FC2ブログ
コンテントヘッダー

死後ノート

  

「ミズエ叔母さんは、あの、私の母が、その……、父を裏切って他の男の人と付き合っていたの知ってましたか?」
 首をうなだれたまましゃべろうとしなかった姪が、意を決したように顔を上げた後、私に言った。
 
 あまりにも予想外の言葉に私はすぐに言葉が出なかった。
「はあ?何、突然?姉さんが?どうして?」と、言ったところで気付いた。「あなた、読んだの?あのノート」

 半年前、姉が死んだ。病死だった。
 二年ほど入退院を繰り返した末のことで、本人も周りも覚悟はできていたはずだった。そのはずだったのだが、姪の落ち込み様はひどく、葬儀から半年以上過ぎた先月、やっと遺品の整理に取り掛かり始めた。

 姉は若い時に夫を亡くしており、子供は姪一人。そして私たちの両親も私たちが幼い内にこの世を去っていて、肉親は私しかいなかった。そこで姪と二人で、形見分けも兼ねて姉の持ち物を色々引っ張り出していたのだが、先日、押し入れの奥で、紙袋に入っていたノート数冊を見つけたのだ。
 表紙には日記と書いてあり、それを見た途端、生前病院のベッドで私と姪を前にして姉が言ったことを思い出した。
 自分の書いたノートが押し入れにあるから、見ずに処分してほしい、と。
 
 姪も思い出したらしく、「母が言っていたノートってこれのことなんでしょうね」と、紙袋を見ながら言った。そして「どうしましょう?」と困惑した顔を私に向けたのだ。

 生前、姉は文筆業をしていて、少しは名の通った人だった。なので、その姉の日記だから、興味を持つ人がいるかもしれないとは思う、のだが。
「そうね、ひょっとして価値があるのかも知れないけど、故人の願いなんだから燃えるゴミに出すのが一番なんじゃない」
 私はそう提案した。

「そうですね。母の希望ですものね」と、姪はそのノートを紙袋ごと地域指定のごみ袋に突っ込んだはずだったのだ。しかし。

「はい。悪いとは思ったんです。けれど母がどんなことを考えていたのか、知りたい気持ちがどんどん強くなって、あの日ごみには出さず読んでしまいました」
 姪は気まずい笑いを浮かべ白状した。

「その日記に姉さんが誰か男の人と付き合っていたことが書いてあった訳なのね」
「はい、そうなんです」姪はうなずいた。「日付はとびとびでしたけれど、私が生まれた頃から始まっていて、そこに私が父の子なのか、隠れて付き合っていたその人の子なのか自分でもわからない、そんな風に書かれていたんです」
 
 はあ?まさかそんなこと……。姉さん、なぜ?
 言葉が出ずに押し黙っていると姪が言った。
「あの、私の父親が本当は誰なのかとか、確かに少しは興味がありますけど、今となってはどうでもいいんです。ただ、母に本当にそんな男性がいたのか知りたかっただけで」

「そう」
 私は言った。
「もし、本当に姉さんがそんな人だったとしたら、あなたは軽蔑する?許せない?」

「いいえ。そんなことありません」
 姪は私の問いにはっきりと答えた。
「正直に言うと、この日記を読んで、ほっとしました」
「ほっとした?というと?」
 私は聞いた。
「私、知っての通り、母にとても迷惑をかけました」
 姪が言った。
 
 確かに。
 私は心の中でうなづいた。父親を早く亡くしたせいなのか、姪は思春期に入ると荒れた生活を送り、高校で何度か中絶をし、最終的に既婚男性の子を生んで、相手の配偶者から慰謝料を請求され、それを姉さんが肩代わりした。相手の男は結局離婚して姪と一緒になろうとはせず、養育費も満足に払わずで、高校中退の姪ではろくな稼ぎもできなくて、姪の子の養育費はほとんど姉さんが出していた。

「母は私を叱りはしました。けれど見捨てることはなかった。早くに夫を亡くし、女一人で幼い私を頑張って育ててくれた。それなのに私は大人になっても母に苦労のかけ通しで、とても後ろめたかったんです」

「まあ、分かるわね」
「それで、母が私のこと本当はどう思っていたのか、それが知りたくて日記を読んでみたんです。そしたら、母は私がまともな結婚ができなかったのは自分の血のせいだろうって。駄目な私のこと、決して嫌ってはいなかった。むしろ自分のせいだと思っていて。それで……」
 後は涙ぐんで言葉にならなかった。

 姉さん、そういう事?!考えてみれば、姉は聡明な人だった。
 姉は突然病状が悪化してこの世を去った訳ではない。自分の体のことはよく把握していた。だから、本当に誰にも見せる気がないものを書いていたなら、自分で前もって始末していたはずだ。それを捨てもせずに押し入れの奥という比較的見つけやすいところに隠して、あまつさえ私たちにノートは見るな、と言い残した。つまり日記は見られてもいい、むしろ私たちに見て欲しかったのではないだろうか。

 多分そうなのだ。それで間違いないはず。日記を姪が読むことで、姪が罪悪感を抱え込まないようにと、書いたのだ。
 絶対にそうに違いない。なぜなら日記に明らかな嘘を書いている。秘密にしているが姪は本当は私の娘。私がまだほんの子供のころ、暴漢に襲われ私が生んだ子だ。
 出生してすぐ、姉の子として娘は育てられた。私は長らく精神を病んで、姪とこんなふうに普通に話ができるようになったのは、実は最近のこと。

 姉はそのことを姪に打ち開けるつもりは決してなかったようだ。
 では、あのことはどうなのだろう。
 姪に対し虐待をするようになった義理の兄はある日突然亡くなった。それで姉は保険金と母と子の平和な生活を手に入れることができた。

「あなた、まだ日記は持ってる?」
 涙をぬぐっている姪に私は聞いた。
「もし、持っているなら私にも見せてくれないかしら」

「ええ、もちろんです」
 姪は穏やかに笑うと頷いた。

終わり

 

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

人と猫の幸福のために

 

 視線の先にはゲージの中でじゃれあっている4匹の子猫がいた。
「この子達が?」
 男が尋ねた。

「ええ、そうです。この子達はアレルゲンを、正確にはFel d 1だけですが、それをほぼ分泌しません」
 この貴重な猫を所有している私は少し誇らしげに答えた。
「この子達なら、猫アレルギーの人でも安心して飼うことができるはずです」

「それはすごいですね」
 相手はゲージを覗き込んだ。
「見た限り、どの子も健康そうだ」
 そう言ってから顔を上げた。
「一体どうやったんですか?」

 当然の疑問だと思い、私は答えた。
「いや、偶然のたまものなんです。本当にたまたまこの子の親となった猫を発見しましてね。その子は全くFel d 1を分泌していなかったんですよ。多分、突然変異なんだと思いますが、その子の親については良く分かってないので、はっきりは言えませんけれど」

「偶然に発見したと?よろしかったら、どんな風だったのか教えていただけませんか?良く気付きましたね」
 相手が興味ありげな目をして言った。

「非常に幸運だったとしか言えないのですが、実は私は以前、野良猫の保護活動をしていまして」
「野良猫!」
 相手は驚いたように言った。

「ええ、その子達の親は野良だったんです。それで地域猫として暮らすにしても、去勢したほうがいいだろうと皆で捕獲したんですが、その時のメンバーの一人が猫アレルギーだったんです」
「野良猫の保護活動のメンバーが猫アレルギー持ちだったんですか?それはまあ、奇特な人物だったんですね」
 相手はへえという顔をした。

「まったく、今考えるとそうですね」
 私は笑った。
「まあ、そこでその人にこの猫に触れたのに不思議と症状が出ない、ということを聞かされまして、それで興味を持ったんです。で、調べたら、普通の猫なら分泌しているはずのFel d 1が検出されなかった、という訳です」

「なるほど!」
 うんうんと相手はうなずいた。
 それからおもむろに私に言った。
「ところで、あなたは獣医師でしたよね」
「ええ」
 私は答えた。

「それで大学の卒論のテーマが猫アレルゲンだったんですよね?」
 よく知っているな、と私は思った。ネットにそんな情報が出回っているのだろうか?
「ええ、それでまあ、この子たちの親に会った時に興味が湧いた訳で、調べるのにそれほど苦労なくできました」
 私は答えた。

「以前は都心の方で開業なさってましたよね」
 相手がさらに尋ねてきた。
「ええ、3年ほど前まで犬猫病院を開いてましたが、閉めてしまいました」
 何が言いたい?
 私は相手を見つめた。

「飼い主さんとトラブルになったのが理由ですか?」
 私は少し驚いた。
「どこでそれを?いや、最近のネットならすぐに分かるか。悪評はすぐに広まる」
 私はため息をついた。
「ええ、知っての通り飼い主に訴えられまして、それでそこではやりづらくなってしまって」

「そのトラブルというのが治療に来た猫を逃がしてしまった、というのでしたね」
 相手は私が嫌がっていると分かってるはずなのに話を続けてきた。
「そうです。つい油断して空いていた窓から逃げられてしまって。方々探したんですが見つからずじまいで、飼い主に訴えられて、多額の賠償金を支払う羽目になりましたよ」
 私はは情けない顔をして見せた。

「でも、そのための保険に入っていたんではないですか?」
 よく知ってるな?こいつ、いったい何者だ?
「よくお分かりで。犬猫病院の経営者ならその手のトラブルのための保険には入ってるもんなんでして、それで賠償金を払う時、多少なりとは助かりました」

「ところでその逃げ出して見つからなかった猫ですが、オスのトラ猫でしたよね」
「ええ」
 私は恐怖した。知ってるのか?

「そして、この子達の父親もトラ猫ですよね」
 私はしばらく黙った。しかし、相手も黙ったままだ。
「何が言いたいんです?」
 私はやっとそう口にした。

「あなたは病院を閉めた後、ここに越してきて、そしてこのアレルゲンフリーの猫たちを生産するようになった」
 私は否定も肯定もしなかった。

「あなたは開業していた間、猫が来院したら無断でアレルゲンの検査をしていたんじゃないですか?どこかにFel d 1を作らない猫が存在するかもしれないと考えて」
 私は答えを拒んだ。

「そして、ついにその猫を見つけ、自分のものにしたいがために、猫が治療中に逃げ出して行方不明になってしまったことにした」
「証拠はあるんですか?」
 私はやっとそう言い返した。

「証拠?別にありません。証拠は必要ないと思うんです」
「なに?」
 私は身構えた。次に何を言ってくる?

「実は私も犬猫病院の開業獣医師でして、私も大学で猫アレルゲンの研究をしていました。そして私も今、Fel d 1を作らない猫を所有しているんです」
 意外な言葉に私は驚いた。
「それじゃあ、あなたも、その、治療中の猫を逃がしてしまったんですか?」

 私の問いに相手はかぶりを振った。
「いいえ、正式に譲り受けました。その子の飼い主一家が不幸にあいまして、引き取り手を探していたので」
「そうですか」
 私はうなずいた。こいつは私よりまともなのか?

「まったく、最初にその子の譲渡を希望したときに、素直に応じてくれればよかったんですがねえ」
「はあ?」

「私のところにいるのはメスなんです。あなたのところの猫と交配できれば、まったくFel d 1フリーの子猫が誕生すると思うんですよ。協力してくれますか?」

 相手はにっこりと笑った。
 これは断るわけにはいくまい。
 私は大きくうなずいた。
 私たちは人類に多大なる貢献をもたらすだろう。

終わり
 

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

恩を仇で返す



「これが例の反物か?」
 目の前の三巻の一つを手に持ち、それを広げて役人が言った。現れた布は煌びやかな輝きを見せている。
「はっ、それらが押収したもののすべてでございます」
 部下と思われる男がかしこまって答えた。

 役人は布をしげしげと見つめた後、軽くため息をついた。
「確かに、今まで見たことのない織りだのう。で、越後屋はこれを見て何と申しておった?奴は織物を一目見ただけで、その産地を当てられると常々自慢してたはず。この反物がどこから来たと?」

「ははっ、それが」
 部下が深々と頭を下げて報告した。
「越後屋が申すことには、このような織り方は日の本のいずこでも見たことがないということでして。それ故、おそらくその反物は唐物かあるいは南蛮渡来ではないかと、そのように申しておりました」
 

「唐物か南蛮……」
 それを聞き役人は深いため息をついた。
「そうか。しからば越後屋にはこの反物のことは……」
「はっ、もちろん固く口留めいたしました。もし、ことが漏れた場合、一族郎党に危害が及ぶだろうと、強く脅しておきましたれば、まず、そちらから漏れることはないものかと」

「うむ。公儀にこの反物のことが知られれば、わが藩に抜け荷の疑いをかけられるは必定。そのようなこととなれば、たとえ無実だとしても、言いがかりを付けて御家おとりつぶしを狙ってくる可能性があるのじゃ。よってくれぐれも他に漏らさぬよう、万端の心掛けをしてくれ」
 渋い顔で役人が言った。
「はは、承知仕ってございます」
 部下はまた深々と頭を下げた。

「とすると、この反物を店に売りに来たという老爺だが」
「はっ、すでに牢内で息を引き取って おりますれば、ことさらの口封じは無用でございます」
「買った店の方は何と?」
「大変珍しい織物が手に入ったので、一部を殿へ献上しようとしただけのようで、問題の布は老爺の身内が織ったものと信じておるようです」

「ふむ、ならばそういうことにしておくほうが良いか」
 役人は顎を撫でて言った。
「ところで、死んだ老爺は最後までこの布を手に入れたいきさつを言わなかったのか?」
「はっ、最後まで訳の分からぬことを申しておりました。かなり高齢の者でしたので、年のせいで気がふれていたのではと思われます」

「ほかに事情を知っておりそうなものはおらぬのか?」
 役人は部下に聞いた。
「老爺には子供はおらず、女房は居りましたれば、こちらもしょっ引いて尋問いたしましたが、これまた亭主と同じことを言っておりまして」

「助けた鶴が娘に化けて家に来て機を織ったと?」
「はっ、そのように申しております」

「ふん、ばかばかしい」
 役人は鼻で笑った。
 訳の分からない年寄りをだまして、抜け荷の品を売りさばいたのだろうが、問題はさらにこのような布が藩内に出回るかどうかだが。果たして。

「よし、その老婆も牢に閉じ込めておけ。手荒に扱って構わん。絶対に外に出すな。わしは殿に事と次第を報告してくる」
 役人は立ち上がった。
「ははっ」
 部下はまた頭を下げた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

甘い罠

 


「で、どうしたんだ?」
 手ごろな店に誘い、席に付かせた後、ひどく落ち込んだ様子のツカノに、私は聞いた。
 彼は黙ったままで私の質問になかなか答えようとはしなかったが、やがてぽつりと言った。
「実はナギサが……」

「ナギサ?ナギサって、以前からお前が言っていた女のことか?確かあっちから言い寄ってきたっていう」
 私の問いにツカノはこくんとうなずいた。

 しばらく前、今とは打って変わって上機嫌だったツカノが、迷惑なんだがとか言いながらも嬉しそうにその女のことを話してたのが思い出された。
「で、その女がどうしたんだ?まさかお前、やっちゃたのか?」

 私の言葉に相手は首を横に振った。
「そうか、ならいいんだ。お前は既婚者なんだから、手を出してばれたら離婚だぞ、きっと」
 私は彼の妻であるコズエさんが烈火のごとく怒っている様を想像した。彼女はそういうことに寛容だとはとても思えない。

「離婚?離婚か。そうだな。俺は離婚するかも」
 情けなさそうな声。
「なに?なんで?」
 私は聞いた。
「あっ、ひょっとして、コズエさんにその女のことがバレて、一線は越えてないってことが信じてもらえなかったのか?」

「ちがう、そうじゃない」
 彼はまた首を振った。
 それからしばらく黙っていたが、やがて意を決して言った。
「実はナギサは別れさせ屋に雇われた女だったんだ」
 悲しそうな顔。

 私は驚いた。
「別れさせ屋?そんな商売があるのか?本当に?」
「ああ、あるらしい」
 彼が答えた。

「本当なのか。しかし、どうしてわかった?」
 私は疑問をぶつけた。
 すると彼は苦々しげにつぶやいた。
「ナギサが、彼女自身が白状したんだよ。あるところから頼まれて俺に近づいたって」

「はあ?なんで?」
 私は言った。
「なんでその女が白状したんだ?そいつは金で雇われてたんだろう。そんなことをばらしたら、シャレにならないペナルティを食らうんじゃないのか?」
「俺が問い詰めたからさ」
 彼が言った。
「お前は別れさせ屋の回しもんじゃないのか、ってね」

「ふうん、するとお前は前から疑ってたんだ」
 私は聞いた。
 すると彼は首を振った。
「いや、ナギサのことはちっとも疑ってなんかいなかった。けれどタレコミがあったんだ。その女は別れさせ屋の女だって」

「タレコミ?」
「ああ、携帯の留守電に知らない女の声で入っていた」
「知らない女?心当たりないのか?」
「ああ、誰だか分からん。けれど女から俺にタレコミがあったことをナギサに告げたら、
彼女には心当たりがあったようだ。親友だと思って何でも話していた女と最近喧嘩別れしたんだとか」

「なるほど。それで誰がお前たち夫婦を別れさせるよう頼んだのか、そのナギサっていうのは言ってたか?」
「いいや。彼女が言うには、仲介者がいて、その男から誘惑する相手を教えられるだけで、誰が俺と女房の仲を壊すように依頼したのかは聞かされてないらしい」

「そうか。しかし、それで離婚話になるということは、お前は別れさせ屋に頼んだのはコズエさんだと思ってるんだな?」
 私の問いに彼はうなずいた。
「ああ。そしてそれはたぶん間違いないと思う。仮にもし間違ってたとしても、やはり離婚するしかないよ。コズエ、浮気していた」

 私はたいそう驚いた。あのコズエさんが?本当に?
「本当か?お前の勘違いじゃないのか?何か証拠があるのか?」
 私はツカノに問いただした。

「間違いない」
 彼は断言した。
「ナギサの告白を聞いて、どう考えてもコズエが一番怪しいと思ったから、やつの携帯を盗み見たんだ。俺の知らない男と頻繁に連絡を取っていたよ。内容もかなりあからさまで、数年前からできていたようだ」

「そうか」
 私はかける言葉を探し、ぽつりと言った。
「女は怖いな」

「ああ、まったく、女は怖い」
 ツカノはそこですすり泣いた。
 私は無言で彼の肩に手を置いた。

 まさか、コズエさんが浮気していたとは、まったく知らなかった。こんなことならわざわざ別れさせ屋に頼まなくても良かったかもしれない。
 二人に子供ができる前にと焦ったが杞憂だったようだ。

 これからは誠心誠意、ツカノに付き添って彼を慰めよう。彼は今のところその気はないけれど、これで女はこりごりだと思っただろうから、私の心にいつか気付いて、私の思いに答えてくれる。きっとそうなる。

 私はツカノの肩を抱きしめ、大丈夫、大丈夫だ、と囁いた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

父親殺し



「しかし、理論的に可能かどうかは置いといて、自分の父親を殺せるもんかね」
 俺は疑問を呈した。
「実際に親を殺した人間は、過去にたくさんいたでしょう」
 若者は即座に答えた。
「まあ、それはそうだが」
 俺は相手の顔をちらっと見た後、グラスをあおった。

 ここは俺の行きつけのバー。
 今日は人に会う約束をしていたのだが、待ち合わせにはまだ余裕があった。そこで一杯引っかけようとこの店に立ち寄り、そしていつものように隣の席の男に声をかけ、よもやま話に花を咲かせていたのだ。
 そんな中で出た話題が父親殺し。実はそんな物騒な内容ではなく、SFのテーマの一つで、タイムトラベルで過去に戻り、自分の父親がまだ子供のうちに殺してしまうことは可能なのか、というタイムパラドックスについてしゃべっていたのだ。

「そりゃ、親から何の愛情も受けられず、逆にひどい目にあわされたりしていたら、殺してしまおうと思ってもおかしくないさ。けれど、この場合、まだ親になっていない、たぶん若造の姿をしているわけだろう。自分が恨んで憎んでる男の面影はあるだろうが、その姿を見て殺意がわくだろうか?」
 俺の問いに相手は答えた。
「難しいかもしれませんね。見ただけで憎らしそうな感じなら別でしょうが」

「だろう」
 俺は我が意を得たり、と思った。
「おれはSFに詳しくないのでどんな物語で父親殺しが出てくるのか知らないけれど、恨みを持って殺すにしろ、知的好奇心だけで殺すにしろ、親殺しをする人間の性格とか状況をうまく設定しないと、読むほうで感情移入しづらいと思うんだが」

「なるほど」
 相手は納得したようだった。
「確かに自分が生まれる以前の、若い頃の父親を殺すのは心理的ハードルが高いと私も思います。まあ、しかしそこらへんをうまく料理している話はありますよ」

「どんな?」
 俺は聞いた。
「実に単純なことで、父親を殺すのでなくその祖先を狙うんです」
 相手は答えた。

「祖先というと、祖父とか曾祖父とかかな?」
「そうですね。私が知ってる話ですが、主人公は自分のおじいさんの前に現れます」
「おじいさん」
「ええ。主人公は死刑囚となった母親が獄中で産んだ子で、父親が誰か母親にもわからない、そんな子でした。
 彼は生まれてすぐに施設に入れられ、そこで育ちます。その間に性的虐待を受けており、施設を出た後もそのトラウマに苦しみ、ついに虐待した張本人、施設の院長を殺してしまいます。そして逃げている途中でタイムトラベルすることになるんですが、父親が不明なので母親に会いに行きます」

「なるほど、まずは母親か」
「そうです。で、そこで母親の若いころの様子を目撃するのですが、彼女は家族にひどく冷たくされていました。なぜかといえば、彼女は彼女の母親が不倫をしたあげくできた子供だったのです。彼女が学童期にそれが発覚し、家庭は崩壊、母親は行方不明となり、彼女は母方の祖父母に引き取られました。しかし、二人にかわいがられることはありませんでした」

「それで母親は死刑になるような犯罪をしてしまうようになったと」
「そんな感じですね。それで主人公は母親ではなく、母親の実の父親、彼女の母親の不倫相手に会いに過去に飛ぶんです」

「そこで、主人公から見れば祖父にあたるその男を殺すわけだ。確かにそんな男なら殺すことに罪悪感が沸きにくいかもな」
 俺はそう言った。
 すると相手は言った。
「いや、別に主人公は祖父を殺しはしないんです」

 俺は驚いた。
「えっ、殺さないの?じゃあ、なんで祖父に会いに過去に行ったのよ」
 相手は答えた。
「睡眠薬を飲ませるためです」

「睡眠薬?それで殺すんじゃなく?」
「ええ、ただ眠らせるだけなんです」相手は言った。「ただし、眠らせるその日は、主人公の祖母が主人公の母親を授かるはずだった日なんです」

 なぜか急に睡魔が襲ってきた。
「その夜の逢瀬を邪魔さえすれば、主人公の母親は生まれない。不倫関係で頻繁に会っていたわけではなかったので、主人公の祖母が主人公の母親を身ごもったと思われる日は意外と簡単にわかりました。祖母の元旦那さんが細かく調査していたので」

 遠くから声が聞こえてきたが、それっきり俺の意識は飛んだ。
 気づくと、俺は公園のベンチで寝ていた。バーで飲んでからかなりの時間がたっていた。スマホはどこかで落としたらしい。会うはずだった彼女にはその夜は会えなかった。

 翌日、もう一度バーを訪れ、昨夜の自分の様子を聞いてみると、若い男と話してるうちに酔いつぶれ、その男が俺を介抱しながら店を出て行った、らしい。
 若い男はこの店には昨夜初めて来た客だそうだ。俺は何とも言えない気持ちになった。

 

「と、言うような経験が俺にはあるんだ」
 男は言った。
「だから?」
 私は聞いた。

「だから?だからその時思ったのさ。絶対に不倫相手を孕ませる様な真似はすまい、とね。バーの一件以来、俺は徹底的に避妊するようになったんだ。だからお前が不倫相手が生んだ俺の息子だなんてありえない。誰に聞いたか知らないが、そいつに騙されているんじゃないか?」

 訳のわからない言い分をへらへらと話す相手に、私はかっとなり、思わず思いっきり相手を殴りつけた。
 相手は吹っ飛び、テーブルの角に頭をぶつけ、動かなくなった。息もしていないように思う。

 私は父親殺しをしてしまったのか、それともまだ生きているのか、それとも本当に目の前に倒れている男は私の父親ではないのか。
 救急車を呼びながら私は考えた。

 終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR