FC2ブログ
コンテントヘッダー

夜更けの帰宅




 鍵を持ちあるいてはいないので、いつものように玄関のドアを叩いた。
 待つことしばし。鍵を外す音が聞こえ、扉が開き、母が「おかえり。遅かったのね。お疲れ様」と、自分を出迎えてくれる……、はずだった。

 しかし、今日に限っては、何も起こらない。
”なにかで手が離せないのかな?”
 もう一度ドアをノックする……。
 
 しかし、やはりいくら待っても鍵が外れる音がしない。
”おかしい?どうしたんだろう?”
 僕はリビングの窓を見た。ちゃんと明かりはついている。いつもなら、父と母はあの部屋で、本を読んだり、編み物をしているはずだが……。

 更にもう一度、今度はもっと強く扉を叩いた。しかし、やはり何事も起こらず、辺りは静寂に包まれ、コトリとも音がしなかった。
 しかし、よく耳を澄ますと、家の中から、微かに両親の声が聞こえてきた。

 外まで音が漏れるということは、二人はかなり大声を出しているらしい。とても珍しいことだけど、喧嘩でもしているのか?

 しばらく聞き耳を立てていると、父が何やら叫んだようだった。
 すると、突然、僕にある思いがこみ上げてきた。
 ああ、ここにいては駄目だ。戻らなきゃ。

 戻る?でもどこへ?

 霞がかかっていたような頭が、やにわにはっきりとした。
 そうだ!僕は仕事場で事故に合ったのだ!
 
 普段から気を付けていて、絶対にそんなことにはならない、と思っていたのに……。まるで何かに魅入られたようにふらふら機械に近づいて、巻き込まれ……。身体中に激痛が走り、そして気を失った。それから……。

 それからどうなった?
 その後、思い出すのは、家に向かって歩いている自分だ。その時は、ただただ、家に帰らなければ、と、取り憑かれたように思っていた。けれど……。

 今は戻りたい。
 家ではないどこかへ。
 それはどこだ?

 ふと、昨夜のことが思い出された。
 昨日の夜、知り合いの船乗りのおじさんが、不思議なことを言って、不思議な物をおいていったのだった。

 何でも願いを叶えてくれるという、猿の前足の干物。
 
 父は冗談半分で、家のローンの代金を望んだ。そんなものに頼んで、お金が手に入るなら苦労しないんだが。
 貧乏な僕たちが大金を手に入れるとしたら、それこそなにかの被害者にでもなって、賠償金と慰謝料を貰う時くらいだろう。

 ああ、理解った。
 そうだ、僕はそれで死んだのだ。きっと両親に家のローン代が入るのだろう。
 僕が今こうして家に戻ってきたのは、多分母の望みか。

 けれど今の僕の姿は、顔は潰れ、左手はなく、歩けるのが不思議なくらい両足もぐちゃぐちゃだ。この姿を父は母に見せたくなかったのだろう。だから僕は墓地に帰りたいのだ。
 
 よし、帰ろう。墓地に帰ろう。
 けれど何かがまた命令する。途中、人を見たら噛みつけと。誰でもいいから、手当たり次第に噛めと。
 ちょうどいい具合に、あちらから酔っぱらいがやって来る。やらねばなるまい。

 噛まれた人がその後どうなるか、僕にはわからないが、実行した瞬間、また、あの猿の前足が頭に浮かんでいた。そして、その前足の持ち主と思われる猿が笑った気がした。

終わり



スポンサーサイト



テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

腹の虫がおさまらない




「○○さんどうぞ」
 呼ばれて若い女が部屋に入ってきた。ここに来るのは初めてのようだ。すなわち、初診の患者だ。
 
 紹介状を持ってきていたので、先にそれを読んでいたから、大体の病状は把握できていた。が、誰にでもするように、眼の前の椅子に女性が座ったところで、私は尋ねた。
「どうされましたか?」
 
 私の質問に、彼女は怯えたような目を向け、それからうつむいて、つぶやくように言った。
「あのー……、実は……、その……、頻繁にお腹が鳴るんです」

「お腹がですか?しょっちゅう、グーグーいうと?」
 
 私の問いに、相手は小さく頭を振った。
「いえ、音はいろいろで,キューキューいったり、グリュって鳴ったり……、もちろんグーグーとも聞こえたりしますけど」

「なるほど、音はいろいろなんですね。で、今もお腹は鳴りそうですか?できれば実際に聞いてみたいのですが」
 私が尋ねると女はまた首を振った。

「いえ、実は人前ではまったく鳴らないです」

「そうなんですか?」,
 私は聞いた。

「はい、誰かいるときは全然鳴らないんです。けれど、私が一人になった途端、鳴り出すんです。しかも、それは私が何かしゃべった時に限っていて、まるで、それに応えるように鳴るんです」
 女は恐怖に震えながら告白した。

「応えるようにですか?」

「はい」
 女は頷いた。

「初めはただの偶然かと思いました。けれどそれが何度も続いて……。少し気味悪くなって、それで冗談で、”中に誰かいるの?”って、聞いたんです。お腹に。すると返事をしたんです。キューって」

「はあ、なるほど」

「私は怖くなりました。本当に何かが私のお腹に中にいるんだって気づいて……。それで、出て行ってくれるように頼んだんです。必死に。けど、全く言うことを聞いてくれなくて、それで……」

「それで自分のお腹を刺したと」
「はい」
 今度は彼女はうなずいた。

「この紹介状によると、ずいぶんと深く、自分のお腹を刺したようですね。たまたま、場所が良かったから助かったようですが、悪くすると即死していたかもしれませんよ」
 私は机の上に置いていた紹介状を、ちらっと見て言った。

「ええ、運が良かったと思っています」
 女はニッコリと笑った。

「で、どうなりました?お腹の方は?それで鳴らなくなりましたか?」
 私は興味に駆られて尋ねた。

「はい。それ以来、一人でいて何か喋っても、お腹が鳴ることはなくなったんです。だからここに来る必要はまったくない、と思っているんですけど、わたしの主治医の先生が、どうしてもここで診てもらえって言うもんですから。精神科なんて、必要ないのに……」

「わかりました」
 私は大きくうなずいた。




 彼女の入院の手続きをした後、私は一息ついた。

「お仲間のことは残念でしたが、彼女は二度とこの病院から出られないようにしましたので 、どうかお怒りをお鎮めください」
 そう言うと、私のお腹は満足げに鳴った。


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

食卓にて




”やっぱり!”

 案の定、朝食のテーブルにはししとうの炒め物があった。自分の分として取り分けられた小皿にあるのは、見たところ5、6本か?

”さて、今回はどれが当たりなのだろう”

 私は油にくるまれ、緑色に輝く物体をじっと見た。

 自分がこのししとうのからくりに気づいたのはだいぶ前のことだ。
 食卓にししとうの炒め物が出た時、なぜか自分だけが必ず辛いししとうに当たり、妻にはそれが行かないのだ。最初はただの偶然だと思った。単に自分が運が悪いのだろうと思っていたのだ。

 けれどよくよく考えてみると、ししとうが出てくる前日には、必ず妻と諍いをしていた。さらにししとうの旬の夏だけでなく、一年中出てきていた。実際今は年中作れるそうで、スーパーで探せばししとうは必ず置いてあるらしいが。

  さらにネットで調べてみると、現在ではししとうが時々辛くなることはまずないと書いてあった。そういう品種改良がされたんだそうだ。

 そこで出た結論は、妻が何らかの手段で、多分唐辛子ペーストか何かをししとうの中に仕込み、私にそのししとうを食べさせ、鬱憤ばらししているののだろう、ということだ。

 しかし私はあえて気づかないふりをした。辛いものはかなり苦手だが、その程度のことで妻が溜飲を下げ、機嫌が戻るなら、まあいいかと思っていたのだ。

「いただきます」
 そう言って箸と茶碗を取り、おもむろにししとうの一つをつまんだ。そして一気に口に運んで、ご飯とともにしばらく噛んでいると、口の中に強烈な痛みが走った。

「うわー辛い!」
  口を半ば空け、目に涙を浮かべ、妻を見た。いつもなら、”あら、また当たりを引いたの”と、嬉しそうに笑うのだが、今回は無言だった。

 そういえば一本目から当たりを引いたのはこれが初めてのような気がする。 いつもは3、4本目とか最後とかに、猛烈な辛さに見舞われていたのだが。
 
 まあこれで、次は恐る恐る食べる必要はないだろう。既に当たりを引いたのだから。
そう思って、二本目を口に入れた。
「うわっ!」

 辛い。これも。さっきのより辛い気がする。
  二本続けて当たったことは今までなかった。これは……。

 ヒリヒリする口に水を流し込み、涙に曇る目で、ししとう達を見た。そして妻を見る。
 妻は無表情だった。

「二本続けて当たるなんて、随分運がないな」
 私は誰ともなしにつぶやいた。
 妻は何も答えない。

 やはり、相当怒っているのか?

 前夜今までにない大喧嘩をした。 まあ私がこそこそ隠れて女性の同僚と line をしてたのが見つかったせいなのだが。

 だから、朝ししとうの炒め物が出てくるのは想定内だった。しかし、当たりが一本だけではなかったとは。

 気まずい沈黙の中、私は3本目にトライした。
「う~っ!」

 これも辛かった。妻の怒りは相当のものなのだろう。ひょっとして、私の皿のししとうは全て辛いのか。
 
 ”もう食べるのをやめようか”
 そう一瞬思ったが、やはり妻の機嫌のことを考え、全てを食べる決心をした。

 いつか見た、共有のパソコンの履歴には、”カプサイシン 致死量”という項目があった。だから多分、危険な量は知っているはず。
 まさか殺しはしないよね。

 私は死にそうになりながら、ししとうの炒め物の皿を平らげ、妻を見た。

 妻はニコリともせず、台所に引っ込むと、ししとうのおかわりを持ってきて、私の前に皿を置いた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

兄弟



「ごめん、兄さん」
 タクヤが言った。

「何だ、突然?」
 私はグラスを置いて弟の顔を見た。

 するとタクヤは「実は今、カウンセラーのところに通っているんだよ」と、思ってもみないことを私に告げた。
「そこで自分の過去をいろいろ考えてね。兄さんには随分心配かけたんだろうなあ、と気づいたんだ。でも、もう大丈夫。自分の問題がはっきりとわかったから」

「問題?というと今までの女性関係のことか?」
 私は聞いた。

 弟は私に似ず、かなり整った顔をしている。そして背も高い。更に医師でもあり、結婚相手として、これ以上にないくらいの好条件を満たしている。
 普通に考えれば、よりどりみどりで相手を選べるはずなのに、何故か、まともな女性とは付き合おうとしない。
 弟が好きになるのは必ず既婚者で、しかも相手が誘惑に負け、関係を持つようになると、直ぐに別れてしまっていた。
 弟のせいで駄目になった夫婦は、私が知ってるだけでかなりの数にのぼる。

「お前は、いい年をしながら、人のものを見ると欲しくなる、ただのガキだということじゃないのか?」

「実は、僕も今まではそう思っていた。でも違うんだ」
 弟が答えた。
「原因は、僕達の生い立ちにあるらしい」

「それは、俺達が母親に捨てられた事を言ってるのか?」
 私は聞いた。

 私たちの母親は、私たちを置いて、男と一緒に家を出て行った。そして程なくして、病気で死んだ。
 父は再婚もせず、私たちを一生懸命育ててくれたが、やはり、母親がいないことで、色々苦労も味わっている。

「そうなんだ」
 タクヤが答えた。
「カウンセラーの人が言うには、僕が既婚女性に惹かれるのは、無意識に相手に母親を求めているからなんだそうだ」

「なるほど、一理あるか」
 私はうなずいた。

「そして、付き合ってすぐ別れてしまうのは、母親への憎しみを投影してしまうかららしい。僕が今まで付き合った女性はみんな既婚者だから、僕と付き合うということは、夫を裏切るということだからね。僕達の母親と同じ様にね」

 話を聞き、私は今までの弟の不思議な行動に納得がいった。
 私はそうでもないが、母親が出ていった時、弟はまだとても小さかった。ショックも大きかったのだろう。それで、そんな歪んだ女性観が無意識に形成されたのか。

 私は心底同情して、弟を見た。
「お前は随分と難儀な状態に陥っていたんだなあ。それで、それはその、うまく解決できそうなのか?」

 好きになるのは既婚者で、間男である自分を好きになるような裏切り者は憎むんでは、一生、結婚などできない。

「なんだったら、バツイチとかのシングルマザーと付き合って見たらどうなんだ?」
 私の提案に弟が答えた。

「それは僕も考えたんだ。でも、どうやらそれだけでは駄目だと気付いたんだよ。付き合う女性は、絶対に相手を裏切らない、どんなに誘惑されようと、夫以外の男には目もくれない、そんな女性でなければ駄目なんだってね」

「気持ちは分かるが、どうやってそんな女性を探す?」
 私は無理だと思って言った。
「いや、それが大丈夫でね。もう見つけてあるんだ」
 弟が答えた。

「今まで、僕の知り合った女性のほとんどは、僕がちょっと親切にすると、向こうからアプローチして来たけれど、そうじゃない、既婚者の女性もいたんだよ。その人なら信じられそうなんだ。夫を裏切ったりしないってね。後はその人の夫が亡くなれば……、代わりにその人と結婚できる」

 急に眠気が襲い、私は目を開けるのがやっとの状態となった。なにかおかしい。

「子どもたちは大切に育てるから……。ごめんよ、兄さん。ごめん」

 弟の声がやけに遠くに聞こえた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ホームビデオ



 大型液晶テレビに、ホームビデオの映像と思われるものが映し出されていた。
画面の中で幼い男の子が庭を駆け回っている。それを追いかける女性。
場面は変わって、運動会だろうか?男の子をおんぶして、男性が懸命に走っている。


 それを若い男が、ソファに両膝を抱えて座りながら、じっと見ていた。


 映像はまだ続く。海水浴。どこかの田園風景。スキー。
 男の子を中心に、男性と女性がかわるがわる現れて、多く笑顔で男の子の名前を呼んでいる。


「嘘だ!こいつらは俺の父さんと母さんなんかじゃない!こんな映像でたらめだ!」
 
 若い男は叫びながら立ち上がり、振り向いたリビングの床には、今は息絶えた男女が転がっていた。


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR