コンテントヘッダー

兄弟



「ごめん、兄さん」
 タクヤが言った。

「何だ、突然?」
 私はグラスを置いて弟の顔を見た。

 するとタクヤは「実は今、カウンセラーのところに通っているんだよ」と、思ってもみないことを私に告げた。
「そこで自分の過去をいろいろ考えてね。兄さんには随分心配かけたんだろうなあ、と気づいたんだ。でも、もう大丈夫。自分の問題がはっきりとわかったから」

「問題?というと今までの女性関係のことか?」
 私は聞いた。

 弟は私に似ず、かなり整った顔をしている。そして背も高い。更に医師でもあり、結婚相手として、これ以上にないくらいの好条件を満たしている。
 普通に考えれば、よりどりみどりで相手を選べるはずなのに、何故か、まともな女性とは付き合おうとしない。
 弟が好きになるのは必ず既婚者で、しかも相手が誘惑に負け、関係を持つようになると、直ぐに別れてしまっていた。
 弟のせいで駄目になった夫婦は、私が知ってるだけでかなりの数にのぼる。

「お前は、いい年をしながら、人のものを見ると欲しくなる、ただのガキだということじゃないのか?」

「実は、僕も今まではそう思っていた。でも違うんだ」
 弟が答えた。
「原因は、僕達の生い立ちにあるらしい」

「それは、俺達が母親に捨てられた事を言ってるのか?」
 私は聞いた。

 私たちの母親は、私たちを置いて、男と一緒に家を出て行った。そして程なくして、病気で死んだ。
 父は再婚もせず、私たちを一生懸命育ててくれたが、やはり、母親がいないことで、色々苦労も味わっている。

「そうなんだ」
 タクヤが答えた。
「カウンセラーの人が言うには、僕が既婚女性に惹かれるのは、無意識に相手に母親を求めているからなんだそうだ」

「なるほど、一理あるか」
 私はうなずいた。

「そして、付き合ってすぐ別れてしまうのは、母親への憎しみを投影してしまうかららしい。僕が今まで付き合った女性はみんな既婚者だから、僕と付き合うということは、夫を裏切るということだからね。僕達の母親と同じ様にね」

 話を聞き、私は今までの弟の不思議な行動に納得がいった。
 私はそうでもないが、母親が出ていった時、弟はまだとても小さかった。ショックも大きかったのだろう。それで、そんな歪んだ女性観が無意識に形成されたのか。

 私は心底同情して、弟を見た。
「お前は随分と難儀な状態に陥っていたんだなあ。それで、それはその、うまく解決できそうなのか?」

 好きになるのは既婚者で、間男である自分を好きになるような裏切り者は憎むんでは、一生、結婚などできない。

「なんだったら、バツイチとかのシングルマザーと付き合って見たらどうなんだ?」
 私の提案に弟が答えた。

「それは僕も考えたんだ。でも、どうやらそれだけでは駄目だと気付いたんだよ。付き合う女性は、絶対に相手を裏切らない、どんなに誘惑されようと、夫以外の男には目もくれない、そんな女性でなければ駄目なんだってね」

「気持ちは分かるが、どうやってそんな女性を探す?」
 私は無理だと思って言った。
「いや、それが大丈夫でね。もう見つけてあるんだ」
 弟が答えた。

「今まで、僕の知り合った女性のほとんどは、僕がちょっと親切にすると、向こうからアプローチして来たけれど、そうじゃない、既婚者の女性もいたんだよ。その人なら信じられそうなんだ。夫を裏切ったりしないってね。後はその人の夫が亡くなれば……、代わりにその人と結婚できる」

 急に眠気が襲い、私は目を開けるのがやっとの状態となった。なにかおかしい。

「子どもたちは大切に育てるから……。ごめんよ、兄さん。ごめん」

 弟の声がやけに遠くに聞こえた。

終わり
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR