FC2ブログ
コンテントヘッダー

体質




「 思えば、最初は、中学生の頃に見たサッカーワールドカップだと思うんだけど」
 私の話を、モニター画面を見ながら聞いていた夫が、振り向いて言った。
「テレビ画面の中で繰り広げられる、選手たちのパフォーマンスにとても魅了されてねえ。毎日、夢中になって見たっけ」

  夫は少し遠い目をした。
「それからは国内や海外のサッカーの試合だけで飽き足らなくなって、野球、バスケット、バレー、マラソン、テニス…… 、放映されるあらゆるスポーツを見始めたんだ」

 それは私も知っている。夫はしょっちゅうテレビにかじりついているが、見るのは決まってスポーツ中継で、ドラマやニュースなど他の番組には興味がないようだった。

「実はこの頃はスポーツだけじゃなく、将棋とかゲームとかの中継もよく見ているんだ」

 そういえば、確かに夫が夢中になって観ているのは、スポーツだけではなくなっていた。
 しかし、この話が、今この場で何の意味があるのだろう。私はよくわからなかった。

「でもね、僕は運動が得意じゃないから、そのスポーツのルールや戦術には詳しいけど、実際やってみたことはほとんどないんだ」

 夫の体はひょろひょろで、確かにスポーツが得意そうではない。学生時代は文化系のクラブに所属していたらしい。

「だからといって、じゃあ体を使わない方ならいいか、というわけではなくて、将棋とか囲碁とかテレビゲームなんかも少しはやるけど、どれもいまいちで、全然強くなれないし、得意なものはひとつもない」

 結構楽しそうに色々やっていると思ったのに、そうなんだ。

「それでね。言いたいことは、つまり、僕はやるより見る専門なんだよ。実際そのほうが楽しいし。そういう体質なんだね」

 え~と、それはつまり……。

 さっきからモニターに流れているのはいつのまにか撮られていた私と浮気相手との秘め事の動画だ。今は首を戻し、それを真剣に見ている夫。
 私はそれを交互に眺めながら、次に何を言えばいいのか分からず、固まってしまっていた。

終わり
スポンサーサイト



テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR