を任せても良かったんですけど。他の答えにくいことを聞かれたら、やっぱり嫌だったので」

 彼女の言葉に母親は言った。
「それは当然ですよ。誰だって、たとえ好きな人にだって、いえ、好きな人だからこそ、秘密にしておきたいことは必ずあるものですものね」

 彼氏の母親が物分りの良いに安心し、彼女が聞いた。
「ところで、自白剤とその効果を消す薬をどうして持ってらっしゃたんですか?どちらも簡単に手に入るとは思えないんですけど」

「それは私と旦那様に、薬学の研究所に勤めてるすごい友人がいて、その方が作ってくれたの。結婚する前、旦那様には自白剤を。そして私にはその効果を消す薬をね」
 少し夢見るような表情で、母親が言った。

「その友人という方は男性ですか?」
 彼女が聞いた。
「ええ、とっても素敵な、いい方よ。そのうち、ぜひ、あなたにも紹介してあげたいわね。あなたもお礼を言いたいでしょう?」

 母親が意味深に笑い、彼女も同じように意味深に笑い返した。

終わり
 

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

裏切り



「どうしたの?」
 沈んだ顔をしている彼女に彼が聞いた。

「実はクロが……」
 うつむき、ボソリと答える。クロとは彼女が飼っている猫だ。

「クロ?そういえば見当たらないけど……。まさか?ひょっとして……」
 驚く彼に、彼女はかぶりを振った。
「大丈夫、死んではいないわ。ただ……」

「ただ?ただ、どうしたの?」
 なかなか話さない彼女に、彼は多少苛立ちながら、またたずねた。
 そこでやっと、決心したように彼女は事情を説明し始めた。

「言ったとは思うけど、実はこの前、実家に行く用事ができたの、1週間。クロも一緒に実家に連れて行ってやりたかったんだけど、向こうには猫アレルギーの甥がいて、ちょっと無理だったの。
 そこで、以前から親しくしてもらっていた、ご近所の猫好きなおばさんに預かってもらうことにしたのよ。おばさん、喜んで引き受けてくれて、私もホッとしたんだけど、実家から帰ってきてみたら、クロ、私のことすっかり忘れていたの」

 そこまで聞き、彼氏は笑った。
「なあんだ、そんなことか。まあ、猫なんだもの、しょうがないよ。どうせすぐ思い出したんだろう?君のこと」

 それに対し、彼女は悲しそうにかぶりを振った。
「それが全然。お家に帰ろうって抱き上げようとしたら、歯をむき出して威嚇された」
「それはちょっと、ひどいね」
 彼が同情して言った。

「それでもなんとか、捕まえて、バスケットに入れて、ここに戻ってきたんだけれど、なかなか警戒心を解いてくれなくて、少ししたら、ちょっとした隙きに居なくなってしまって、案の定、おばさんのところに戻っていた。
 それで、迎えに行って、また逃げられて、またおばさんのところに迎えに行ってて、三回繰り返して……。四回目に、おばさんに引き取ってもらうことにしたの。クロ、どう見ても、私といる時よりおばさんのところにいる時のほうが幸せそうなんだもの」

 そこで彼女は黙ってしまった。彼氏も掛ける言葉が見つからず、ただ、彼女の方に手をおいた。
「クロは最初、私が見つけた時は、本当にガリガリで、毛も生えそろってなくて、病気もあって、お医者さんに連れて行ったし、ごはんやベッドだって、何がいいのか、色々考えて、やっと、どこから見ても立派な、毛並みのいい姿になったと思ったのに、それが……」

「気を落とさないで」
 彼氏が言った。
「辛いことだとは思うけど……」

「そう、とっても辛かった」
 彼女が言った。
「だから、あなたとはもうこれっきりにします。今度のことで、愛してるものに裏切られることの痛みが、あなたの奥さんの気持ちが、しみじみ分かったの。もう、連絡もしないでください。さようなら」


「そういうわけですか」
 警官が聞いた。
「ええ、それで彼女の気持ちをなんとか取り戻そうとして」
 彼氏が答えた。

「でも、この家の住人からうかがった話では、問題の猫は、飼い主の方から、ぜひ貰ってくれと言われたもののようで、一度も、預かったとか、飼い主のもとから逃げ出してきたなどということはなかったそうですよ。
 多分、あなたは騙されたのだと思いますが、猫が目的とはいえ、他所の家に侵入したのですから、逮捕させてもらいます」
 警官はそう言って、彼氏を連行した。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

お食事会



「どうかなさったんですか?課長」
 昼休み、何度目かの深い溜め息をついた上司に対し、私はたずねた。

「えっ?いや、別に?」
 予想通りの答えが返ってきたが、私はひるまずに押した。
「でも、今朝から何か、ご様子が変ですが?お休みに何かあったんですか?」

 今は、特に差し迫った仕事も抱えてはおらず、課長が急に意気消沈した原因があるとすれば、週末、家庭で何か起こったとしか考えられない。
「良かったら、お話ししてくださいませんか?私でも何かお役に立てるかも」

 課長は私の顔をしばらくじっと見て、それから、意を決したように言った。
「そうだね。ここは若い女性の意見を聞いてみたほうがいいかもしれない。
 実は息子の結婚のことなんだけど……」

「ご結婚?!課長の息子さんが?それはおめでとうございます」
 私は頭を下げた。
 課長はありがとうと返したが、浮かぬ顔で続けた。

「息子と相手のお嬢さんは大学生の頃からの付き合いで、交際期間はもうかなり長いらしい。それで、いよいよ、結婚しようという話に二人でなって、そこで、両方の親の顔合わせをするべく、息子たちが向こうのご両親と私たち夫婦を招いてくれて、昨日食事会をしたんだ」

「それは素敵なですね」
 私は言った。

「うん、とても良かった。お店は洗練されて、落ち着いた感じだったし、料理も申し分なかった。
 僕は初めて会ったんだけど、相手のお嬢さんもご両親も、見るからにいい人そうで、息子にはもったいないと感じたよ。
 それでかなあ。急に罪悪感が生まれてね。黙っていられなくなったんだ。我が家の遺伝のことを」

 ”遺伝?!”
 私は一瞬息を呑んだ。課長の家系には何か悪い病が伝わっているのだろうか?だとしたら重い話だ。

 私が掛ける言葉を探していると、課長が話を続けた。
「我が家ではそれに誰一人免れたものはいなくてね。そして、残念なことに、妻の方もその要素を持っていたんだ」

 課長が悲しそうな顔をした。大変そうだ。
 私が黙っていると、課長は頭に手を掛けた。
 
「今まで君たちにも隠していたけれど、実は僕のこの髪はかつらだったんだよ。一族、みんな、若くしてこうなっているんだ」
 課長はかつらを取って頭を見せた。
 
 は?遺伝ってそれ?つまりハゲ?
 しかも課長、今の今までみんなにバレてないと思っていたわけ?うっそ~!
 あんないかにもかつらです、っていう姿、分からないほうがおかしいと思うんですけど。

 私が引いているのが分からないのか、課長は続けた。
「食事会でもこうやって相手に頭を見せて、それでも息子と結婚してくれるかどうか聞いたんだ。そしたら、はっきり返事はもらえなくてね。その晩、息子に電話で怒られたよ。余計なことはするなって。
 
 で、どうだろう?今時の若い娘さんとしては、黙っていてもらってたほうが良かったんだろうか?正直に話したことで、好感をもってくれたりしないのかな?」

「えっ?え~と~っ、それは……」

 さて、なんて答える?
 相手の人は課長と初めて会ったんだろうけど、多分、一発でかつらだとわかったはず。それをカミングアウトされ、伴侶も将来そうなると告げられて……。

 しかし、私は息子さんの相手ではない。課長とは当分うまくやっていきたい。だとすれば……。

「相手のお嬢さんのことはわかりませんが、私だったら、課長のそんな態度に好感を持ったと思います。それにしても、課長、かつらだったんですね。全然気づきませんでした」

 相手のお嬢さんのことを少し気の毒に思いながら、私は課長に笑顔で答えた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

依頼人




「この仕事で、最も印象に残ったやつかい?」
 少し考える仕草をした後、博士は言った。
「今までいろいろな人に会って、いろいろな依頼を受けたけど、そういえば、こんな人がいたよ」
 おもむろに博士は語りだした。

「その人から依頼された品は人を好きにさせる薬、いわゆる惚れ薬といういうやつだった。
 まあ、それ自身はさほど珍しい願い事ではなかったけれど、こういうものを欲しがるのは、たいてい若い女性で、たまに若い男、というのが相場だったんだが、その女性はどう見ても四十絡まりで、そんな歳になってもそういう薬を欲しがるものなのか、と思った。

 それでも、特にこちらからは聞きもしなかったのだが、その人はそれが必要な理由を自分から語ってくれた。

 それによると、彼女が若い時、ある男と付き合い、その男の子供を身ごもったにもかかわらず、男から捨てられてしまったらしい。
 その当時、彼女には頼れる身内は一人もおらず、大きいお腹を抱え、途方に暮れていたんだそうだ。

 その彼女に弱みに付け込む形で、前々から彼女に目をつけていた、彼女より一回りも年上の男が、彼女に面倒を見て上げようと持ちかけてきた。
 彼女は他にどうしようもなく、その男の希望を受け入れ、一緒になった。
 
 すぐに娘が生まれ、その男は自分と血の繋がらない子供をないがしろにすることはなかったが、それでも、彼女はそれを恐れ、その男と自分との間に子供ができないよう、懸命に立ち回ったんだそうだ。

 彼女の努力は実を結び、二人に子供は授かることなく、一人娘は成人を迎えた。これで子供に対して責任は果たした、と彼女がほっとしていたある日、昔付き合っていた男、つまり娘の実の父親に、街で偶然会ってしまったそうだ。

 二十年ぶりに見た男の姿は、多少変わってはいたが、彼女の心に昔の思いが強烈に蘇った。それで、いてもたってもいられず、僕のところに来たそうだ」

「なるほど、もう、子供は手が離れたので、今の夫と別れ、今度は博士の薬の力で、昔の男をつなぎとめようと考えたんですね。しかしそうだとすると、特に博士の印象に残るような内容とは思えないのですが?」
 私は疑問を口にした。

「まあ、薬をその男に使ったというならね。でも違うんだ。僕の作った惚れ薬を彼女は自分に使ったんだ。今の夫を好きになれるようにと」
 博士が答えた。

「自分に使った!?」
 私は驚いて言った。

「どうだい?結構面白い話だろう?でも、僕が彼女のことをよく覚えているわけは、彼女が最も薬が効いた人だからなんだ。僕が作る惚れ薬は、他では評判はかんばしくなくてね。彼女だけなんだよ。とても良く効いたのは」

 博士は嬉しそうに笑った。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

疑問



「一つ、お聞きしてもよろしいでしょうか?」
 無事婚礼の儀も終了し、やっと二人きりとなった寝室で、花嫁が王子に尋ねた。

「何?」
 どのような頑なな女性でも心を溶かしてしまいそうな微笑みを浮かべ、王子は言った。
 その顔を見て、顔を赤らめて目を反らした花嫁は、床を見つめながらも言葉を続けた。

「初めてお会いした時と違い、二度目にお会いした時の私は薄汚れ、みすぼらしい服を身にまとって、化粧一つしておりませんでした。多分、その姿は舞踏会の時とはまるで別人に見えたと思うんです。私自身、舞踏会の時の装いを鏡で見て、これが本当に自分なのかと、にわかには信じられませんでしたから。
 
 それなのに、王子は二度目に会った私を見て、私が舞踏会で一緒に踊った娘だと、確信を持っておられたようにお見受けしました。私も周りの質問に正直にお答えしましたけれど、私が嘘をついて、舞踏会で踊った娘になりすましているとはお疑いにならなかったのですか?」

「そのことなら、君の靴でちゃんとわかったから」
 王子は答えた。

「靴で?」
 花嫁は不安げにまた聞いた。
「あの舞踏会の時、落としてしまった靴のことですよね。たしかに、お役人の方たちがあの靴を持って、私たちの家に来て、私たちの足に靴が合うかどうか確かめられましたが……。
 
 けれど、私の足はそれほど大きくも小さくもありません。あの靴に合った足をした方が他にもいらっしゃったんじゃありませんか?私の前にも何人かがお城に上がって、王子と面会したと聞いたんですが」

「うん、そうだよ。君の前にも数人、娘達と会った」
 王子は素直に答えた。

「それでは、その前に会った方たちは舞踏会で踊った人ではない、となぜお分かりになったんですか?」

「だから靴だよ」
 王子は微笑んだ。
「本当は花嫁を選ぶための舞踏会など乗り気じゃなかった。君と踊った時にも、正直、誰とも結婚などしたくないと思っていたんだけど、君が落とした靴を手にとった時、運命を感じたんだ。この娘しかいない、僕の伴侶となる人は、って。さあ、その靴を脱いで、僕にその可愛い足を向けてくれないかい?」

 王子はシンデレラのそばにひざまずくと、靴を脱がせ、その香りを存分に楽しむのだった。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR