コンテントヘッダー

前書き そんな時代

 ネットの普及により、それが画像であれ音楽であれ、小説、詩など文学関係であれ、誰でもが自分の作品を簡単に発表できるようになった。その為に、大量の作品がネットを巡っていて、一つの狭い分野、例えば現代詩のようなものでもすべての発表作品を一人の人間が漏れ無く鑑賞することは不可能となった。
 このことによって一番弊害を受けたのは出版責任者とそれ関係の賞の審査員だった。彼らはその分野の専門家である事は間違いないのだが、さすがに海外のマイナーな作品までは目が行き届いていないことが多く、盗作を見抜けずに商品化したり、賞を与えたりすることがほうぼうで見られた。
 作者は故意に盗作するのだから咎められるのは当たり前としても、その盗作を出版したり、賞を与えた人間までもがひどく批判され地位や名誉が危うくなることも多かった。
 たしかに盗作を排除する義務は出版社や賞の選考委員には少なからずあるのだろうが、不可能なことはどうしたって不可能なのだ。もしも完璧を期そうと思うなら、商品化や賞の選考にかなりの時間が必要となってしまう。そういった現状を受け、出版社や賞の選考委員たちは、作品に対し、"出来る限り調べた結果では盗作とは思えない、なので出版した、賞に選んだ"、などと言い訳じみた一文を添えるのが通例となった。
 また、製作する側の方でも盗作などしていないのだが、大量に作品が横行しているために似通ってしまっているものが多数出てくることになった。盗作を疑われた人は盗作でないことを証明しろと迫られるのだが、ないことを証明することは不可能なのだ。
 そんな状態が暫く続き、関係者は頭を痛めていたのだが、科学の発達がこの問題の解決の糸口を示した。人が網膜に映した映像を記録する装置ができたのだ。その記録は外部に溜め込むことも可能で、人が生きている間に見たすべての映像を記録することができた。それに加え、体にマイクを埋め込むことで、その人間がどんなものを見聞きしたかを証明できるようになった。この個人のプライバシーに関わるデータは簡単に閲覧することはできず、当然、改竄も消去も出来ないようになっていた。そのためその装置を埋めこまれてから以降は、何を見聞きしていないかも分かるようになったのだ。
 意外にもこの装置は歓迎され普及し、新生児から装着することが一般的になった。そういったシステムの御蔭で、盗作問題は解決するかに見えた。然るべき権限の者が作者の見聞のデータを検索して、類似の作品に触れていないかを調べればよかったからである。
 しかしながら、いざ実行してみるとこれは盗作問題をさらに複雑にしてしまった。人間は物を見たり聞いたりするときにはそれを意識しているわけだが、装置の記録はそれとは関係なく、眼の前の風景、発生した音を全て記録していた。そのため作者が意識していないにもかかわらず目に入ってしまった絵画、聞こえてしまった音楽などが類似の作品として引っかかることがあったのだ。そしてこういった作品は意識的ではないにしろ、盗作だろうということになり、作者本人も認めざる得なかった。無意識にしたことを否定する根拠がない。
 そこでさらに科学は発展し、自分が見たくないもの、聞きたくないものを排除する装置ができた。視神経と聴覚神経にフィルターが施され、自分が意識したもの以外、情報が脳まで達しないようにしたのだ。
 さすがにこの装置は一般に普及することはなく、自分の子どもを芸術家として育てたいと思った両親がその子に手術を施すくらいだった。
 そんな訳で、神経にフィルターを装備した人間は数えるほどしか存在せず、その人達が成長し、芸術作品を作るようになったとき、人々は大変な期待を持ってそれを迎えた。何十年ぶりかの盗作の疑いようのない作品なのだ。
 それらの作品は世界中で読まれ、聞かれ、鑑賞された。最初人々は感心の声を上げたが、それもつかの間、やがて人々は興味を失っていった。出来が良くないのだ。
 どうやら芸術的作品には無意識の情報が欠かせないらしかった。そのため、今では神経のフィルターは皆取り除かれ、盗作問題は消滅した。盗作だろうがイイものはイイ。そういう結論になったのだ。どこかに類似の表現や模倣があったとしても、いちいち気にしてる時間が惜しい。逆に、いかに盗用、模倣したかが評価されるような風潮も現れた。種々の作品はどれがオリジナルでどれがその模倣なのか、もはや誰も実態のわからない状態でネットに溢れかえっている。そういう時代になったのだ。

 と、いう作品を書いたわけですが、きっとこのネタもネットのどっかにあるんでしょうね。神に誓ってパクってはいません。もし似たような作品を前に読んだことがあるならそれは偶然なんです。信じてください。
 自分の作品として何かを発表するとき、必ずこのような断りが必要になっている。何かを作ろうとする者にとってはかなり鬱陶しい、そんな時代なんです。

終り
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わたしだったらどうするかな……。

人類に「大事なことは作曲そのものではない。それをどう『編曲』するかにかかっているのだ!」と気づかせるというオチに持って行くかなあ。

日の下に新しきものなし、と聖書にも書いてあるし。

Re: No title

聖書ですか。その辺の知識は全然ないもので、私にはちょっと思いつきませんね。

実際、作曲も編曲も大変な作業なのでしょうけど。

この作品は誰かと似ていたらごめんなさい、ということだけで書いたわけでして。個人の生涯に渡る映像を記録する社会、というテーマもどこかで聞いた気がするんですよね。そんな曖昧な記憶の中で物語を作ると、いつも誰かの盗用なのではと思うんです。そんな訳でこの予防線作品となっているんですよ。

No title

目次わかりやすくていいですね。

このお話は今現在私に降りかかっていたので、ほかにも同じ思いをしている人がいるのかなあと、慰められました。
過去現在において目にしたもの(自分は漫画がほとんどですが)を、忘れてはいても脳ではその印象深かった出来事が残っていて、自分の書くものにそれが反映されたりしていて、しかもそれがプロの漫画家さんとかだと、バッシング受けるのではと思い、戦々恐々です。
しかも断然そちらのほうが面白いので。

私が生涯のテーマである長編ものが、ある漫画家さんが完結された作品と似た設定であり、しかも同じせりふを書いていたことに気づいて怖かったです。

なかなか無から有を生み出すことは難しいし、所詮人間なのだから似通ったものがあってもおかしくないと思いました。

Re: ぽんた様

お読みいただきありがとうございます。

やっと目次を作る方法を習得したので作ってみました。別にいらないかとも思ったのですが、見に来る奇特な人にはいくらか親切設計になったでしょうか。

ネタがかぶるのはもはやしょうがないのではないでしょうか。その作家さんと感性が似ていたというだけでしょう。
セリフだってよっぽど長いのが一緒なら怪しまれますが、皆そんなに奇抜なことは言いませんしね。どうしても同じようになるのでは。

私が尊敬する久米田康治先生の作品に疑われないようにありえないポーズでありえない言語を喋ろう、というネタがありました。

パクリ、盗用、盗作からオマージュ、パロディ、二次創作まで全ては作った人しか真実はわからないでしょう。

素人ということで勘弁して貰う予定です。

面白いです

初めて読ませていただきました。
読みやすくて内容も分かりやすく面白いです。
なかなかドキッとさせるオチがよかったです。

これから順に読ませて頂きますので
よろしくお願いします。

Re: 面白いです

わざわざお読みいただき、コメントまで頂けて嬉しいです。有難うございます。

読みやすいと言われたのは初めてです。素人の趣味のブログですので、文章訓練を受けたこともなく、今後はわかりづらいのがあるかもしれません。その時は、率直に言っていただけると参考になりますので、ご負担でなければよろしくコメントおねがいします。面白くない、の一言でも結構です。(笑)

少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。じゅべ?じゅべです?さんに幸多きことをお祈りしております。

No title

最後の一文も作品として見ればいいのでしょうか?

このように簡潔で面白みのある文章が書けるなんて

羨ましい限りです

Re:いちごはニガテ様

お読みいただき、わざわざコメントまで有難うございます。

一応、最後の一文も作品として書いております。それがオチです。

文章をほめられるのは嬉しいですが、いちごはニガテさんも別に羨ましがることはない、立派な文章書きとお見受けしますが。

よろしければまたご訪問ください。コメントは負担になるようなら要りませんので。

No title

今の世界で盗作がない作品ってないんですよね。
誰もがなにかの作品に影響を受けて書いていますからね。
確かに全くの文章の盗作はダメですが、一節が同じというのは良くある話ですよね。
どうも、初めましてです。場末で小説を書いているLandMです。

Re: LandM様

はじめまして。

LandMさんのお話は読ませていただいています。ファンタジーがお好きなのでしょうか。

ファンタジーですと「指輪物語」の影響を受けない世界はまれですよね。あの作品が偉大であり、その世界観をもとにまた新しい物語が生まれるのは、読む方にとって嬉しいことだらけなんですけど。

盗作はまあ、ダメでしょうが、あまり杓子定規にすると、そういう豊かさが失われる恐れもあるし、出来ればみんな大目に見てくれないか、と思っています。

お初です。読む事も始めた四草めぐるですw

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

火消茶腕さん、お初ですw
今までは書く専門だったんですが読む事も始めた四草めぐると申します。

このショート・ショート、面白いですね。

私は今まで、SSはオチが意外でないと面白くないと思っていました。
でも、火消茶腕さんのショート・ショート面白いです。
で、思ったんですが。

結局、盗作なんてするヤツは創作が楽しくないんでしょうね。

人間は努力に努力を重ね、自分の精度を上げていくモノだと思います。
そして上がった精度を振り返り、楽しむのだと思います。
今日、プロの言葉を聞いたのですが。

プロは、原稿用紙で一日、二十枚位が要求されるそうです。

私が、パァーッと書いて二時間で五枚くらい。
という事はプロになれば一日八時間、原稿に向かう計算になります。
そんな時間、ずっと原稿に向かうのであれば、それに見合う技量が必要です。
その方も言っていましたが。

プロになる人はプロになるべくしてなるのだそうです。

なので賞を獲ってもプロになれない人がたくさんいるそうです。
つまりプロになるには、それだけの技量が必要になってくるわけですね。
その為には日々の研鑽が重要になってきます。
日々の研鑽には楽しさが必須です。

ただ、じゃ、プロの物書きは仕事を楽しんでいるのかという話になりますね。

確かに仕事と割り切り、楽しんでいない作家さんもいます。
しかし、そのプロの人たちには、締め切りがあり、責任があります。
ゆえに書けるのです。

で、アマチュアに話を戻すと。
アマチュアは結局、自己責任で締め切りもありません。
なので、やはり楽しまないと、それだけの枚数を書く気力が湧きませんね。

少なくとも私は下手なりに楽しんで書いています。

そしてこのスタンスを崩すことなく、プロになってやろうと画策しています。
なので、余計に盗作をするヤツは創作が楽しくないのではと思います。
それなのに盗作し続ける。

苦しい世界ですね。

いつバレるか冷や冷やでw

そんなに苦しんで何が残るの? 止めればいいのにとか思いますw
と、お初のコメントで熱くなってしまって済みません。
また時間を見つけ、遊びにきますねw
では、では。

草々。

Re:四草めぐる様

四草めぐるさん、はじめまして。

 書く専門だった方がどういった心境の変化で読む方も始めたのか興味がありますが、

作品、お褒めに預かり恐縮です。

 盗作はバレないならやってみたい衝動に駆られるんですけど、盗作したくなるような作品って、

すごくいいものなんですよね。だから大抵の人は知っていて、ばれないわけがない。

隠れた名作、埋もれた名作を見つける技術が必要になると思うんです。うまくやるには。

 四草めぐるさんがプロを目指して日々研鑽しているのは、並大抵のことじゃなく、

一日二枚も書けない私としては本当に大したものだと、感心するばかりです。

 拙い作品だけですが、暇な時にでも読んでいただければ幸いです。

とてもよかったです。

 はじめまして。
 導入から小説と気がつかず時事の日記として読んでいたので、読み進めていく内に徐々に「ああ、これ小説だ」と気がつきながらも、最後まで小説というより名も知らぬ作家のWEB日記でも読んでいるような不思議な感覚で読み終えることができました。
 ネットの普及と盗作に関する現代の話題から、ごく自然にSFへと流れていくのがすばらしく良かったです。最後に入れ子構造のように現代に帰結するのもオチとして素敵でした。
 近頃いろいろなウェブ小説を覗いているのですが、こんなにスルリと読めた掌編は初めてでした。

 とても面白かったです!

Re: とてもよかったです。

やだ なにこれ?様
はじめまして。火消茶腕といいます。

このブログは一応自作のショートショートを大体週一で載せています。
気に入っていただけた作品があって、良かったです。

同じ調子の作品があるわけではないのですが、よろしければ暇な時にまたの訪問していただければうれしいです。

コメントありがとうございました。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR