fc2ブログ
コンテントヘッダー

食卓にて




”やっぱり!”

 案の定、朝食のテーブルにはししとうの炒め物があった。自分の分として取り分けられた小皿にあるのは、見たところ5、6本か?

”さて、今回はどれが当たりなのだろう”

 私は油にくるまれ、緑色に輝く物体をじっと見た。

 自分がこのししとうのからくりに気づいたのはだいぶ前のことだ。
 食卓にししとうの炒め物が出た時、なぜか自分だけが必ず辛いししとうに当たり、妻にはそれが行かないのだ。最初はただの偶然だと思った。単に自分が運が悪いのだろうと思っていたのだ。

 けれどよくよく考えてみると、ししとうが出てくる前日には、必ず妻と諍いをしていた。さらにししとうの旬の夏だけでなく、一年中出てきていた。実際今は年中作れるそうで、スーパーで探せばししとうは必ず置いてあるらしいが。

  さらにネットで調べてみると、現在ではししとうが時々辛くなることはまずないと書いてあった。そういう品種改良がされたんだそうだ。

 そこで出た結論は、妻が何らかの手段で、多分唐辛子ペーストか何かをししとうの中に仕込み、私にそのししとうを食べさせ、鬱憤ばらししているののだろう、ということだ。

 しかし私はあえて気づかないふりをした。辛いものはかなり苦手だが、その程度のことで妻が溜飲を下げ、機嫌が戻るなら、まあいいかと思っていたのだ。

「いただきます」
 そう言って箸と茶碗を取り、おもむろにししとうの一つをつまんだ。そして一気に口に運んで、ご飯とともにしばらく噛んでいると、口の中に強烈な痛みが走った。

「うわー辛い!」
  口を半ば空け、目に涙を浮かべ、妻を見た。いつもなら、”あら、また当たりを引いたの”と、嬉しそうに笑うのだが、今回は無言だった。

 そういえば一本目から当たりを引いたのはこれが初めてのような気がする。 いつもは3、4本目とか最後とかに、猛烈な辛さに見舞われていたのだが。
 
 まあこれで、次は恐る恐る食べる必要はないだろう。既に当たりを引いたのだから。
そう思って、二本目を口に入れた。
「うわっ!」

 辛い。これも。さっきのより辛い気がする。
  二本続けて当たったことは今までなかった。これは……。

 ヒリヒリする口に水を流し込み、涙に曇る目で、ししとう達を見た。そして妻を見る。
 妻は無表情だった。

「二本続けて当たるなんて、随分運がないな」
 私は誰ともなしにつぶやいた。
 妻は何も答えない。

 やはり、相当怒っているのか?

 前夜今までにない大喧嘩をした。 まあ私がこそこそ隠れて女性の同僚と line をしてたのが見つかったせいなのだが。

 だから、朝ししとうの炒め物が出てくるのは想定内だった。しかし、当たりが一本だけではなかったとは。

 気まずい沈黙の中、私は3本目にトライした。
「う~っ!」

 これも辛かった。妻の怒りは相当のものなのだろう。ひょっとして、私の皿のししとうは全て辛いのか。
 
 ”もう食べるのをやめようか”
 そう一瞬思ったが、やはり妻の機嫌のことを考え、全てを食べる決心をした。

 いつか見た、共有のパソコンの履歴には、”カプサイシン 致死量”という項目があった。だから多分、危険な量は知っているはず。
 まさか殺しはしないよね。

 私は死にそうになりながら、ししとうの炒め物の皿を平らげ、妻を見た。

 妻はニコリともせず、台所に引っ込むと、ししとうのおかわりを持ってきて、私の前に皿を置いた。

終わり

スポンサーサイト



テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ラスト一行の衝撃w

奥さん怖いよw

ポール・ブリッツ 様

いつもコメントありがとうございます。

朝、妻が作ってくれる味噌汁には、時々、溶け切らない味噌の塊があり、何故か必ず私に当たるので、こんな作品になりました。ししとうは出てきません。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR