コンテントヘッダー

女房を質に入れてでも

「えっ?一千万?一千万円も融資していただけるんですか?」
 男が驚いて叫んだ。

「まあ、モノがモノですから、そのくらいが相場になります」
 裏の世界に通じているという噂のある、質屋が答えた。

「一千万!それだけあれば……」
 男は目を輝かせた。

「ただし、流質期限は最短の三ヶ月です。しかも、利子の支払いによる、質の契約更新はできません」
 質屋の言葉に、男は少し考え込んだ。

「もしその気になられましたら、もちろん、弁済された暁にはお返ししますが、お二人の署名捺印済みの離婚届と、夫の欄は空白で、奥さんの方だけ署名捺印された婚姻届を携えて、奥さんと共に、ここにお越し下さい。そうしたら、一千万、耳を揃えてご融資します」

「女房をここに連れてきたとして、その後、女房は、その、どうなるんですか?」
 不安な表情で男が聞いた。

「手荒な真似はいたしませんから安心してください」
 質屋が答えた。
「質草に手を付けるような真似は、商売の倫理に反しますし。ただし、逃亡されてはかないませんから、弁済していただけるまでは、某所に軟禁させていただきます」

「よそに軟禁……」
 男は考え込んだ。
「あの、その、女房を軟禁していただいても結構なんですが、その、子供も一緒って訳にはいかないでしょうか?」

「子供?」
 質屋が言った。
「子供がいらっしゃるんで?」

「はい、一人」
 男が答えた。
「娘でまだ三つでして、女房は片親で、義理の母親だけなんですが、彼女は体が弱くて、実家には預けづらいんです」

「あなたの方の実家は?」
 質屋が聞いた。
「私の方の実家は、私が両親から縁切りされてまして……。それに遠いですしね」

 男の言葉に質屋がため息を付いた。
「いいでしょう。子供が一緒でも結構です。ただし、それなら、弁済できず離婚する時は、あなたは子供の親権は放棄する旨を、一筆書いてください」

 質屋の話を聞き終わり、男は希望に満ちた顔で、店を出ていった。

「たまに、本気で女房を質に入れようとしてくる馬鹿がいるが」
 質屋はさっき男から渡された、男の女房の写真を見つめ、言った。
「男運が悪いのは、お母さんからの遺伝か」

 そこには、昔、捨てた女が産んだ、自分の娘の顔があった。
「彼女は私からの援助は頑なに拒んだが、これなら文句ないだろう。一千万円で娘の悪縁を断ってやろう。それにしても、いつの間にか孫までいたとは」

 質屋は男が女房を連れてくるのが、待ち遠しくてたまらなかった。

終わり
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR