コンテントヘッダー

芋虫


「母さん。苦しい、苦しいんだ。母さん、ここから出して。出して!かあさん、おかあさん……」
 息子の声が聞こえた。
「ハイキー!」
 叫びと同時に、母のキロギーは目を覚ました。
「夢?」
 我に返るとベッドに横になっている息子ハイキーの様子をうかがった。いつもと変わらない姿がそこにあった。眠っているのか、微動だにしない。
 
 ただし眠ってなかったとしても、もはやハイキーが自らを動かせる場所は限られていた。戦争で両腕と両足を失くし、目、耳、喉をやられた。戦地から帰ってきた時に、彼が動かすことができたのは右のまぶたと首だけだった。
 両親は嘆き悲しんだ。国は厚い補償を約束したが、それが何になろう。息子は元には戻らない。一生ベッドの上だろう。

 それでも時が過ぎ、彼らはそれに慣れた。ハイキーは皮膚に書かれた文字で情報を得、瞬きか首の動きを利用したモールス信号で意思を伝えた。芋虫のようではあるが、自力で移動も可能となった。
 このまま、後は何事も無く息子が暮らしていけますように、と両親は神に祈った。しかし、その願いは聞き届けられなかったのである。

 ある日突然、ハイキーの皮膚が硬くなりだした。全身性強皮症ということだった。
 身体に書いた文字を段々読み取れなくなり、這って移動もできなくなり、ついに首まで動かなくなった。

 もちろん、直ぐに医者にかかリ、入院となったが、原因は不明。治療法もろくになかった。今では右のまぶたがかすかに動くだけ。それだけがハイキーの意思表示の全てだった。
 それもまもなく滅多になくなり、もはやハイキーの命は風前の灯火と思われた。

「まるで蛹のようね」
 昨日、見舞いに来た従姉妹が言ったその言葉が、母親のキロギーの耳から離れなかった。
 確かに。手足がない姿でうごめいていた様子は、芋虫のようだったし、今、ベッドに横たわっている状態、皮膚が硬くなり、動くことのないその有様は蛹そのものだ。

 そしてさっきの夢。明らかに息子は助けを求めていた。ここから出ることに必死になりながらも、それが成せないために、母に援助を頼んだのだ。

 キロギーは急いで家に帰った。鋭い刃物が必要だ。台所にある一番切れる包丁を掴み、病院に取って返した。

 いぶかしがる人々には目もくれず、息子の病室に突進した。部屋に入るやいなや、包丁を振り上げた。
「待っててね。いま出してあげるから!」
 そう叫ぶとキロギーはハイキーの胸から腹を、その厚くなった皮膚を切り裂いた。
 
 途端、その傷口から金色に輝くハイキーが出てきた。手足がちゃんと揃っている。戦争に行く前のあの愛しい息子の姿だった。
「ありがとう、かあさん」
 微笑む息子には背中に薄い羽までが生えていた。
「ああ、ハイキー、ハイキー!」
 包丁を取り落とし、キロギーは息子に抱きついた。
「母さん、心配かけてごめんなさい」
 息子は母を抱きしめ許しを請うた。
「いいんだよ、いいんだよ、ハイキー。こうして、ちゃんと元に戻ったんだもの」
 キロギーは泣きながら息子に答えた。
「ごめん、かあさん。本当にごめん」
 母は謝罪し続ける息子の顔を訝しげに見つめた。何をそんなに謝るのか。その時、騒ぎを聞きつけ、看護師が部屋にやって来た。

「ああ、看護師さん!見て、見てください!ほら、ハイキーが」
 指差す空間に看護師は何も見いだせなかった。それよりも、患者の腹部が血まみれなこと、そばの機械の数値が患者が死亡していることを示していること、そして、床に血のついた包丁があり、母親が明らかに混乱していることが目に入った。

「お母さん、しっかりしてください」
 看護師はそばにより、キロギーの手をとったが、ここで起こったことを思い顔は悲痛に満ちていた。


終わり 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事で ブログ村 第4回 読み切り短編小説 トーナメント 3位になりました。投票していただき、ありがとうございました。
 
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR