コンテントヘッダー

初めてご訪問された方へ



 いらっしゃいませ。
このブログにはしろうとが趣味で書いた創作ショートショートが載せてあります。

 

続きを読む

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

選べるのはふたつだけ




「大体さー、品質、価格、アクセスという三つの中で、選べるのはふたつだけって決まっているもんなんだ。それを一般人はわかってないんだよ」
 酒場で知り合った男が、臭い息を吐きながら、私に愚痴った。

「何それ?どういうこと?」
 やや、鬱陶しいと感じながらも、ちょっと興味も湧いたので、私は尋ねた。

「ん~、それはね」
 しばし考えをまとめようと、空中を見た後、私の方を向いて言った。
「こういうたとえ話なら分かりやすいかな。ここに旨くてしかも安いラーメン屋があったとする。すると店はどうなると思う?」
 
「それはその店は繁盛するんじゃない。うまくて安いんだもの、言う事無しでしょう」
 私は答えた。

「そう多分繁盛するよね。きっと、いつもその店は客でいっぱいになるよね。すると、どうだろう。今日、そのラーメンを食べたいと思って、店に行ったとして、すぐに食べられるかな?」

「店の広さにもよるだろうけど、混んでて、すぐには座れないかもしれないね」

「だろう」
 男は言った。
「品質、つまり美味しくて、価格、安いなら、アクセス、つまり入ったらすぐに食べられる、という利便性は我慢しなければいけない。高品質で低価格なら、アクセスのよさはあきらめたほうがいい。選べるのはふたつだけなんだ」

「あー、そういうこと!」
 私は頷いた。

「もし、とても美味しくて、しかも行ったらすぐに席に座れるような店なら、そこのラーメンは多分とても高いんだ。頻繁には行けない値段になってる。 品質とアクセスを取るなら、低価格というわけにはいかない」

「すると安くてすぐに席に座れるようなラーメン屋のラーメンは……」
 私は言った。

「まあ大して美味しくないだろうね。価格とアクセスをとったんだ。品質は我慢しろ、ということだ」
 男が声高に主張した。

  なるほどと思える理屈だった。
 確かに世の中はそのようにできている気がする。けれど私は目の前で喋っているこいつの職業を知っているので、いまいち納得がいかない。眼の前で理屈をこねてる男は、テレビ関係者なのだ。
 確かに、民法の放送は只だし、テレビはスイッチ押せばいいだけで、見る手間は殆どないが……。


 という経験をして、私自身も思い当たった。
 私はブログで小説を書いているけど、それは当然無料で見られる。アクセスも別に難しいことはない。回線が混雑してしまうなどということがあるはずはない。

 ということであとはわかるよね。
 これを読んで面白くない、と思うのはいたって普通のことなんだよ。無駄に時間を過ごしたなどと、怒らないでほしい。

 選べるのは二つだけ。いい理論だ。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

補修



 
 木材の場合、まずは表面に紙やすりを丁寧にかけ、カビや汚れを落とす。
 終わったら水拭きをし、細かいほこりなどもとる。
 その後、紙やすりでは平らにならないような溝や傷を埋める。小さいものはとの粉を水で溶いたものでもいいが、大きな穴のようなものは木工用のパテを使う。
 眼の前には大きな穴が多数ある。

 パテを穴の中にヘラで押し込み、周りと同じ高さになるように穴を埋める。はみ出た余分な分は丁寧に除去する。

 パテが乾いたら、再び紙やすりをかけて平らにし、その後塗装する。 パテの製品の質にもよるが、上に塗るのがニスなどでは穴の場所が分かってしまうことが多い。穴を完全に隠したいのなら、ペンキを塗るべきだ。

 その旨を家主に言うと、穴の跡を見えなくしてほしいということだったので、ペンキを塗ることにした。色はクリームにするか。

 パテが乾いて塗装ができるようになるまで24時間かかる。というわけで、すべての穴をパテで埋めた後、他の場所の補修にかかることにした。

  石膏ボードの壁にもいくつか穴が開いていた。
 穴はさほど大きくない。持ってきたリペアテープで十分補修できるだろう。

 まずは穴の周辺の壁紙を四角く切る。そしてそれを剥がす。
 剥がした後穴に指を突っ込み、なるべく周辺を綺麗にする。
 それから周りを拭いて埃を取った後、リペアテープを穴に貼った。

 リペアテープは細いプラスチックの糸が網目状になっていて、それを穴の上に貼ることにより、その上に補修用の石膏を重ねる事ができる。
 練った石膏をなるべく平らに伸ばして穴を塞いだ。

 石膏が乾いたら紙やすりをかけて平らにし、そしてその上から壁紙を貼る。 周囲と同じ壁紙なら、ぱっと見そこに穴が開いていたことはまず分からない。

 しかしこの石膏も固まるまで最低4~5時間は欲しい。
 それを説明すると、じゃあ今日はここまでで結構です。明日また仕事を再開してください、と家主が言った。

 道具を片付けていると、どうぞ、と缶コーヒーを渡され、そこで軽いおしゃべりをした。

「このボランティアは長いんですか?」
 家主が聞いた。
「いいえ始めたのはここ最近です」
 私は答えた。

「この家にはお一人で?」
 私は聞いた。
「 ええ、前は女房がいたんですが……。あなたは?」
「私も同じです。それでこんなボランティア始めたんですけどね」
「 そうですか」
 家主が頷いた。

「私の場合、自分も銃を取りましたので 何か罪滅ぼしをしたかったんです」
 私は言った。

 この町のすべての銃痕が補修され見えなくなれば、私も何か変われるような気がしていた。

 とにもかくにも、内戦は終わった。全て終わったのだ。
 私は缶コーヒーを煽った。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

悪夢?



 

 夜中、寝室で寝ていると、なにやら不審な声のようなものが聞こえ、目が覚めた。
 
 それはムーとかウーとか、明瞭な言葉をなしておらず、最初は猫が鳴いたのかと思った。しかし、その声は我が家の2匹の飼い猫のどちらにも似ていない。
 そこで、隣で寝ている妻と一緒になって、はやニ十年、その間、ただの一度もなかったことだが、これはもしかして妻の寝言なのではと考えた。

 すぐに同じような声がし、確信をした。妻は寝言を言っている。

 一体どうしたんだろう、と思ったが、非常に珍しいことだったので、この後どうなるのか興味が湧き、声をかけて起こすことは止して、様子を見ることにした。

 声は最初小さくて、何を言っているのか聞き取れなかったが、それはだんだん大きくなり、かなりの音量となった。しかしそれでも言語は明瞭としない。
 
 ほぼ悲鳴に近くなったところで、これは寝言などではなく、妻の身体に何か変調が起きて、自分に助けを求めているのではと考えた。これはまずいと、急いで布団から出て、妻を揺り起こそうとしたところで、彼女がはっきりと、大声で叫んだ。

「ケンタ、駄目!やめて!」

 それを聞き、私は硬直した。ケンタとは私の名前だからだ。

 えっ?起きてる?目が覚めた?
 
 窓に取り付けたカーテンの脇から漏れてくる、外の明かりからでしか確かめようがなかったが、私はその薄暗い明かりに照らされた妻の顔をまじまじと見た。
 明らかに寝ている。どうやらさっきのも寝言のようだ。

 なんだ?どういうことだ?
 悲鳴に近い叫び声の後、私を呼び捨てにして、私の何らかの行動を制止した。
 
 妻は普段私のことをあなたと呼ぶ。若い頃はケンタさんだった。ひどい喧嘩をした時でも、ケンタ、と呼び捨てにされたことは一度もない。その妻のケンタ呼ばわりはかなりショックだった。
 
 駄目ってなにが?やめてって何を?
 一体、妻はどんな夢を見ているのだろう?

 私はかなり混乱し、もしこの続きがあるなら是非聞きたいという思いと、これ以上妻が寝言を言う前に起こすべきではという二つの考えで迷った。

 何もできず呆然としているうちに、険しかった妻の表情が緩み、再び寝言を言った。

「なに?ご褒美欲しくないの?」

 はあ?
 ご褒美?なんだ、ご褒美って?

 どうやら妻は悪夢を連続してみているわけではないようだ。

「じゃあ、土下座して、足を舐めて、椅子になって……」

 後はむにゃむにゃとした感じの口調となり、その後はずっと静かになった。もう寝言は終わったらしい。

 私は自分の布団に戻り、今の出来事をいろいろ考えたが、やがて眠りについた。

 翌朝の妻の様子はいつもと全く変わらなかった。
 昨夜、寝言を言っていたよ、と教えようかとも考えたが、妻が喋ったことをそのまま言って良いのか判断がつかず、結局黙っていることにした。

 昨夜のことは悪い夢ということでいいだろう。ちなみに私には妻の足を舐める趣味はない。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

体質




「 思えば、最初は、中学生の頃に見たサッカーワールドカップだと思うんだけど」
 私の話を、モニター画面を見ながら聞いていた夫が、振り向いて言った。
「テレビ画面の中で繰り広げられる、選手たちのパフォーマンスにとても魅了されてねえ。毎日、夢中になって見たっけ」

  夫は少し遠い目をした。
「それからは国内や海外のサッカーの試合だけで飽き足らなくなって、野球、バスケット、バレー、マラソン、テニス…… 、放映されるあらゆるスポーツを見始めたんだ」

 それは私も知っている。夫はしょっちゅうテレビにかじりついているが、見るのは決まってスポーツ中継で、ドラマやニュースなど他の番組には興味がないようだった。

「実はこの頃はスポーツだけじゃなく、将棋とかゲームとかの中継もよく見ているんだ」

 そういえば、確かに夫が夢中になって観ているのは、スポーツだけではなくなっていた。
 しかし、この話が、今この場で何の意味があるのだろう。私はよくわからなかった。

「でもね、僕は運動が得意じゃないから、そのスポーツのルールや戦術には詳しいけど、実際やってみたことはほとんどないんだ」

 夫の体はひょろひょろで、確かにスポーツが得意そうではない。学生時代は文化系のクラブに所属していたらしい。

「だからといって、じゃあ体を使わない方ならいいか、というわけではなくて、将棋とか囲碁とかテレビゲームなんかも少しはやるけど、どれもいまいちで、全然強くなれないし、得意なものはひとつもない」

 結構楽しそうに色々やっていると思ったのに、そうなんだ。

「それでね。言いたいことは、つまり、僕はやるより見る専門なんだよ。実際そのほうが楽しいし。そういう体質なんだね」

 え~と、それはつまり……。

 さっきからモニターに流れているのはいつのまにか撮られていた私と浮気相手との秘め事の動画だ。今は首を戻し、それを真剣に見ている夫。
 私はそれを交互に眺めながら、次に何を言えばいいのか分からず、固まってしまっていた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR