fc2ブログ
コンテントヘッダー

原罪 はじめてのつみ

 ある日神様がおっしゃった。
「聞け、人類よ」
 世界中の人々に、その人が一番理解できる言葉でおっしゃった。
「私はこの世界の創造主である。今まで黙って見てきたが、ここらで言っておきたいことがある」
 人々は皆驚愕し、祈りをささげ次の言葉を必死に待った。
「それでは言わせてもらうが、私は贔屓なく世界をつくった。この世界を全力で作り、そしてそれらを愛してる」
 人々は喜び、あちこちで神を称える声。
「そこに偏りはない。川原の石ころもお前たち人間も、私の目からは同じである」
「お前たちを私の姿に似せて作ってもいない。お前たちが生まれてから今までに、そしてこれからも誰か特定の一人に語りかけることはない。ましてわが子を地上に下ろしたりはしていない。そして特定の民族を庇護もしていない」
「私は世界を平等につくった。命あるものも、そしてないものも。だから生き物は生まれ変わったりしない。お前たちが考える霊的なものはない。私は特別扱いはしないのだ」
「私はお前たちには高等な頭脳を贈った。理を働かせ、私の存在を推測できるなら、私が今言った事実に容易にたどり着けるはずである」
「これで話は終わりだが、ゆめゆめ忘れないでほしいのは私はお前たちも愛している、ということだ。ではなすべきことをなせ」

 しばしの沈黙。もはや言葉は聞こえてこない。
 キリスト教徒もイスラムも、仏教徒にヒンズー教徒、ユダヤ教徒に諸々の教徒、なぜか無神論者も茫然自失。しばしの混乱に陥った。
 そして出た結論は。
 悪魔の仕業という者42%。異教徒の仕業だとしたのは26%。集団幻聴だろうと結論した者17%。声など聞こえなかった派15%。
 誰も神の声とは認めず、忘れたふりをした。
 これが人類が犯した、初めての罪。人は原罪を負ったのだ。
 しかし安心していいはずだ。神はこんなわれわれも愛しているとおっしゃてくれたのだから。
                              
終わり
スポンサーサイト



テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR