FC2ブログ
コンテントヘッダー

恩を仇で返す



「これが例の反物か?」
 目の前の三巻の一つを手に持ち、それを広げて役人が言った。現れた布は煌びやかな輝きを見せている。
「はっ、それらが押収したもののすべてでございます」
 部下と思われる男がかしこまって答えた。

 役人は布をしげしげと見つめた後、軽くため息をついた。
「確かに、今まで見たことのない織りだのう。で、越後屋はこれを見て何と申しておった?奴は織物を一目見ただけで、その産地を当てられると常々自慢してたはず。この反物がどこから来たと?」

「ははっ、それが」
 部下が深々と頭を下げて報告した。
「越後屋が申すことには、このような織り方は日の本のいずこでも見たことがないということでして。それ故、おそらくその反物は唐物かあるいは南蛮渡来ではないかと、そのように申しておりました」
 

「唐物か南蛮……」
 それを聞き役人は深いため息をついた。
「そうか。しからば越後屋にはこの反物のことは……」
「はっ、もちろん固く口留めいたしました。もし、ことが漏れた場合、一族郎党に危害が及ぶだろうと、強く脅しておきましたれば、まず、そちらから漏れることはないものかと」

「うむ。公儀にこの反物のことが知られれば、わが藩に抜け荷の疑いをかけられるは必定。そのようなこととなれば、たとえ無実だとしても、言いがかりを付けて御家おとりつぶしを狙ってくる可能性があるのじゃ。よってくれぐれも他に漏らさぬよう、万端の心掛けをしてくれ」
 渋い顔で役人が言った。
「はは、承知仕ってございます」
 部下はまた深々と頭を下げた。

「とすると、この反物を店に売りに来たという老爺だが」
「はっ、すでに牢内で息を引き取って おりますれば、ことさらの口封じは無用でございます」
「買った店の方は何と?」
「大変珍しい織物が手に入ったので、一部を殿へ献上しようとしただけのようで、問題の布は老爺の身内が織ったものと信じておるようです」

「ふむ、ならばそういうことにしておくほうが良いか」
 役人は顎を撫でて言った。
「ところで、死んだ老爺は最後までこの布を手に入れたいきさつを言わなかったのか?」
「はっ、最後まで訳の分からぬことを申しておりました。かなり高齢の者でしたので、年のせいで気がふれていたのではと思われます」

「ほかに事情を知っておりそうなものはおらぬのか?」
 役人は部下に聞いた。
「老爺には子供はおらず、女房は居りましたれば、こちらもしょっ引いて尋問いたしましたが、これまた亭主と同じことを言っておりまして」

「助けた鶴が娘に化けて家に来て機を織ったと?」
「はっ、そのように申しております」

「ふん、ばかばかしい」
 役人は鼻で笑った。
 訳の分からない年寄りをだまして、抜け荷の品を売りさばいたのだろうが、問題はさらにこのような布が藩内に出回るかどうかだが。果たして。

「よし、その老婆も牢に閉じ込めておけ。手荒に扱って構わん。絶対に外に出すな。わしは殿に事と次第を報告してくる」
 役人は立ち上がった。
「ははっ」
 部下はまた頭を下げた。

終わり
スポンサーサイト



テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

コビートウェンティパート10




「失敗だったかな」
 彼がつぶやいた。
「失敗?」
 それを聞きそばの者が言った。
「いったい何が失敗だというのですか?」

 彼は深い溜息をつき、首を軽く振った。
「去年まで世界ではやっていた伝染病のことだよ」
 ああ、なるほど、という顔でそばの者がうなずいた。
「確か、一部地域で流行が確認された後、警告が出されたにもかかわらず、あっという間に世界中に広まりましたよねえ。パンデミックっていうんですか?一部の国では医療崩壊が起きましたし、都市封鎖を行なった国もありましたね」

「そうだ」
 彼は暗い顔をした。
 そばの者が重ねて言った。
「人々の往来は極端に制限され、おかげで深刻な経済危機が起こり、その影響は今も続いていますよね」
 

「うむ」
「そのこともあり、直接間接合わせて、伝染病による被害を受けた人はかなりの数になるでしょう」

「影響を受けなかった者は皆無ではないか?」
 彼は尋ねた。
「ええ、そう言って差し支えないと思います」

「そうだよな」
 彼はうなずいた。
「治療と予防法が確立したのは去年のことですから、流行から収束と言っていい状態になるのに三年以上も掛かりましたものねえ」

「そう、三年間も苦しんだ。三年もだ。三年も世界中の人間が様々な影響を受けた」
「そうです」

「だったら!」
 彼は叫んだ。
「もう二度とごめんだ、と考えるものなんじゃないのか?こういった伝染病では人種も国境も貧富の差もほとんど関係なく広がっていく。すべての人間が自分のこととして、身近な危機として、次はこんなことが絶対起こらないように、と考えるものなんじゃないのか?」
「はあ、まあ、理屈で言えばそうなりますが」
 彼の憤りにやや恐れをなして、そばの者がしどろもどろに答えた。

「ところがどうだ!依然、人類は伝染病対策で一つにまとまろうとしない」
「ええ、まあ、今のところは原因の追求と責任の擦り付け合いに終始してますね」

「共通の敵を作ってやれば、一致団結し、一つの世界を目指すようになるだろうと思ったのに」
「そのため、あの国のウイルス研究所の職員を操ったのでしたっけ。残念ながら、思った結果にはなりませんでしたようで」

 そばの者が慰めようとすると、彼は言った。
「いや、まだあきらめるには早い。ウイルス候補はまだまだある。一度で駄目でも、二度、三度となれば、きっと」
 彼の目は決意に燃えていた。
「主の思いのままに。今はまだ愚かな人類ですが、きっと一つになってくれることでしょう」
 そばの者が、背中の白い羽を広げ、かしずいて言った。


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

続、泣いた赤鬼




「鬼さん、どうして泣いてるの?」
 
 青鬼の置き手紙を読んで、泣きに泣いている赤鬼に、いつの間にか住処の洞窟に入って来ていた娘が、声をかけました。
 それはこの前親しくなった村の娘でした。

 最早青鬼とのヤラセが、村の皆にバレても構わない、という気持ちになっていた赤鬼は、正直に事と次第を娘に打ち明けました。
「まあ、そんなことが」
 娘は驚きながらも、赤鬼の話を親身になって聞きました。

 しかし、実は赤鬼が村の人々と仲良くなるために考えた、二匹の鬼たちの計画を、娘は知っていました。
 赤鬼たちは気付いていませんでしたが、娘は随分前から二匹の様子を伺っていてたのです。それで、鬼たちが皆が言うよな乱暴者ではないことも、村人たちから恐れられているのを赤鬼が残念に思っていたことも、それを青鬼がなんとかしてやりたいと思っていたことも、見聞きしていたのでした。

 さらに、赤鬼に置き手紙を書いた後、青鬼がどこに行ったのかも、彼の後をつけた娘は知ってました。

「それで、赤鬼さんはどうしたいんですか?」
 娘が聞きました。
 赤鬼は鼻をぐずらせながら、「青鬼を探す。そして、戻ってきてもらう」と答えました。

「そうですか」
 娘はうなずきました。
「けれど、たとえ青鬼さんを見つけられたとして、青鬼さんは素直にここに戻って来てくれるでしょうか?」

 娘の言葉を聞いて、赤鬼はハッとしました。赤鬼は青鬼の性格をよく分かっていました。確かに、青鬼が簡単に戻ってきてくれるとは思えません。自分(赤鬼)の為を思って、ここに戻ってくることは、きっと、頑なに拒みそうです。

 赤鬼が困った顔をして黙り込むと、娘が赤鬼に聞きました。
「赤鬼さんは青鬼さんのことをどう思ってるんですか?」
「どうって……、いい友達だと思っているよ」
 赤鬼は答えました。

「それだけですか?」
 娘が重ねて尋ねました。
「それだけって……、どういう意味?」
 赤鬼は訳がわからずに、娘に聞き返しました。

 すると娘は大きくため息を付くと、「青鬼さん、可哀そう」と小さくつぶやきました。そして、「今のままなら、青鬼さんは多分、赤鬼さんがいくら頼んでも、ここには戻ってこないと思いますよ」と、赤鬼に言いました。

「なんで?なんでそんなことが君にわかるの?」
 赤鬼がいくらかムッとして聞きました。
 それに対し、娘はまた、軽くため息をつき、言いました。

「青鬼さんは、あなたが村の人達から怖がられていることを悲しんでいるのを知って、”自分が村で暴れるから、それを止めに来て、自分をやっつけろ。それで、君はは村の人達と仲良くなれるはず”、と言ってくれたんですよね」
「そうだよ、青鬼くんは言うだけじゃなく、本当に僕のためにそうしてくれたんだ」
 赤鬼が答えました。

「つまり、自分が悪者になっても、自分を貶めてでもあなたの望みを叶えてあげようとしたんですよね、青鬼さんは」
 娘が言いました。
「そうだよ、青鬼くんは自分が村の人に嫌われることは覚悟の上で、僕のためにしてくれたんだ」
 赤鬼は涙ぐみました。

「それほどの自己犠牲、単なる友情でできるもんでしょうか?」
 娘が言いました。
「えっ?」
 赤鬼が驚いて言いました。
「単なる友情じゃないって?じゃあ、なんだっていうんだい?」

「愛だと思います。青鬼さんはあなたを愛しているんですよ」
 娘は答えました。
「まさか!」
 赤鬼はしばらく言葉が出ませんでした。
「だって、僕たちは男同士だよ。そんな……」

 混乱した様子の赤鬼に、娘が言いました。
「赤鬼さんがそんな風に普通の感覚だったから、青鬼さんは今回の計画を立てたんだと思うんです。彼にとっては、ここを離れるのにいい機会だと思ったんでしょう。思いを伝えられない相手のそばにずっといるよりは、その人のために我が身を犠牲にして去っていくほうが幸せだと」

「本当に、青鬼くんは、その、僕とそういう関係になりたい、と思っていたの?」
 赤鬼は半信半疑で、娘に聞きました。
「はい、わたしは青鬼さんから聞きました」
 娘はきっぱりと言いました。

「じゃあ、僕が青鬼くんを探し当てたとして、その時、僕が青鬼くんの気持ちを受け入れたなら、青鬼くんはここに戻ってきてくれるだろうか?」
 赤鬼が尋ねました。
「ええ、青鬼さんが赤鬼さんと両思いだと知っなら、きっと戻ってきてくれると思いますよ。だって、誰だって、愛し、愛される人のそばにいたい、と思わずにはいられないじゃあないですか」

 娘の確信に満ちた言葉に、赤鬼は勇気を貰ったようです。
「青鬼くん」
 そうつぶやくと、急いで旅の支度をはじめました。

「青鬼さんは北の山を超えて、東の谷の洞窟に向かったようですよ」
 娘が言いました。
「ありがとう。色々世話になったね」
 赤鬼が頭を下げました。

「いいえ、わたしはこういうおせっかいが好きなんです。礼なんて」
 娘はニコニコ笑っています。

 北の山に向かった赤鬼の後ろ姿を見送りながら、こんなにうまくいくなんて、と娘は思いました。
 青鬼が赤鬼のことを愛していると本人からは一言も聞いていません。なので、二人が再開した後、どんな関係になるかはわかりませんが、とりあえず、自分の、男性同士をカップルにする、という趣味がまた一つ達成されたことに、娘は心底愉悦を感じるのでした。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

 眠れるひと



 なぜだ?
 なぜいつもの朝と違う?

 王様は焦っていました。今まで、一度もなかったことが起こったからです。
 これはまずいことになったかもしれない。
 王様は頭を抱えこみました。

 さて、王様をこれ程動揺させた出来事とは何でしょうか?
 それは、お妃様が目を覚まさない、ということなのです。

 もちろん、お妃様は死んでしまったわけではありません。顔色も良く、安らかな表情で、静かに寝息を立て、布団の中にいます。

 では、なぜ王様は焦っているのでしょう。何度起こしても起きないなら、お妃様を放って置いて、自分だけ顔を洗って、朝食を食べに行けばいいはずですよね。
 しかし、そういう訳にはいきませんでした。なぜなら、お妃様は少し変わった経歴の持ち主だったからです。
 
 彼女はある国の王女として生まれました。しかし、誕生のお祝いで、ちょっとしたトラブルが起こり、その御蔭で、14歳になってからはしばらくの間、ずっと眠っていたのです。
 そう、あの有名な話の当事者だったのです。

 王様は(当時はまだ王子様でしたが)そんなお妃様の噂を聞きつけ、茨だらけのお城に入っていって、彼女を眠りから覚まし、そこから連れだして、自分の妻としました。

 それで、お話は、めでたしめでたしお終い、となるはずだったのですが……。
 お妃様にかけられた呪いはまだ残ってたのでしょうか。彼女は、一旦眠ってしまうと、王様が口づけをしない限り、目を覚ますことはなかったのでした。
 
 そのため、王様は出会ってからずっと、必ず朝一番にお妃様のもとを訪れ、その寝顔に口づけをしていました。
 王様はそのことに特別不満を感じてはいませんでしたし、お妃様もそれを嫌がっていませんでしたが、今朝、急に、彼女は王様が口づけをしても目を覚まさなかったのです。
 
 いつもならすぐに目をぱっちりと開け、王様に微笑むと「おはようございます、王様」と、明るく挨拶していたのですが、何度口づけをしても駄目でした。
 王様はしょうがなくて、お妃様を揺すったり、叩いたり、大声で呼んだりしましたが、彼女は一向に起きる気配はありませんでした。
 
 まさか!
 王様は、いつかお妃様から聞いたことを思い出しました。
 
 ある日、王様はふと疑問に思い、お妃様に尋ねたのです。
 僕がたまたま通りかかり、荊の城と眠れる君の噂を聞いて君を訪ね、口づけをして君の目を覚まさせたわけだけど、別に僕でなくても良かったのだろうか?僕は偶然の幸運に感謝すべきなんだろうか?、と。

 すると、お妃様は答えました。
 あなたが通りかかって、私の噂を聞いたのは偶然でも、私が目を覚ませたのはあなたが私を心から思ってくれたからです。
 私の呪いは、本当に愛してくれる者の口づけでなければ解けない、と言われてました、と。

 だとすると、今朝、お妃様が目覚めないのは……。

 王様には心当たりがありました。
 お妃様の眠っている姿を初めて見た時のあの深い感動、胸の高鳴りは今もはっきりと覚えています。しかし、二人で過ごした時間はすでに長く、想いは徐々に色褪せてきていました。

 そして、彼女の出現。
 王様はしばし悩みました。幾度となく安らかに眠るお妃様を眺め、考え、そしてついに思い切ると隣室に移動し、そこで執事を呼びました。

「なにか御用でしょうか?王様」
 執事がすぐに駆けつけ、聞きました。
「最近入った小間使いだが……」

「最近雇われた小間使い……?エマのことでしょうか?」
 執事が尋ねました。
「ああ、そうそう、そんな名前だったか?その、エマだが、即刻クビにするように」
 王様は言いました。

 執事は意外な顔を一瞬すると、王様に言いました。
「訳をお尋ねしてもよろしいでしょうか?」
 王様は頭を振り、
「次の勤め口の世話と、退職金は弾んでやってくれ」
 そう言って、執事を追いやりました。

 想いを告げることもなく、指一本触れることもなかった娘ではありましたが、王様はエマの悲しそうな顔を想像すると、胸が痛みました。
 けれどそれを頭から無理矢理追い出すと、王様は再びお妃様の寝室に向かいました。

 さっきと変わらず、すやすやとお妃様は眠っています。王様は顔を近づけると、意を決して、今日、何度目かの口づけを彼女にしました。
 すると、どうでしょう。お妃様は目をぱっちりと開き、「おはようございます、王様」と、挨拶しました。
 日常が戻ってきたのです。王様は心底ホッとしました。

 けれど、ホッとしたのはお妃様も一緒でした。王様が気にかけていた小間使いを追い出してくれなかったなら、ずっと眠っていなければなりませんでしたから。

 実を言うと、お妃様は自分の城で目を覚まして以来、一度も眠ったことはなかったのです。だって、百年も寝ていたのですからね。

 けれどもお妃様はみんなに心配されるのを嫌い、誰にもその事は言いませんでした。そして、夜になると、寝たふりをし、皆が寝静まった頃にそっと起き出して、一人でいろいろなことをしていました。

 中でもお気に入りは、王様の寝顔をずっと見ていることだったのですが、最近、王様が小間使いの名前を寝言で何度か口走るのを聞いてしまったのです。

 そこで、今朝、いつものように口づけしてきた王様を無視して、寝たふりを続けました。王様が隣室に行って、執事を呼んだときには、そっと起き出して、聞き耳を立てていました。

 本当に思い通りになってよかった、と、お妃様は思いました。
 ちょっと、王様を騙している気はするけど、再び、こんな真似をしなくてもいいように、他の女に心を奪われないように、もっと王様に想いを尽くそう。
 
 お妃様は爽やかな目覚めの顔を王様に向けると、心に誓うのでした。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

占いは信じるかい?

 


「前からの悩み、やっと解決しそー」
会った途端、友達のユキコが嬉しそうにそう言ってきた。

「悩みって、あの、誰と付き合うかっていうか、誰を本命にするかってやつ?」
私はやや呆れ気味の顔をして聞いた。こいつは可愛い顔をして三股しているのだ。私は彼氏いない歴=年齢だというのに。


「そう、それ」
 彼女は少しも悪びれることなく答えた。
「ずっと迷ってたけど、これでもう大丈夫だよー」

 ずいぶんと自信有り気な様子だ。いつも優柔不断な彼女にしては珍しい。
「どうしたの、急に?何かあった?」
 私は思わず聞いた。

「えっ?実はねー」
 ユキコはもったいつけてすぐには話さなかった。

「今までは会うたんび、3人のうちで誰がいいんだろうって、ずっと言ってたじゃない?まさか、彼らとは別に、第四の男が現れた、とか言うんじゃないでしょうね?」
 私は頭に浮かんだことを口にした。

「えー、ひどーい。まっさかー。流石に私だってそれはないよ」
 ヘラヘラ笑って、怒る様子もない。
「実は有名な占い師に見てもらったの」

「占い師?」
「そう。とても当たるって評判なんだよ」

 なるほど、そうきたか。
 私は納得した。彼女はそのたぐいのものに弱かったっけ。
 見ず知らずの人の意見に従うなんてねえ。
 私は呆れながらも訪ねた。

「へえー、それで、誰と付き合えばいいって言われたの?稼ぎがいいウチカワさん?イケメンのセキくん?それともあなたの言うことは何でも聞いてくれる後輩のカリタ?」

「えへー、それがまだはっきりしないんだ」
 またヘラヘラ笑い、ユキコは意外な返事をした。
「占いの先生によれば、私の運命の人は近々宝くじに当たるんだって。だからそれで分かるって」

「宝くじ?宝くじって、今売り出し中のスーパースペシャルウルトラジャンボ?それに誰か一人が当たるの?」
 私は反射的に有名な宝くじの名前を言った。

「んーっ?私は詳しくないんだけど、今売り出してるならそれでいいかなあ」
「それでいいって……」
 私は訳がわからず彼女を見た。

「いや、実は三人とも、まだ誰も買ってないんだ、宝くじ。だからこれからうまく話を持ってって、買わせて見ようかなあと思って」

 なるほど。これからの話か。本当に三人の内で誰か宝くじに当選するんだろうか?まさかね。
「結果がわかったらあとで教えてね」
 私は少しため息を付いて、彼女に別れを告げた。

 
 それからしばらくして、彼女に会った。
「本命は決まったの?」
 私は率直に尋ねた。スーパースペシャルウルトラジャンボの当選番号はもう発表されている。
「宝くじは誰か当たった?」

「ん~、それがねー、はっきりしないんだー」
 彼女は浮かない顔をしている。

「はっきりしないってどういうこと?誰も宝くじを買わなかったの?それとも誰も当たらなかった?」
 わたしは尋ねた。

「ううん、三人共ちゃんと宝くじは買ってくれたよ。それで、みんな当たったは当たったけど、最低の三百円なんだよね。ウチカワさんがいっぱいくじを買ったんで、当たりくじ十枚で当選金額の合計は三千円になったけど、ウチカワさんでいいのかといったら、違う気がするんだよねー。ねえ、どう思う?」

 ほぼ予想通りの結果だ。多分、そんな風になるだろうとは思っていたんだ。

「私、宝くじが当たるって言うから、億とは言わないまでも、千万単位のお金が入るんだと思ってたんだよね。がっかりだなー」

 ユキコはため息を付いた。

 これも予想通りの結果だ。ただ一つ、私が予想しなかったことが起きていた。
 占い師は彼女の運命の人が宝くじに当たるっていってたんだよね。
 私当たった。一千万円。

 私がユキコの運命の人なの?同性同士はやばいって。
 占いなんて信じないけど、くじに当たったことは絶対に黙ってよう。できれば付き合いもやめようか?

 私は憂鬱な顔のユキコを眺めながら、作り笑いをしていた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR