fc2ブログ
コンテントヘッダー

コビートウェンティパート10




「失敗だったかな」
 彼がつぶやいた。
「失敗?」
 それを聞きそばの者が言った。
「いったい何が失敗だというのですか?」

 彼は深い溜息をつき、首を軽く振った。
「去年まで世界ではやっていた伝染病のことだよ」
 ああ、なるほど、という顔でそばの者がうなずいた。
「確か、一部地域で流行が確認された後、警告が出されたにもかかわらず、あっという間に世界中に広まりましたよねえ。パンデミックっていうんですか?一部の国では医療崩壊が起きましたし、都市封鎖を行なった国もありましたね」

「そうだ」
 彼は暗い顔をした。
 そばの者が重ねて言った。
「人々の往来は極端に制限され、おかげで深刻な経済危機が起こり、その影響は今も続いていますよね」
 

「うむ」
「そのこともあり、直接間接合わせて、伝染病による被害を受けた人はかなりの数になるでしょう」

「影響を受けなかった者は皆無ではないか?」
 彼は尋ねた。
「ええ、そう言って差し支えないと思います」

「そうだよな」
 彼はうなずいた。
「治療と予防法が確立したのは去年のことですから、流行から収束と言っていい状態になるのに三年以上も掛かりましたものねえ」

「そう、三年間も苦しんだ。三年もだ。三年も世界中の人間が様々な影響を受けた」
「そうです」

「だったら!」
 彼は叫んだ。
「もう二度とごめんだ、と考えるものなんじゃないのか?こういった伝染病では人種も国境も貧富の差もほとんど関係なく広がっていく。すべての人間が自分のこととして、身近な危機として、次はこんなことが絶対起こらないように、と考えるものなんじゃないのか?」
「はあ、まあ、理屈で言えばそうなりますが」
 彼の憤りにやや恐れをなして、そばの者がしどろもどろに答えた。

「ところがどうだ!依然、人類は伝染病対策で一つにまとまろうとしない」
「ええ、まあ、今のところは原因の追求と責任の擦り付け合いに終始してますね」

「共通の敵を作ってやれば、一致団結し、一つの世界を目指すようになるだろうと思ったのに」
「そのため、あの国のウイルス研究所の職員を操ったのでしたっけ。残念ながら、思った結果にはなりませんでしたようで」

 そばの者が慰めようとすると、彼は言った。
「いや、まだあきらめるには早い。ウイルス候補はまだまだある。一度で駄目でも、二度、三度となれば、きっと」
 彼の目は決意に燃えていた。
「主の思いのままに。今はまだ愚かな人類ですが、きっと一つになってくれることでしょう」
 そばの者が、背中の白い羽を広げ、かしずいて言った。


終わり
スポンサーサイト



テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR