コンテントヘッダー

兄弟



「ごめん、兄さん」
 タクヤが言った。

「何だ、突然?」
 私はグラスを置いて弟の顔を見た。

 するとタクヤは「実は今、カウンセラーのところに通っているんだよ」と、思ってもみないことを私に告げた。
「そこで自分の過去をいろいろ考えてね。兄さんには随分心配かけたんだろうなあ、と気づいたんだ。でも、もう大丈夫。自分の問題がはっきりとわかったから」

「問題?というと今までの女性関係のことか?」
 私は聞いた。

 弟は私に似ず、かなり整った顔をしている。そして背も高い。更に医師でもあり、結婚相手として、これ以上にないくらいの好条件を満たしている。
 普通に考えれば、よりどりみどりで相手を選べるはずなのに、何故か、まともな女性とは付き合おうとしない。
 弟が好きになるのは必ず既婚者で、しかも相手が誘惑に負け、関係を持つようになると、直ぐに別れてしまっていた。
 弟のせいで駄目になった夫婦は、私が知ってるだけでかなりの数にのぼる。

「お前は、いい年をしながら、人のものを見ると欲しくなる、ただのガキだということじゃないのか?」

「実は、僕も今まではそう思っていた。でも違うんだ」
 弟が答えた。
「原因は、僕達の生い立ちにあるらしい」

「それは、俺達が母親に捨てられた事を言ってるのか?」
 私は聞いた。

 私たちの母親は、私たちを置いて、男と一緒に家を出て行った。そして程なくして、病気で死んだ。
 父は再婚もせず、私たちを一生懸命育ててくれたが、やはり、母親がいないことで、色々苦労も味わっている。

「そうなんだ」
 タクヤが答えた。
「カウンセラーの人が言うには、僕が既婚女性に惹かれるのは、無意識に相手に母親を求めているからなんだそうだ」

「なるほど、一理あるか」
 私はうなずいた。

「そして、付き合ってすぐ別れてしまうのは、母親への憎しみを投影してしまうかららしい。僕が今まで付き合った女性はみんな既婚者だから、僕と付き合うということは、夫を裏切るということだからね。僕達の母親と同じ様にね」

 話を聞き、私は今までの弟の不思議な行動に納得がいった。
 私はそうでもないが、母親が出ていった時、弟はまだとても小さかった。ショックも大きかったのだろう。それで、そんな歪んだ女性観が無意識に形成されたのか。

 私は心底同情して、弟を見た。
「お前は随分と難儀な状態に陥っていたんだなあ。それで、それはその、うまく解決できそうなのか?」

 好きになるのは既婚者で、間男である自分を好きになるような裏切り者は憎むんでは、一生、結婚などできない。

「なんだったら、バツイチとかのシングルマザーと付き合って見たらどうなんだ?」
 私の提案に弟が答えた。

「それは僕も考えたんだ。でも、どうやらそれだけでは駄目だと気付いたんだよ。付き合う女性は、絶対に相手を裏切らない、どんなに誘惑されようと、夫以外の男には目もくれない、そんな女性でなければ駄目なんだってね」

「気持ちは分かるが、どうやってそんな女性を探す?」
 私は無理だと思って言った。
「いや、それが大丈夫でね。もう見つけてあるんだ」
 弟が答えた。

「今まで、僕の知り合った女性のほとんどは、僕がちょっと親切にすると、向こうからアプローチして来たけれど、そうじゃない、既婚者の女性もいたんだよ。その人なら信じられそうなんだ。夫を裏切ったりしないってね。後はその人の夫が亡くなれば……、代わりにその人と結婚できる」

 急に眠気が襲い、私は目を開けるのがやっとの状態となった。なにかおかしい。

「子どもたちは大切に育てるから……。ごめんよ、兄さん。ごめん」

 弟の声がやけに遠くに聞こえた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

告知



 突然目の前に天使が現れ、告げた。
「驚かないでください。私は大天使ガブリエル……」

「ガブリエル!?」
 私は驚愕した。
「ガブリエルって、聖母マリアの前に現れたあのガブリエル?」

「そうです」
 天使がうなずいた。
「私はマリアに受胎告知をした、その大天使ガブリエルの部下です」

 その一言で私は拍子抜けした。ああ、部下。
 しかし、部下といえど天使には違いない。私はすぐにひざまづき、精一杯へりくだって聞いた。
「それで、大天使ガブリエルの部下のあなた様が、いかようなご用事で、私の前にお現れになったのでしょうか?」

 天使は優しげな声で言った。
「わたくしも上司と同じ仕事についております。すなわち、あなたに受胎告知をしに来ました」

「はっ?」
 私はあまりのことにしばらく声が出なかった。

「えっ?受胎告知って、つまり、私が聖母になるってこと?」
 ようやく、そう天使に聞くと、天使は笑って頭を振った。

「いえいえ、そのような大層なものではありません。もし、あなたが神の御子をお宿しになったのだとしたら、当然、前回と同じく、私の上司、大天使ガブリエル様があなたのもとにいらっしゃるでしょうけれど、今回、あなたが宿されるのはごく普通の子供です」

「え~っ!普通の子供?じゃ、何でわざわざ?」
 私は聞いた。
「わざわざではありません。子供を生む人には必ず天使が告知しているんですよ。大半の方は覚えてらっしゃらないようですけど」

 そうだったのか!知らなかった!でも、待てよ?

「あの~、何かの間違いじゃないですか?私、その、子供を授かるような覚えはまったくないんですけど」
 現在、私には夫も恋人もいない。正直言って、経験すらない。変だ。

「いいえ、間違いではありません。あなたが今日、受胎され、九ヶ月後に子供を生むのは決まっていることなのですよ。なぜなら、私は今から九ヶ月後の未来からここにやってきました。あなたが産んだ元気な子供の顔を確認した後で。それですので恐れることはありません。あなたとあなたの子供に神のお恵みがありますよう」

 そう言い残して天使は消えた。

 そして、案の定、私は目を覚ました。
 
 うん、夢だ。
 妙にリアルだった気もするけど、この世に天使などいない。ただの夢。

 しかし……。

 今日、友人といつものように飲む約束をしている。気のいいやつで、私も好きっちゃ好きだけど、男女の仲とは言い難い。

 どうする?今回は都合が悪くなったと断るか?
 でも、ただの夢だよね。大げさに考える必要あるか?

 ん~~っ!
 私はぐちゃぐちゃになった頭で、最後まで考えていた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

羨望



「こんばんは」
 私は玄関の戸を開け、奥に向かってあいさつをした。
 その声を聞きつけて出てきた彼女は、案の定、私を見て、何の用?という顔をした。

「この度は、うちの人のせいで、そちらの旦那様が大変な目に会われた、と聞きまして」
 私は深々と頭を下げた。
「それでお詫びと言っては何ですけど、せめてもの償いとして、つまらないものですが、これをどうぞ」
 と言って、私は菓子包みを差し出した。

「あ~ら、わざわざ、まあ」
 彼女は私を見下ろしながら、包みに手を掛けた。
 しかし、「でも、これは受け取れませんわよ」と言って、包みを押しかえしてきた。

 私はそんなこと言わずに、と再び包みを相手に差し出すと、彼女は突然高笑いしだした。
「あなたの魂胆は分かってるんですよ。これを届けにわざわざ来た訳じゃないんでしょう?本当は、夫がどんなふうになったのか見に来たのよね、そうでしょう?」

 意地悪い笑顔を崩さず、彼女は続けた。
「否定したって駄目。ええ、ええ。あなたの気持ちは、私には痛いほどわかるのよ。あなたと私はお仲間ですものね。それじゃ、見せてあげるわ。あなた、あなた!ちょっとこっちに来て」

 彼女が奥に声をかけると、しばらくして、彼女の旦那さんが渋々とした調子でやってきた。
 見るとやっぱりある。立派なコブが。両方の頬に。

「前は一個だったから、どんなに立派でも、やっぱりなんとなく、不満があったんだけど、これでもう完璧。どう?うらやましい?」
 そう言って、彼女は旦那さんのコブを両方の手に一つずつ愛しそうに載せ、プルプルとし出した。

 両方の手で!
 なんて羨ましい!

 つい先日までは、一つだけだったけど、私もあんな風にできてたのに。
 うちの亭主は馬鹿だ!私がコブをどんなに好きだったか知ってたくせに!

 私は悔し涙を流しながら、彼女の家を後にした。
 
 こうなったら、亭主と彼女を亡き者にし、後釜を狙ってやる!覚悟しとけよ!


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

朗報



 トイレ掃除でお困りの奥様に朗報!

 そんな宣伝文句に目を留め、私はある商品の記事を読んだ。

 なるほど!これなら、トイレ掃除も楽になるかもしれない。

 私は早速その薬品を注文した。

 使ってみると効果てきめん。あれ程言ってもするのを拒んでたのに、今では必ず夫は座ってする。

 夫に毎回盛っている薬は、小をしようとすると、大も出てしまう様になる薬なのだ。

 おかげで、便座の周りはいつもきれいで、爽快。

 最初の内、私の知らないうちに、夫の下着が新しくなっていたから、色々あったのかもしれないが、まあ、良しとしよう。

 みんなにも勧めなくっちゃ。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

鑑定



「実は、ショウタのDNA鑑定をしたんだ」

 出し抜けに夫がそう言った。
 私は突然のことに固まってしまい、ただ驚いた顔で彼の顔を見つめた。

「そうしたら、ショウタは俺の子で間違いなかった。疑ってすまない」
 深々と頭を下げた。

 私は驚いた声で言った。
「えっ!」

 それを聞き、直ぐに夫は顔を上げた。面白いほど動揺している。
「えっ、てなんだよ?えっ、て」
 私に詰め寄ってきた。

 私は否定した。
「えっ、て言ったんじゃないわ。ええ、って言ったのよ。ええ、あなたの子よ、って意味でね」

「嘘だ、明らかに、えっ、て驚いてた。なんだよ、なんでショウタが俺の子だと驚くんだよ」
 
 夫は半狂乱になっている。いい気味だ。妻の貞操を疑うような男には、こういう仕打ちがお似合いなのだ。
 当分、疑心暗鬼になって、私の身辺でも調査するがいい。その間、こっちも離婚の準備を着々と進めてやるからな。許さん。


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR