コンテントヘッダー

似た者同士



「彼女と一緒になろうと決めたってことは、あれ使ったんだな?」
 報告しに来た相手が母親と台所に行き、二人っきりになったのを見計らって、息子に父親が聞いた。

「うん」
 息子が言った。
「悪いとは思ったんだけど、どうしても不安で」

「分かる、父さんもそうだった」
 父親はうなづいた。
「自分に不相応な美人がパートナーになってくれると思うとな。何か裏があるんじゃないかと思って、どうしてもな」

「このことは絶対、内緒ににした方がいい」
 父親は少し悲しげに息子を見つめ、息子に強く言った。
「ああ、分かってるよ」
 息子が応じた。


「あれ、やっぱりありました」
 台所で、未来の義母に彼女が告げた。
 
 何のことか、すぐにピンときた母親は苦笑した。
「あら~、そう!本当に?まったく、親子して。本当、あんな息子でごめんなさいね。なんなら婚約、考え直してもいいのよ」

「いいえ、これで彼が私のことを信用してくれるなら、かえって良かったかと」
 彼女は穏やかに微笑んだ。
「そう?」
 彼女の言葉に、母親はホッとした。

「前もって、味など教えていただいていたので、薬が盛られたのはすぐわかりましたし、効果を消すものも譲られていましたので、実害はありませんでしたから。
 彼は過去の私の男性との付き合いを知りたがっていただけのようでしたから、素直に自白剤の効果に身を任せても良かったんですけど。他の答えにくいことを聞かれたら、やっぱり嫌だったので」

 彼女の言葉に母親は言った。
「それは当然ですよ。誰だって、たとえ好きな人にだって、いえ、好きな人だからこそ、秘密にしておきたいことは必ずあるものですものね」

 彼氏の母親が物分りの良いに安心し、彼女が聞いた。
「ところで、自白剤とその効果を消す薬をどうして持ってらっしゃたんですか?どちらも簡単に手に入るとは思えないんですけど」

「それは私と旦那様に、薬学の研究所に勤めてるすごい友人がいて、その方が作ってくれたの。結婚する前、旦那様には自白剤を。そして私にはその効果を消す薬をね」
 少し夢見るような表情で、母親が言った。

「その友人という方は男性ですか?」
 彼女が聞いた。
「ええ、とっても素敵な、いい方よ。そのうち、ぜひ、あなたにも紹介してあげたいわね。あなたもお礼を言いたいでしょう?」

 母親が意味深に笑い、彼女も同じように意味深に笑い返した。

終わり
 
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

依頼人




「この仕事で、最も印象に残ったやつかい?」
 少し考える仕草をした後、博士は言った。
「今までいろいろな人に会って、いろいろな依頼を受けたけど、そういえば、こんな人がいたよ」
 おもむろに博士は語りだした。

「その人から依頼された品は人を好きにさせる薬、いわゆる惚れ薬といういうやつだった。
 まあ、それ自身はさほど珍しい願い事ではなかったけれど、こういうものを欲しがるのは、たいてい若い女性で、たまに若い男、というのが相場だったんだが、その女性はどう見ても四十絡まりで、そんな歳になってもそういう薬を欲しがるものなのか、と思った。

 それでも、特にこちらからは聞きもしなかったのだが、その人はそれが必要な理由を自分から語ってくれた。

 それによると、彼女が若い時、ある男と付き合い、その男の子供を身ごもったにもかかわらず、男から捨てられてしまったらしい。
 その当時、彼女には頼れる身内は一人もおらず、大きいお腹を抱え、途方に暮れていたんだそうだ。

 その彼女に弱みに付け込む形で、前々から彼女に目をつけていた、彼女より一回りも年上の男が、彼女に面倒を見て上げようと持ちかけてきた。
 彼女は他にどうしようもなく、その男の希望を受け入れ、一緒になった。
 
 すぐに娘が生まれ、その男は自分と血の繋がらない子供をないがしろにすることはなかったが、それでも、彼女はそれを恐れ、その男と自分との間に子供ができないよう、懸命に立ち回ったんだそうだ。

 彼女の努力は実を結び、二人に子供は授かることなく、一人娘は成人を迎えた。これで子供に対して責任は果たした、と彼女がほっとしていたある日、昔付き合っていた男、つまり娘の実の父親に、街で偶然会ってしまったそうだ。

 二十年ぶりに見た男の姿は、多少変わってはいたが、彼女の心に昔の思いが強烈に蘇った。それで、いてもたってもいられず、僕のところに来たそうだ」

「なるほど、もう、子供は手が離れたので、今の夫と別れ、今度は博士の薬の力で、昔の男をつなぎとめようと考えたんですね。しかしそうだとすると、特に博士の印象に残るような内容とは思えないのですが?」
 私は疑問を口にした。

「まあ、薬をその男に使ったというならね。でも違うんだ。僕の作った惚れ薬を彼女は自分に使ったんだ。今の夫を好きになれるようにと」
 博士が答えた。

「自分に使った!?」
 私は驚いて言った。

「どうだい?結構面白い話だろう?でも、僕が彼女のことをよく覚えているわけは、彼女が最も薬が効いた人だからなんだ。僕が作る惚れ薬は、他では評判はかんばしくなくてね。彼女だけなんだよ。とても良く効いたのは」

 博士は嬉しそうに笑った。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

朗報



 トイレ掃除でお困りの奥様に朗報!

 そんな宣伝文句に目を留め、私はある商品の記事を読んだ。

 なるほど!これなら、トイレ掃除も楽になるかもしれない。

 私は早速その薬品を注文した。

 使ってみると効果てきめん。あれ程言ってもするのを拒んでたのに、今では必ず夫は座ってする。

 夫に毎回盛っている薬は、小をしようとすると、大も出てしまう様になる薬なのだ。

 おかげで、便座の周りはいつもきれいで、爽快。

 最初の内、私の知らないうちに、夫の下着が新しくなっていたから、色々あったのかもしれないが、まあ、良しとしよう。

 みんなにも勧めなくっちゃ。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

命令




「それでは何なりとご命令ください」
 彼女がそう彼に言った。さんざん苦労し、ようやく手に入れた、高性能の美少女型アンドロイドだった。
 
 彼は言った。
「何なりとご命令ください」
 
  高性能アンドロイドは即座に意を汲み取り、片足を上げた。
「靴を舐めなさい」
 
 男は歓喜の内にひざまずいた。



終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

試される時




「君は自制心が強いから大丈夫だよね」

 介護の苦労を見かね、その薬をくれた友人の言葉が頭に響いた。

 それはそれは香ばしいカレーの匂いが、投薬後の彼女のおむつから漂っている。

 私はそれを取り替えるのを、前以上にためらった。


終わり
 

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR