コンテントヘッダー

お触れ


「どうしてトマスを連れてっちゃうの?何も悪いことをしてないのに。ねえ、どうして?」
 幼い少女が母親にすがり、涙目で訴えていた。

「それはね。今度、新しく変わった領主様から、そういう命令が来たからなんだよ」
 母親は少し困った顔をして、娘に答えた。

「すぐに帰ってくるんだよね?もう会えなくなることなんてないよね?」
 母親は娘を抱きしめ、背中をさすった。

「ああ、大丈夫。きっと大丈夫だよ」
 そう言いながらも、母親にも確信は持てなかった。

 似たような光景が、あちこちで見られ、その後、しばらくして、城の中で領主が言った。
「お前の望み通り、我が領地のすべてにお触れを出し、これらを集めた。それで、こいつらをみんな始末すればいいのだな?これで満足か?」

「これはこれはありがとうございます」
 相手は深々と礼をした。
「かなり無理なお願いかとは思いましたが、考えて見るに、私があなたにしてさしあげた数々のことを思えば、これでもまだ足りない気もしますが」

「とにかく、これで、この界隈にいる雄猫は私だけになりますので、思う存分、子作りに励みたいと思います。つきましては、私が気に入ったものには、ハイヒールを作ってやっていただけませんか?私と釣り合いが取れるように」
 長靴をはいた猫は、そう言って笑った。

終わり
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR