FC2ブログ
コンテントヘッダー

選べるのはふたつだけ




「大体さー、品質、価格、アクセスという三つの中で、選べるのはふたつだけって決まっているもんなんだ。それを一般人はわかってないんだよ」
 酒場で知り合った男が、臭い息を吐きながら、私に愚痴った。

「何それ?どういうこと?」
 やや、鬱陶しいと感じながらも、ちょっと興味も湧いたので、私は尋ねた。

「ん~、それはね」
 しばし考えをまとめようと、空中を見た後、私の方を向いて言った。
「こういうたとえ話なら分かりやすいかな。ここに旨くてしかも安いラーメン屋があったとする。すると店はどうなると思う?」
 
「それはその店は繁盛するんじゃない。うまくて安いんだもの、言う事無しでしょう」
 私は答えた。

「そう多分繁盛するよね。きっと、いつもその店は客でいっぱいになるよね。すると、どうだろう。今日、そのラーメンを食べたいと思って、店に行ったとして、すぐに食べられるかな?」

「店の広さにもよるだろうけど、混んでて、すぐには座れないかもしれないね」

「だろう」
 男は言った。
「品質、つまり美味しくて、価格、安いなら、アクセス、つまり入ったらすぐに食べられる、という利便性は我慢しなければいけない。高品質で低価格なら、アクセスのよさはあきらめたほうがいい。選べるのはふたつだけなんだ」

「あー、そういうこと!」
 私は頷いた。

「もし、とても美味しくて、しかも行ったらすぐに席に座れるような店なら、そこのラーメンは多分とても高いんだ。頻繁には行けない値段になってる。 品質とアクセスを取るなら、低価格というわけにはいかない」

「すると安くてすぐに席に座れるようなラーメン屋のラーメンは……」
 私は言った。

「まあ大して美味しくないだろうね。価格とアクセスをとったんだ。品質は我慢しろ、ということだ」
 男が声高に主張した。

  なるほどと思える理屈だった。
 確かに世の中はそのようにできている気がする。けれど私は目の前で喋っているこいつの職業を知っているので、いまいち納得がいかない。眼の前で理屈をこねてる男は、テレビ関係者なのだ。
 確かに、民法の放送は只だし、テレビはスイッチ押せばいいだけで、見る手間は殆どないが……。


 という経験をして、私自身も思い当たった。
 私はブログで小説を書いているけど、それは当然無料で見られる。アクセスも別に難しいことはない。回線が混雑してしまうなどということがあるはずはない。

 ということであとはわかるよね。
 これを読んで面白くない、と思うのはいたって普通のことなんだよ。無駄に時間を過ごしたなどと、怒らないでほしい。

 選べるのは二つだけ。いい理論だ。

終わり
スポンサーサイト



テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR