FC2ブログ
コンテントヘッダー

続々・ガチョウと黄金の卵




「ガチョウと黄金の卵の話は知っているわよね?」
 私は彼に聞いた。

「もちろん知ってるさ。君が続けてひどい目にあったこともね」
 彼は私を心底同情した目で見た。

 私は特別な腸内細菌を持っている。他人に移植すると、かなりの病気が治る、そんな細菌だ。
 この菌は移植しても、数日で消えてしまうし、培養もできていない。なので、私から毎回採取するしかない。

 その現状に業を煮やした元彼が、私の体の秘密を探ろうとして、無理やり私の内臓の一部を採った。
 そのせいで、彼は今は塀の中。自業自得だ。

 で、前彼といえば、少しでも私の腸内細菌群の効力を高めようと画策して、私を監禁して、強制給餌を決行。臭い食品を死ぬほど食べさせられた。
 なんとか私の肝臓がフォアグラになる前に救出され、前彼も今は塀の中。当然だと思う。

 どうも私は男運がないようだ。
 それでも諦められず、三人目の今彼に、前の二人と同じように、ガチョウと黄金の卵の話を振ってみたわけなのだが……。

「その寓話を初めて聞いたのは、多分、小学校に入る前だったと思うんだけど、その時から疑問があったんだよね。なんで、ガチョウの飼い主は卵を孵して、黄金の卵を生むガチョウを増やさなかったのかなって」
 彼が言った。

 言われてみれば。
「そう言えば、そうよね。なんでそういう話にならなかったんだろう?」
 私は疑問を口にした。

「実はその答えも考えたんだけど、思ったのは、飼い主は黄金の卵を孵そうとはしたんだけれど、うまく行かなかったんじゃないか、てことなんだ」
 彼が答えた。

「卵が孵らなかった?」
 私は聞いた。
「かもしれない。黄金の卵は雛を孵すようにはできていなかったのかもね。もしくは、孵った雛は卵を生むようになっても、黄金の卵は生まないで、普通の卵しか産まなかったのかも」

「黄金の卵を生む能力が子供には伝わらなかった、と?」
「そう。そういうわけで、黄金の卵を生むガチョウはこの世に一羽しか存在できなかった」
「なるほどね~」
 私はうなずいた。

「でも」
 彼は私に顔を近づけて言った。
「君は違う。君の力はちゃんと子どもたちに伝わるはずだよ」
 にっこり笑っている。
 そして私に向かって言った。

「子供作ろう。できるだけたくさん」
「ええ~、そんな!そんな事いきなり言われても!」
 突然の言葉に私は驚いた。

 彼と付き合いだしてまだ三ヶ月。いくらなんでも早すぎ。
 私の戸惑いを無視して、彼は続けた。
「大丈夫、君は無事に赤ちゃんを生んで、授乳さえしてくれたらいい。あとの面倒な世話はぼくに任せていい。だから、なるべく間隔を開けずに、出産して欲しい」

 真剣な目だ。本気なの?
「ええ~、でも~」
 そんな軽々しく返事ができることではないよ。

「それで、生むのは絶対娘でなくちゃね。知ってる?腸内細菌は母親から子供に伝えられているんだ。男の子だとそこで途切れてしまう。それを避けるためにも、性判別済みの精子を使うべきだね」

 大真面目で力説している。
「ああ、その前に大切なことがあった。腸内細菌を子供に伝えるには、絶対下から産まなければならないんだ。帝王切開になるような事態は絶対に避けるべきだ。
 そうなると、子供は小さく生まれる方が安全だから、そんな遺伝子を強く持っている精液が望ましいな。まあ、初産の時だけ使えばいいだけで、その後はどんなに子供が大きくても大丈夫だろうけど」

「あの、それ本気?すると私はあなたの子供を生むわけじゃないの?」
「ん?別に僕の子供でも構わないけど?ただ、僕に赤ちゃんが小さく生まれる遺伝子があるかなあ?」

 駄目だ。
 話が根本的に合ってない。

 でも、どうだろう。前の二人よりはずいぶんマシだわよね。
 父親はどうあれ、たくさんの子供に恵まれるのは、それはそれで幸せかも。

 私は彼の案に乗ることにした。
 生まれてくる娘たちには、自分の経験をよく教えておこう。

終わり
スポンサーサイト



テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つくづく男運に恵まれぬ娘だ(笑)

Re: ポール・ブリッツ様

いつもコメントありがとうございます。

授乳するだけであと全部(炊事、洗濯、掃除、おむつ替え、離乳食の世話)やってくれるなら、何人でも生んであげる、と言われたことがありました。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR