コンテントヘッダー

疑問



「一つ、お聞きしてもよろしいでしょうか?」
 無事婚礼の儀も終了し、やっと二人きりとなった寝室で、花嫁が王子に尋ねた。

「何?」
 どのような頑なな女性でも心を溶かしてしまいそうな微笑みを浮かべ、王子は言った。
 その顔を見て、顔を赤らめて目を反らした花嫁は、床を見つめながらも言葉を続けた。

「初めてお会いした時と違い、二度目にお会いした時の私は薄汚れ、みすぼらしい服を身にまとって、化粧一つしておりませんでした。多分、その姿は舞踏会の時とはまるで別人に見えたと思うんです。私自身、舞踏会の時の装いを鏡で見て、これが本当に自分なのかと、にわかには信じられませんでしたから。
 
 それなのに、王子は二度目に会った私を見て、私が舞踏会で一緒に踊った娘だと、確信を持っておられたようにお見受けしました。私も周りの質問に正直にお答えしましたけれど、私が嘘をついて、舞踏会で踊った娘になりすましているとはお疑いにならなかったのですか?」

「そのことなら、君の靴でちゃんとわかったから」
 王子は答えた。

「靴で?」
 花嫁は不安げにまた聞いた。
「あの舞踏会の時、落としてしまった靴のことですよね。たしかに、お役人の方たちがあの靴を持って、私たちの家に来て、私たちの足に靴が合うかどうか確かめられましたが……。
 
 けれど、私の足はそれほど大きくも小さくもありません。あの靴に合った足をした方が他にもいらっしゃったんじゃありませんか?私の前にも何人かがお城に上がって、王子と面会したと聞いたんですが」

「うん、そうだよ。君の前にも数人、娘達と会った」
 王子は素直に答えた。

「それでは、その前に会った方たちは舞踏会で踊った人ではない、となぜお分かりになったんですか?」

「だから靴だよ」
 王子は微笑んだ。
「本当は花嫁を選ぶための舞踏会など乗り気じゃなかった。君と踊った時にも、正直、誰とも結婚などしたくないと思っていたんだけど、君が落とした靴を手にとった時、運命を感じたんだ。この娘しかいない、僕の伴侶となる人は、って。さあ、その靴を脱いで、僕にその可愛い足を向けてくれないかい?」

 王子はシンデレラのそばにひざまずくと、靴を脱がせ、その香りを存分に楽しむのだった。

終わり
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR