コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

クリスマスプレゼント



 クリスマスツリーセットの箱を、何年かぶりに取り出した。
 我が家から子供が居なくなって、ずっと物置にしまっておいたものだ。

 もう使うこともないだろうし邪魔だなあ、と、それを見るたび気になってはいたのだが、いざ捨てるとなるとそれも億劫で、その内その内と忘れたふりをしていた。
 
 けれども今年、病いを患い、自分に残された時間が無限にあるわけではないのを痛感して、考えを変えた。それからは努めて不要なものは捨てることにしたのだ。いわゆる生前整理だ。

 クリスマスツリーセットも、当然、捨てるものの一つだったが、ゴミに出す前にせめて一回飾ろう、という妻の提案があり、私はそれを受けて、12月の今までそれを残していた。

 飾り始めるきっかけが掴めず、クリスマスイブ当日になってしまったが、それでも今日飾り付けを済ませれば、一応約束を守ったことになるだろう。

 箱は薄っすらと埃をかぶっていて、何本かの紐で縛ってあった。売っていた時と同じように収納することができなかったのか、蓋が浮き上がっていたので、そのためにした処置なのだろう。

 固く結ばれた紐を解き、蓋をあけると、一番上に思いもよらないものが入っていた。
 2つに折られた画用紙だった。
 開くとクレヨンで描いた絵があった。
 息子のものだ。

 不意を突かれた私は、手を止めてしばらくその絵を見ていた。
 真ん中にクリスマスツリーがあり、その周りに三つの人らしい姿。そばにぼく、ぱぱ、まま、とかろうじて読める字が書いてある。

 私の様子がおかしいのを感じて、妻が寄ってきた。それに気付いて、慌ててその絵を隠そうとしたが、時既に遅く、はっきりと妻に絵を見られた。私は黙って妻にそれを渡した。

 妻もまた固まったようにして、その絵を見ている。
 無言の妻が心配になり、私は声を掛けた。
「大丈夫か?」

 一人息子を突然失って、はや二十年。
 当初、妻は完全に壊れた。
 あらゆるところに息子の面影を見、泣き叫び、食事も取らなくなった。

 そこで医者の勧めもあり、妻をしばらく実家に預け、その間、私は我が家から息子に関わる一切のものを封印した。

 三年ほどで妻は落ち着き、以来、私たちは息子は前から存在しなかったように暮らしてきた。冷たいようだが、妻も私も息子の話は一度もしなかった。墓参りには私だけが行っていた。

 妻は絵を見たまま長い溜息をついた。それから、涙をこぼした。しかし以前のような絶叫はなかった。

 涙をこぼしながら妻が言った。
「素敵なプレゼント。ありがとう」

 その夜、私は封印していたものをすべて開け、息子の思い出を妻と語り合った。
 
   - end -


 以上のようなお話が父から送られてきました。
 父が以前から趣味で小説を書いているのは知っていましたが、これはどういう意味だと思いますか?
 私は死んでいませんよ。ちゃんと生きています。
 まあ、手術で息子ではなくなっているんですけどね。
 許してくれるって意味なのかなあ。だったら素晴らしいクリスマスプレゼントなんだけどなあ。


 終わり
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

お触れ


「どうしてトマスを連れてっちゃうの?何も悪いことをしてないのに。ねえ、どうして?」
 幼い少女が母親にすがり、涙目で訴えていた。

「それはね。今度、新しく変わった領主様から、そういう命令が来たからなんだよ」
 母親は少し困った顔をして、娘に答えた。

「すぐに帰ってくるんだよね?もう会えなくなることなんてないよね?」
 母親は娘を抱きしめ、背中をさすった。

「ああ、大丈夫。きっと大丈夫だよ」
 そう言いながらも、母親にも確信は持てなかった。

 似たような光景が、あちこちで見られ、その後、しばらくして、城の中で領主が言った。
「お前の望み通り、我が領地のすべてにお触れを出し、これらを集めた。それで、こいつらをみんな始末すればいいのだな?これで満足か?」

「これはこれはありがとうございます」
 相手は深々と礼をした。
「かなり無理なお願いかとは思いましたが、考えて見るに、私があなたにしてさしあげた数々のことを思えば、これでもまだ足りない気もしますが」

「とにかく、これで、この界隈にいる雄猫は私だけになりますので、思う存分、子作りに励みたいと思います。つきましては、私が気に入ったものには、ハイヒールを作ってやっていただけませんか?私と釣り合いが取れるように」
 長靴をはいた猫は、そう言って笑った。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

疑問



「一つ、お聞きしてもよろしいでしょうか?」
 無事婚礼の儀も終了し、やっと二人きりとなった寝室で、花嫁が王子に尋ねた。

「何?」
 どのような頑なな女性でも心を溶かしてしまいそうな微笑みを浮かべ、王子は言った。
 その顔を見て、顔を赤らめて目を反らした花嫁は、床を見つめながらも言葉を続けた。

「初めてお会いした時と違い、二度目にお会いした時の私は薄汚れ、みすぼらしい服を身にまとって、化粧一つしておりませんでした。多分、その姿は舞踏会の時とはまるで別人に見えたと思うんです。私自身、舞踏会の時の装いを鏡で見て、これが本当に自分なのかと、にわかには信じられませんでしたから。
 
 それなのに、王子は二度目に会った私を見て、私が舞踏会で一緒に踊った娘だと、確信を持っておられたようにお見受けしました。私も周りの質問に正直にお答えしましたけれど、私が嘘をついて、舞踏会で踊った娘になりすましているとはお疑いにならなかったのですか?」

「そのことなら、君の靴でちゃんとわかったから」
 王子は答えた。

「靴で?」
 花嫁は不安げにまた聞いた。
「あの舞踏会の時、落としてしまった靴のことですよね。たしかに、お役人の方たちがあの靴を持って、私たちの家に来て、私たちの足に靴が合うかどうか確かめられましたが……。
 
 けれど、私の足はそれほど大きくも小さくもありません。あの靴に合った足をした方が他にもいらっしゃったんじゃありませんか?私の前にも何人かがお城に上がって、王子と面会したと聞いたんですが」

「うん、そうだよ。君の前にも数人、娘達と会った」
 王子は素直に答えた。

「それでは、その前に会った方たちは舞踏会で踊った人ではない、となぜお分かりになったんですか?」

「だから靴だよ」
 王子は微笑んだ。
「本当は花嫁を選ぶための舞踏会など乗り気じゃなかった。君と踊った時にも、正直、誰とも結婚などしたくないと思っていたんだけど、君が落とした靴を手にとった時、運命を感じたんだ。この娘しかいない、僕の伴侶となる人は、って。さあ、その靴を脱いで、僕にその可愛い足を向けてくれないかい?」

 王子はシンデレラのそばにひざまずくと、靴を脱がせ、その香りを存分に楽しむのだった。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

物忘れ



「はて?今日は何するんだっけかな?」
 おじいさんが言いました。
「確か浜辺に行って……」

「浜辺?」
 おばあさんがそれを遮りました。
「それはとっくにやったでしょう。あなたの前妻はずっと昔にくにに帰りましたよ。羽衣を奪い返してね」

「そうだっけか?」
 おばあさんに言われ、おじいさんは困惑気味でしたが、「いや待て!」と、突如ひらめいたらしく、叫びました。
「浜辺は浜辺でも、まだ、亀は助けてなかったんじゃないかな?」

 おじいさんの言葉におばあさんは呆れて返しました。
「それもとっくにやってしまったことでしょう。自分がそんなに老けてしまった原因、忘れてしまったんですか?」

「そうだったか?」
「そうですよ」
 おばあさんは軽くため息を付きました。

「じゃあ、今日は山へ行く日だったか!それじゃ、さっそく、昼飯のおむすびを作ってくれ。よく転がるように、まん丸にな」

 それを聞いて、おばあさんは今度は深くため息を付きました。
「本当、おじいさんはこの頃、物忘れがとてもひどくなってるんですねえ。それもとっくにやったじゃあありませんか。おかげで、こんな裕福な暮らしができてるんですよ」

「あれ?そうか。じゃあ、昼飯は持っていかずに、山へ行って竹を取ってくればいいのかな?」
 その言葉を聞き、おばあさんは悲しそうに言いました。
「ああ、あの子はねえ。もう、会えないでしょうねえ。月に行ってしまったんですから」

「竹取じゃないのか?じゃあ、山へ柴刈りに行けばいいのか?」
 おばあさんは首を横に振りました。
「それで私が川へ洗濯に行くのはもうやりました。あの子は今は鬼退治に向かってる最中ですよ」

「それじゃあ、山へ行く途中で鶴を助けて……」
「鶴も雀も、既に一度助けてます」
 おばあさんがピシャリと言いました。

「ん~、じゃ、畑か。畑へポチと一緒に……」
「ポチはとっくに死んでます」

「じゃあ、あれだ」
 おじいさんが手をたたくと、今度こそ分かったという風に言いました。
「たぬきだ!畑を荒らすたぬきを捕まえてくるんだ」

「ああ、それはまだやってませんねえ」
 おばあさんがうなずきました。

「よ~し、それじゃ、行ってくる。おばさんは夕飯の用意をして待っていてくれ。今夜はたぬき汁だ」
 おじいさんは意気揚々と、家を出ていきました。おばさんはその姿を優しく見送りました。
 その後に起こる悲劇も知らずに。

”カチカチ山編 開帳”

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

告知



 突然目の前に天使が現れ、告げた。
「驚かないでください。私は大天使ガブリエル……」

「ガブリエル!?」
 私は驚愕した。
「ガブリエルって、聖母マリアの前に現れたあのガブリエル?」

「そうです」
 天使がうなずいた。
「私はマリアに受胎告知をした、その大天使ガブリエルの部下です」

 その一言で私は拍子抜けした。ああ、部下。
 しかし、部下といえど天使には違いない。私はすぐにひざまづき、精一杯へりくだって聞いた。
「それで、大天使ガブリエルの部下のあなた様が、いかようなご用事で、私の前にお現れになったのでしょうか?」

 天使は優しげな声で言った。
「わたくしも上司と同じ仕事についております。すなわち、あなたに受胎告知をしに来ました」

「はっ?」
 私はあまりのことにしばらく声が出なかった。

「えっ?受胎告知って、つまり、私が聖母になるってこと?」
 ようやく、そう天使に聞くと、天使は笑って頭を振った。

「いえいえ、そのような大層なものではありません。もし、あなたが神の御子をお宿しになったのだとしたら、当然、前回と同じく、私の上司、大天使ガブリエル様があなたのもとにいらっしゃるでしょうけれど、今回、あなたが宿されるのはごく普通の子供です」

「え~っ!普通の子供?じゃ、何でわざわざ?」
 私は聞いた。
「わざわざではありません。子供を生む人には必ず天使が告知しているんですよ。大半の方は覚えてらっしゃらないようですけど」

 そうだったのか!知らなかった!でも、待てよ?

「あの~、何かの間違いじゃないですか?私、その、子供を授かるような覚えはまったくないんですけど」
 現在、私には夫も恋人もいない。正直言って、経験すらない。変だ。

「いいえ、間違いではありません。あなたが今日、受胎され、九ヶ月後に子供を生むのは決まっていることなのですよ。なぜなら、私は今から九ヶ月後の未来からここにやってきました。あなたが産んだ元気な子供の顔を確認した後で。それですので恐れることはありません。あなたとあなたの子供に神のお恵みがありますよう」

 そう言い残して天使は消えた。

 そして、案の定、私は目を覚ました。
 
 うん、夢だ。
 妙にリアルだった気もするけど、この世に天使などいない。ただの夢。

 しかし……。

 今日、友人といつものように飲む約束をしている。気のいいやつで、私も好きっちゃ好きだけど、男女の仲とは言い難い。

 どうする?今回は都合が悪くなったと断るか?
 でも、ただの夢だよね。大げさに考える必要あるか?

 ん~~っ!
 私はぐちゃぐちゃになった頭で、最後まで考えていた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。