コンテントヘッダー

告知



 突然目の前に天使が現れ、告げた。
「驚かないでください。私は大天使ガブリエル……」

「ガブリエル!?」
 私は驚愕した。
「ガブリエルって、聖母マリアの前に現れたあのガブリエル?」

「そうです」
 天使がうなずいた。
「私はマリアに受胎告知をした、その大天使ガブリエルの部下です」

 その一言で私は拍子抜けした。ああ、部下。
 しかし、部下といえど天使には違いない。私はすぐにひざまづき、精一杯へりくだって聞いた。
「それで、大天使ガブリエルの部下のあなた様が、いかようなご用事で、私の前にお現れになったのでしょうか?」

 天使は優しげな声で言った。
「わたくしも上司と同じ仕事についております。すなわち、あなたに受胎告知をしに来ました」

「はっ?」
 私はあまりのことにしばらく声が出なかった。

「えっ?受胎告知って、つまり、私が聖母になるってこと?」
 ようやく、そう天使に聞くと、天使は笑って頭を振った。

「いえいえ、そのような大層なものではありません。もし、あなたが神の御子をお宿しになったのだとしたら、当然、前回と同じく、私の上司、大天使ガブリエル様があなたのもとにいらっしゃるでしょうけれど、今回、あなたが宿されるのはごく普通の子供です」

「え~っ!普通の子供?じゃ、何でわざわざ?」
 私は聞いた。
「わざわざではありません。子供を生む人には必ず天使が告知しているんですよ。大半の方は覚えてらっしゃらないようですけど」

 そうだったのか!知らなかった!でも、待てよ?

「あの~、何かの間違いじゃないですか?私、その、子供を授かるような覚えはまったくないんですけど」
 現在、私には夫も恋人もいない。正直言って、経験すらない。変だ。

「いいえ、間違いではありません。あなたが今日、受胎され、九ヶ月後に子供を生むのは決まっていることなのですよ。なぜなら、私は今から九ヶ月後の未来からここにやってきました。あなたが産んだ元気な子供の顔を確認した後で。それですので恐れることはありません。あなたとあなたの子供に神のお恵みがありますよう」

 そう言い残して天使は消えた。

 そして、案の定、私は目を覚ました。
 
 うん、夢だ。
 妙にリアルだった気もするけど、この世に天使などいない。ただの夢。

 しかし……。

 今日、友人といつものように飲む約束をしている。気のいいやつで、私も好きっちゃ好きだけど、男女の仲とは言い難い。

 どうする?今回は都合が悪くなったと断るか?
 でも、ただの夢だよね。大げさに考える必要あるか?

 ん~~っ!
 私はぐちゃぐちゃになった頭で、最後まで考えていた。

終わり
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

羨望



「こんばんは」
 私は玄関の戸を開け、奥に向かってあいさつをした。
 その声を聞きつけて出てきた彼女は、案の定、私を見て、何の用?という顔をした。

「この度は、うちの人のせいで、そちらの旦那様が大変な目に会われた、と聞きまして」
 私は深々と頭を下げた。
「それでお詫びと言っては何ですけど、せめてもの償いとして、つまらないものですが、これをどうぞ」
 と言って、私は菓子包みを差し出した。

「あ~ら、わざわざ、まあ」
 彼女は私を見下ろしながら、包みに手を掛けた。
 しかし、「でも、これは受け取れませんわよ」と言って、包みを押しかえしてきた。

 私はそんなこと言わずに、と再び包みを相手に差し出すと、彼女は突然高笑いしだした。
「あなたの魂胆は分かってるんですよ。これを届けにわざわざ来た訳じゃないんでしょう?本当は、夫がどんなふうになったのか見に来たのよね、そうでしょう?」

 意地悪い笑顔を崩さず、彼女は続けた。
「否定したって駄目。ええ、ええ。あなたの気持ちは、私には痛いほどわかるのよ。あなたと私はお仲間ですものね。それじゃ、見せてあげるわ。あなた、あなた!ちょっとこっちに来て」

 彼女が奥に声をかけると、しばらくして、彼女の旦那さんが渋々とした調子でやってきた。
 見るとやっぱりある。立派なコブが。両方の頬に。

「前は一個だったから、どんなに立派でも、やっぱりなんとなく、不満があったんだけど、これでもう完璧。どう?うらやましい?」
 そう言って、彼女は旦那さんのコブを両方の手に一つずつ愛しそうに載せ、プルプルとし出した。

 両方の手で!
 なんて羨ましい!

 つい先日までは、一つだけだったけど、私もあんな風にできてたのに。
 うちの亭主は馬鹿だ!私がコブをどんなに好きだったか知ってたくせに!

 私は悔し涙を流しながら、彼女の家を後にした。
 
 こうなったら、亭主と彼女を亡き者にし、後釜を狙ってやる!覚悟しとけよ!


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

降霊



「それで、お望みの人と、お話することができたでしょうか?」
 霊媒師を務める私は、降霊を終え、客である女に聞いた。

「はい」
 女は青ざめた顔で言った。
「やはり、彼は、私が交際を断ったのが原因で命を断ったと。事故ではなかった……」

 女はハンカチを目に当て、涙ぐんだ。
 しかし、その瞳の奥に浮かぶ優越感を私は見逃しはしなかった。
 
 やはり、あの受け答えで良かったか。
 
 この商売は、事前の調査と、相手の心理の文を読むのに長けていることが肝心だ。
 私は本当に死人の声が聞こえるのだが、未だにそのまま正直に言ったことはない。死んだ者の本当の気持を語ったところで、誰が得するというのだ。

 相手が聞きたいことを話す、それが商売のコツなのだ。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

教訓



 早朝、私は旦那様を起こさないように、そっとベッドを抜け出し、朝食の準備をする。
 
 最初にお味噌汁の準備にかかる。私、特製の出汁が入ったペットボトルを冷蔵庫から取り出す。
 だいぶ、減ってきた。また足さなくちゃ。旦那様は、この出汁を使ったお味噌汁が大好物なのだ。
 
 もちろん、ご先祖様の教訓に従い、これを補充するのは、旦那様が家にいない時だ。見られたら、きっと私も旦那様に捨てられてしまうに違いないから。
 
 それにしても、私を助けてくれたのに、旦那様はあの有名な昔話を知らないらしい。私の身の上を疑いもしない。
 一生、知らないままでいてくれないかなあ。

 副題 蛤女房の子孫



終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

そういうこともある



「自殺した者は、本来の寿命が来るまでの期間、我々悪魔の奴隷とならなければならない。昔からそう言い伝えられていただろう?」

 自ら命を絶った女に悪魔が言った。
 悪魔の言葉に女は驚いた。

「何だ、信じていなかったのか?まあ、お前のような年齢の女は奴隷ではなく、我々悪魔の花嫁になるのだがな。さて、お前と俺の婚礼だ。もう既に準備はできている」

 ニタニタと笑う悪魔に女は尋ねた。
「もう準備ができているというのなら、あなたの親族たちはもうみんな来ているのね?」

 それに対し、悪魔は答えた。
「親族というか、仲間だな。我々悪魔に親兄弟はいない。我々は地獄の底の暗闇から自然に生まれるのだ」

 それを聞き、女はニッコリと笑った
「そう!それなら舅も姑も、小姑さえもいないのね。前よりずっとマシだわ!喜んで結婚します!」


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR