fc2ブログ
コンテントヘッダー

初めてご訪問された方へ



 いらっしゃいませ。
このブログにはしろうとが趣味で書いた創作ショートショートが載せてあります。

 

続きを読む

スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

 鉄槌



 スピーカーからの声が言った。
「それで旦那さんは?」
「401号、確定と」
 私はつぶやき、スマホを手に取った。

 サカイは無言で私のすることを見ている。
 連絡を終え、顔を上げると彼が尋ねた。
「どこにラインしたんですか?」

 ここはラブホテルの管理室。オーナーの私は失職中の彼を勧誘していた。
 このホテルでは各部屋に盗聴器が設置されており、この場所で好きな部屋の盗み聞きができる。
 
「興信所」
 私は答えた。
「興信所?」サカイが驚いて言った。「なんでまた?」
「さっき、スピーカーから聞こえてきた会話、聞いてなかったのか?”旦那さんは?”って男の方が言っただろう。つまり、女は既婚者だ。ということは、401号室は不倫カップルとみて間違いない」

「ああ、多分そうなんでしょうね」
 サカイは不快な顔をして、吐き出すように言った。
「だから401の二人がどこの誰なのか、調べてもらうのさ。二人は車でここに来てるので、駐車した位置と車種も伝えておいたよ。車にGPSを付けられるようにね。勿論、二人がホテルを出る時にも連絡する手はずになっている」

 サカイは驚きを隠せないようだったが、すぐに言ってきた。
「そんなことして、相手を強請るつもりですか?随分危ない橋を渡るんですね。不倫程度、屁とも思わない輩はいっぱいいますよ。逆に訴えられませんか?脅迫されたって」
 私は微笑んだ。
「まあ、そう考えるのが当然だろうが、二人を強請る気はまったくないよ」

「じゃあ、なぜそんなことをわざわざするです?一文にもならないでしょう」
 サカイが訝しげに聞いた。
「別に一文にならなくてもいいんだ。不倫しているやつらに鉄槌を下せればね」
 私はにこやかに答えた。

「鉄槌?」
「そう、不倫カップルにはちゃんと償ってもらいたいと思ってるんだ」
「というと?」
「二人の後をつけ、どこの誰か判明したら、その配偶者に事実を伝えるんだ。あなたの伴侶は浮気していますよ、ってね」
 サカイは驚いたようだった。私はかまわず続けた。

「伝えるのは興信所の者だけど、一度だけでなく何回も会っている証拠を掴むべきだと相手に勧めるんだ。勿論、自分のところに頼んでもらえれば、確実だと宣伝もする。するとまず間違いなく、宜しくおねがいします、となる。
 それで調査を進め、証拠が十分揃ったら、今度はその手が専門の弁護士を紹介する。離婚になるかそのまま夫婦を続けるかは当事者次第だけど、慰謝料は必ず請求するように促すんだ。取れるだけ取りましょうってね。金額が弁護士の報酬にも関係するんで、一生懸命やるよ、彼ら弁護士は」
 私は笑っていった。

 サカイは困惑しているようだった。
 彼は昨年、15年に渡る結婚生活に終止符を打った。ある日、女が彼を尋ねてきて、サカイの妻に慰謝料を請求する旨を告げたのだ。女はサカイの妻の不倫相手の女房だった。証拠はきっちり取ってあり、彼の妻の不貞は疑いようもなかった。
 そして、女は自分が自分の夫と彼の妻の関係を知ったのは興信所からタレコミがあったからだと説明していた。

 私は興信所を通し、それをすべて知っていた。
 まさか、このホテルが自分が離婚したことに関係しているのか?そう考えたのだろう。サカイは事の真相を聞きたそうにしていたが、結局黙った。

「どうだろう?こんな風に普通のラブホテルとはちょっと違っているんだが、ここに務める気はある?勿論、来るカップルすべてが不倫関係なわけはないので、通常の業務がほとんどだけどね。さらに、絶対、このことはよそに漏らしてもらっては困るので、もし、万が一のときは相当のペナルティを払ってもらうことになるけど」

「是非お願いします。やらせてください」
 サカイが頭を下げた。
 計画通りだ。不倫カップルに対して復讐心に燃える彼ならここの安月給でも努め続けるのに違いない。今回のように、時々偽の不倫カップルをここに送り込んでやれば、もっと給料を下げても働いてくれるかもしれない。
 
 彼が息子と思っていた内の一人とは血がつながっていなかった。そこでサカイはろくに金も与えず、その子とその母親を追い出した。
 
 私も子供の頃、同じ目にあっている。確かに母は悪いことをした。しかし、私になんの罪があったというのだ。
 サカイに追い出された、血がつながっていなかった息子に代わって復讐を、鉄槌を下してやろう。せいぜいこき使ってやる。

終わり

 

 
 

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

甘い罠

 


「で、どうしたんだ?」
 手ごろな店に誘い、席に付かせた後、ひどく落ち込んだ様子のツカノに、私は聞いた。
 彼は黙ったままで私の質問になかなか答えようとはしなかったが、やがてぽつりと言った。
「実はナギサが……」

「ナギサ?ナギサって、以前からお前が言っていた女のことか?確かあっちから言い寄ってきたっていう」
 私の問いにツカノはこくんとうなずいた。

 しばらく前、今とは打って変わって上機嫌だったツカノが、迷惑なんだがとか言いながらも嬉しそうにその女のことを話してたのが思い出された。
「で、その女がどうしたんだ?まさかお前、やっちゃたのか?」

 私の言葉に相手は首を横に振った。
「そうか、ならいいんだ。お前は既婚者なんだから、手を出してばれたら離婚だぞ、きっと」
 私は彼の妻であるコズエさんが烈火のごとく怒っている様を想像した。彼女はそういうことに寛容だとはとても思えない。

「離婚?離婚か。そうだな。俺は離婚するかも」
 情けなさそうな声。
「なに?なんで?」
 私は聞いた。
「あっ、ひょっとして、コズエさんにその女のことがバレて、一線は越えてないってことが信じてもらえなかったのか?」

「ちがう、そうじゃない」
 彼はまた首を振った。
 それからしばらく黙っていたが、やがて意を決して言った。
「実はナギサは別れさせ屋に雇われた女だったんだ」
 悲しそうな顔。

 私は驚いた。
「別れさせ屋?そんな商売があるのか?本当に?」
「ああ、あるらしい」
 彼が答えた。

「本当なのか。しかし、どうしてわかった?」
 私は疑問をぶつけた。
 すると彼は苦々しげにつぶやいた。
「ナギサが、彼女自身が白状したんだよ。あるところから頼まれて俺に近づいたって」

「はあ?なんで?」
 私は言った。
「なんでその女が白状したんだ?そいつは金で雇われてたんだろう。そんなことをばらしたら、シャレにならないペナルティを食らうんじゃないのか?」
「俺が問い詰めたからさ」
 彼が言った。
「お前は別れさせ屋の回しもんじゃないのか、ってね」

「ふうん、するとお前は前から疑ってたんだ」
 私は聞いた。
 すると彼は首を振った。
「いや、ナギサのことはちっとも疑ってなんかいなかった。けれどタレコミがあったんだ。その女は別れさせ屋の女だって」

「タレコミ?」
「ああ、携帯の留守電に知らない女の声で入っていた」
「知らない女?心当たりないのか?」
「ああ、誰だか分からん。けれど女から俺にタレコミがあったことをナギサに告げたら、
彼女には心当たりがあったようだ。親友だと思って何でも話していた女と最近喧嘩別れしたんだとか」

「なるほど。それで誰がお前たち夫婦を別れさせるよう頼んだのか、そのナギサっていうのは言ってたか?」
「いいや。彼女が言うには、仲介者がいて、その男から誘惑する相手を教えられるだけで、誰が俺と女房の仲を壊すように依頼したのかは聞かされてないらしい」

「そうか。しかし、それで離婚話になるということは、お前は別れさせ屋に頼んだのはコズエさんだと思ってるんだな?」
 私の問いに彼はうなずいた。
「ああ。そしてそれはたぶん間違いないと思う。仮にもし間違ってたとしても、やはり離婚するしかないよ。コズエ、浮気していた」

 私はたいそう驚いた。あのコズエさんが?本当に?
「本当か?お前の勘違いじゃないのか?何か証拠があるのか?」
 私はツカノに問いただした。

「間違いない」
 彼は断言した。
「ナギサの告白を聞いて、どう考えてもコズエが一番怪しいと思ったから、やつの携帯を盗み見たんだ。俺の知らない男と頻繁に連絡を取っていたよ。内容もかなりあからさまで、数年前からできていたようだ」

「そうか」
 私はかける言葉を探し、ぽつりと言った。
「女は怖いな」

「ああ、まったく、女は怖い」
 ツカノはそこですすり泣いた。
 私は無言で彼の肩に手を置いた。

 まさか、コズエさんが浮気していたとは、まったく知らなかった。こんなことならわざわざ別れさせ屋に頼まなくても良かったかもしれない。
 二人に子供ができる前にと焦ったが杞憂だったようだ。

 これからは誠心誠意、ツカノに付き添って彼を慰めよう。彼は今のところその気はないけれど、これで女はこりごりだと思っただろうから、私の心にいつか気付いて、私の思いに答えてくれる。きっとそうなる。

 私はツカノの肩を抱きしめ、大丈夫、大丈夫だ、と囁いた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

マシュマロテスト



「マシュマロ・テストというものを知っておるか?」
 女王様がわたくしにお尋ねになられました。

 マシュマロ・テスト。
 確か、未就学児童を対象にした心理実験で、机と椅子しかない部屋にテストを受ける子供を一人だけ連れてきて、皿にマシュマロを一個置き、「これから用事があって、わたしは数十分ほど、部屋を出てるけれど、そのマシュマロは食べていい。けれど、わたしが戻ってくるまで食べるのを我慢したら、もう一個マシュマロをあげる」と言って、子供がもう一個のマシュマロをもらうために、目の前にあるマシュマロを食べずに我慢できるか、という忍耐というか、抑制力というか、そういうものが備わっているかを試すテストだったはず。

 しかも、二個マシュマロを貰った子供は、おとなになってもいい暮らしをしていた、という、なんだか怪しそうな結論も導かれていたような気が。

 しかし、ここは、自分の知識をひけらかす場面ではない。
 わたくしは答えました。
「どこかで聞いたような気もしますが、覚えておりません。よろしければ、お教え願いませんでしょうか」
 
 深々と頭を下げると、女王様は蔑みの目を向け、わたくしに言いました。
「本当にお前は物を知らないねえ」
 そして得意げに、わたくしにマシュマロ・テストについての説明を述べられました。

 お教えくださった内容は、やはりわたくしが覚えていたことと大差はなく、新しい知見は皆無でしたが、わたくしはさも感心したように聞き入りました。

「なるほど、そのようなテストでございましたか。なかなか、興味深いものだと思います

 わたくしがそう答えると、女王様がすかさずおっしゃいました。

「そこでだ!」
 いかにも面白いことを思いついたような顔です。
「お前がわたしの寵愛、つまりご褒美を、一週間、いや、それでは甘いか。一ヶ月、そう、一ヶ月我慢したら、わたしだけではなく、もうひとり、別の女王様にかしずけるようにしてやろう。
 もし一ヶ月の間に我慢できなくなったなら、素直にわたしに言えばいい。いつもどおり、お前にご褒美を授けよう。しかし、二人目の女王様はなしだ。分かったか?」

 満面の笑みを称え、ルミコ女王様はわたくしにおっしゃいました。
 何というテストでしょう。
 一ヶ月。一ヶ月もの間、ルミコ女王様のご褒美がもらえない。
 何という苦しみ。
 しかし、この苦しみこそわたくしの望むもの。
 
 けれど、一ヶ月耐えたなら……。
 もうひとりの女王様欲しさに、ルミコ女王様のご褒美を欲しがらなかったことになる。そうなったら、ルミコ女王様はお怒りになり、更にわたくしを罰してくれるのだろうか?それとも、わたくしを見捨てておしまいになるのだろうか?

 一ヶ月、我慢するか、すぐに女王様に懇願するか?
 わたくしは正解がわからず、日々苦悶するのでした。この、大人のマシュマロ・テストに。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

尋問



「課長、ヤツはやはり喋りません」
 若い男が報告した。
「そうか」
 課長と呼ばれた、年配の男が答えた。

「いくら脅しても駄目でした。売人のことを喋らないと、間違いなくかなり重い刑が下される。けれど、素直に言えば、すぐにでも釈放される、とも説明もしたんですが」
「なるほど」
 課長は頷いた。

「どうしてあいつは、頑なに売ってるやつらのことをゲロしないんでしょう。チクると、相手に報復されると思ってるんですかね?」
「さて、どうだろう」
「まさか、喋らないのが男気みたいな考えで、自分に酔ってるんですかね?」
 若い男の問いに、課長は言った。
「多分、自分が喋って、今まで売ってくれていた相手が逮捕されてると、薬が買えなくなってしまうのでは、と恐れているのさ。俺が今度は尋問してみるよ」

 課長は逮捕された男がいる部屋へ向かった。
「薬の購入先を喋らないそうだが」、部屋へ入るなり、男に課長は言った。「おまえは歌手のTを知っているか?」

 男は意外な質問に、疑り深そうに課長を見たが、素直に答えた。
「ああ、知ってるよ。TVで見たことがあるってだけだが。子供の頃に」
「そうか、Tも今のお前と同じように、薬物容疑で捕まったことがあるんだ。知っていたか?」

 男は訝しげに言った。
「いや、知らなかった」
 それに対し、課長はさらに質問した。
「じゃあ、芸人のUは?」

「お笑いコンビの片割れだったUか?知ってる。ヤツもなのか?」
 男が課長に尋ねた。
「そうだ。知らなかっただろう」課長が言った。「まだ、コンビを組む前のことで、売れてなかったからな」

「そうなのか」
 男は少し驚いていたが、課長に顔を向けると言った。
「その二人がどうしたというんだ?」

 課長は”知りたいか?”という顔を見せ、男に言った。
「その二人には共通点がある。二人共、警察の尋問に屈せず、薬を買った先を漏らさなかった。ほんの少しもだ」

 課長の言葉に、男は感心して言った。
「ほう、あの人達も……。そうか、男気のあるヤツはどこの世界にでもいるんだな」

 その言葉に、課長がポツリと言った。
「そうだな、男気溢れる行為だな。その御蔭で、薬物から足が洗えたしな」

「えっ?」
 男は驚いた。
「どういうことだ」

 課長は笑って、相手を見た。そして言った。
「警察を相手に一言も自分たちのことを漏らさなかったTやUに、売人たちが感激してな。二人が破滅に向かっていくのが忍びなくて、二人には絶対に薬は売らないようにしようって、取り決めができたらしい」

「はあ?」
 男は訳が分からないふうだった。
「売ってるやつらは、薬を買うやつらのことはただの金づるだと思っていて、相手がどうなろうと知ったこっちゃない。けれど、そんな自分たちをかばってくれたんだ。情が移るってもんなんだろう。
 おまえも真剣に薬と縁を切りたいと思うなら、このまま、喋らなくいい。少し重い刑になるだろうが、薬を止めるいい機会になるだろう」

「えっ、ちょっと待て。えっ?」
 男はひどく動揺していた。

”落ちたな”
 課長は心の中で笑った。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR