fc2ブログ
コンテントヘッダー

お遊び小説「ウチイリ」




 静かに雪が降り続く夜の庭先で、二人の男が対峙していた。

「ようやく見つけたぞ!キラ!覚悟しろ!」
 片方が言った。
「ふふふ、よくここまで来たな、オーイシ。褒めてやろう」
 それに対し、もう片方が憎々しげに答えた。

 やっといたよ、ラスボスのキラ。
 しかし、何でこいつ炭小屋なんかにいるんだ。探しまわったよ、さんざん。屋敷の方々を。
 しかも見つけたと思ったら、こいつ、白い寝間着姿の白髪の老人だし。一瞬、また雑魚キャラかと勘違いしちゃったじゃないか。
 
 でも、こいつの周辺の雰囲気が全然違ってて、しかもすごい悪人顔。BGMもそれっぽいのに変わった。ラスボスらしい。さて、戦闘に入るのか!

 って思ったら、両脇に新たな敵が現れやがった。
 あれ、こいつら見たことあるぞ。

 左側には十手を構えて、ゴヨー、ゴヨー言う、目明かし。こいつコインを投げてくるんだよな。
 そして右側には合羽に三度笠、旅がらす姿の男。こっちは長い爪楊枝を吹いてくるんだっけか。
 
 両方とも前に倒した中ボスじゃん。そうか、そういう作りか。ラスボス戦前に以前倒した中ボス達が復活してくるってやつだな。
 しかも前よりもちょっと強くなってるんだよな、大抵。

 こいつらと戦った時より、今はこっちのレベルは格段上だけど、三人がかりだ。あっという間にライフゲージが下がって来た。やばい。

 やっぱり、ハードモードは最後もきついな。でも、イージーモードだと仲間が46人もいる設定らしいからなあ。何でそんなに味方の数を増やしたのか、超ヌルゲーになるに決まってるだろ。第一仲間全員覚えられるのかよ。

 
 いやー、死んだ。ほんときついわ。
 案の定、一人を倒すとまた次の中ボスが再登場してきた。

 忍者の頭領、なんか子どもを乳母車に乗せている浪人と来て、全盲で仕込杖持ってるあんま、片目片腕の男。最後は何故か真ん中が老人の三人組。こいつらに印籠をかざされるとしびれて動けなくなるから始末に悪い。

 何回も死んで、それでも全ての中ボスをやっと倒して、いよいよラスボスとの一騎打ちとなった。また音楽が変わる。あれ?ラスボスでかくなってね?
 いつの間にか両手に刀持ってるし。

「よくぞ、配下の者をみな倒した。敵ながら見事な腕前。感心、感心。だが、我が二天一流の剣技。オーイシ、果たして貴様に受けきれるかな?」
 鬼のような形相で両刀を構える。
 それに負けず、オーイシは八相に構えて言った。
「こちらとて柳生新陰流免許皆伝の身、いざ、勝負!」

 会話が終わり、戦闘シーンに変わった。
 うわっ、つえー!

 刀二本持ってるから、こっちの攻撃を一刀で完全に受け、直ぐ別の刀が攻撃してくる。
 こちらが攻撃を防いでも、やっぱり別の方から二刀目が襲ってくる。距離を取らないとまずい。

 さんざん逃げまわったが、相手のスピードもものすごく、すぐに庭の隅に追いつめられる。
 駄目だ、死んだ。

 何回か同じことを繰り返したが、さっぱり勝機が見えない。このままでは駄目だ。なんか攻略法があるはずだ。
 俺は考えた。
 そこでよくみると、キラへはその本体だけでなく手に持っている刀にも攻撃ができるように表示されてる。なるほど、そういう事か。

 俺は方針を変え、防御力が一番低そうな脇差しのみを攻撃することにした。
 逃げまわっては隙を見て脇差し攻撃。何回かそれを繰り返し、ついに脇差しを折ることに成功した。
 やった!これで一刀同士。これで勝てるだろう。

 と思ったら、相手の刀を受けた瞬間、こちらの刀が折れた。マジ?!
 なすすべもなく、次の攻撃であっけなく死んだ。

 考え方は悪くないはずだ、と思い、また同じ戦略を試みる。けれど相手の一方の刀を折って、次に戦うと何度やってもこちらの刀が折れる。クソ!どうしたらいいんだ。
 俺はまたしばらく考えこんだ。
 
 メニューを開き、なにかいい方法か道具がないか見てみる。すると戦闘コマンドに新しいものが追加されていた。そうか!これを使うのか!

 俺は再びキラに挑んだ。
 隙を伺い脇差しを攻撃、その刀を折る。
 続けて攻撃すると、俺の刀は折れた。ここからだ!

 すぐに相手と距離を取り、折れた刀を捨てる。キラは振りかぶり、まっすぐに突っ込んできて、オーイシの頭を割ろうとした。今だ!真剣白刃取り!

 決まった!
 キラの刀を両手を貼り合わせるようにしてオーイシが掴んだ。
「むむむっ」
 刀は動かない。キラが声を発する。

 キックのコマンドを選択して入力すると、キラの腹をオーイシが蹴り、キラは刀を離し吹っ飛んだ。
 勝ったな。

 仰向けに倒れたキラの身体は縮み、みすぼらしい老人の姿となる。
 近付いてみたが、ピクリとも動かない。

 戦闘終了の音楽が鳴り、ホッとしていると、雑魚キャラの侍が大量に現れて、オーイシを囲んだ。
 まだ続くのか?

 と、思っていると、
「ヒカエー、ヒカエー!」の声とともに、白馬に乗って、着飾ったいかにも偉そうな男が現れた。
「われはショーグンヨシムネなるぞ!」

 男が自己紹介すると、侍たちが一斉に土下座した。こいつらと戦わなくて済みそうかな?

 ショーグンはオーイシの方を向くと言った。
「さて、オーイシ、主君の仇、見事果たしたことは天晴である。よって……」

 場面は変わり、オーイシは広い畳の部屋で白装束をまとい、今まさに切腹しようとしてた。

 ハードモードでクリアした場合、その類まれなる名誉のお陰で、室内でしかも畳を三枚も重ねた上で切腹できるんだそうだ。
 ちなみに、イージーモードクリアは庭先でゴザの上での切腹となるらしい。

 オーイシ、末代まで語り継がれるであろう武門の誉れを獲得。ゲームクリア!

 そんな文字が出て、時代劇風ゲーム「ウチイリ」は終わった。
 はっきり言ってクソゲーだった。メーカーの猛省を期待したい。


尾張


 この作品はブログ村トーナメント、時代劇風小説に参加しようとして書きました。が、締め切りを勘違いしていて、間に合いませんでした。
 ショートショートではないようだ気がしますが、ここに晒します。

 最後までお読みくださり、ありがとうございました。
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

スローバラード


「それで?」
 目の前の女が聞く。
「それで?それで・・・」
 俺はその後のことを語った。

「市営グランドの駐車場に車を停めた。そこが何て言うか、一番誰に目にも付かないっていうか、一晩中車を停めていても、おかしくないところだと思ったから。実際、俺の車の他にも、すでに2,3台停めてあったし」
 俺は女に説明した。女は俺を見つめ、頷いた。
「そう。そこで一晩過ごした訳ね?」
 声はやさしい。慈愛にあふれている。
「そうだ。金も底をつきかけていたんで、どこにも泊まることが出来なかったから。それで、車の中で寝た。さすがにもう寒くなってきてたから、ヒーターをつけていたいところだったんだが、とにかく、金がなくて。ガソリンの無駄遣いをしたくなかったんで、毛布にくるまって寝たよ。あの娘と、レンレンと二人で」

 突然、会社が倒産した。俺には碌なキャリアもなく、再就職は困難を極めた。
 職を求めてさまよう内、俺は精神を壊し、やがて蓄えもなくなって、部屋にいられなくなった。
 車だけが残って、俺は別れようとしたけど、レンレンは俺について来た。
 最初は二人で安ホテルを泊まり歩いたけど、ついにそれもできなくなった。

 一晩中車を停められるところを探して、街を転々とした。
 そして昨夜は市営グランドの駐車場に。
 二人で毛布にくるまって。
 満足に食事も出来なくて、体が冷えてしょうがなかった。

 「気分を変えるために、いつもの様にカーラジオをつけた。いろいろな番組をやっていたけど、前に流行った、スローバラードが流れてきたんだ。有名なやつだ。俺はそれを聞いて、いろいろあって、泣きだしてしまった。そしたら、あの娘がぎゅっと手を握ってきた。その手のぬくもりで、俺はいくらか落ち着いて、その手を握り返したよ。窓の外には霧が出てきていた。
 そうこうしている内にうとうとして、そこで夢を見た。湖の夢だ。ボートに乗ってる。レンレンもいた。ボートを揺らすと、レンレンは怖がって。それが俺には面白くてさらに揺らして。そんな夢だ」

 俺はここで一息ついた。女は黙って俺を見ている。俺は話を続けた。
 「目を覚ますとまだ夜中だった。夜霧が窓を包んでいたよ。その時、レンレンが突然言ったんだ。
 『ボート揺らしたら危ない』って。
 俺は何?って聞き返したが何も答えなかった。どうやら寝言のようだった。
 驚いた。同じような夢を見ていたらしい。
 ああ、やはり二人はつながっているんだ、と思ったよ。二人のこの絆があれば大丈夫だ。今は八方塞がりでも、大丈夫だ。俺はそう思ったよ」

 俺の長い独白を黙って聞いていた女は、俺がもう言うことがない、と見て取ったのか質問した。

「XXXXXさん、今言ったことは本当に昨夜あったことなんですか?」
 目に強い力がある。嘘は許さない、と言っている。
 俺は驚いて返した。
「ああ、そうだよ。こんなこと嘘ついて何になる」
 それを聞き、女は俺の目をじっと見つめた。
「昨夜、市営グランドの駐車場に停めた車の中で、レンレンがあなたの手を握り、あなたはその手のぬくもりで、混乱が治まるのを感じた。そして、深夜にはレンレンの寝言まで聞いた、と。そうおっしゃるんですね?」
 声の調子が強くなっている。俺は、それにたじろぎながらも答えた。
「そうだ、そう言ったろう。一体何が言いたい?」
 俺の言葉を聞き、女は身を乗り出してきた。
「今朝、市営グランドの駐車場の車の中で、動かず返事もしない二人が発見されました。あなたとレンレンです。二人はすぐ救急車で近くの病院に運ばれた。あなたはただの栄養失調、でもレンレンは死んでいた」

 そう、死んでいた。朝にレンレンは冷たくなっていた。俺はもう、なにもする気もなくて、車のドアの外で叫ぶ男たちを無視した。そしたら、無理やりドアをこじ開けられ、病院に搬送されて。

「ああ、ああ、レンレンが死んでしまった。レンレンは死んでしまった」
 俺は泣きだした。
 それには物ともせず、女が言った。

「XXXXXさん、聞きなさい。いいですか。こちらの検死では、レンレンはすでに死後3日経っているという結果が出ました。お気持は分かりますが、よく思い出してください。本当にレンレンは昨夜まで生きていたんですか」
 
 その言葉に俺はショックを受けた。
「3日?そんな、そんなことない。昨夜確かに聞いたんだ。レンレンの寝言を。『お父さん、ボート揺らしたら危ない』って。ああ、おんなじ夢見てるなって。ぎゅっと手を握って。ラジオからスローバラードが流れて。
3日?そんな、いくら何でもそんな」

 突然、会社が倒産して、俺は職を求めてさまよって、精神を壊して。それで、それで、レンレンが、娘が死んだのも分からなくなってたのか。

 レンレン、俺の娘。むすめ。ムスメ?
 俺に娘などいたか?母親は誰だ?
 
 分からない。頭の中でスローバラードが流れる。俺は混乱の内に涙した。


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

岬めぐり


「ここ、行ったことあるの。学生時代に。友達みんなと。けっこう良かったよ。今度一緒に行きましょうよ」

 妻の言葉が思い出された。彼女が話題にしていたその場所に、今私は訪ねてきた。

 目的地の岬をめぐるバスに乗る。窓に青い海が広がる。

”そんな歌があったな”

 私は水平線を見つめ、昔のことを思い出した。

 到着後、岬の先端の崖の上に立った。まわりは家族連れか、カップルでみんな幸せそうだ。一人旅は私だけ。

 激しい波が崖の下の岩を打っては砕け散る。その様子をしばらく眺めていた。

”クローサ、ぼくは君をずっと君を愛してたかった”

 心の中でそうつぶやき、ポケットに入れてあったUSBメモリを海に投げた。

 中身は妻と奴の画像。密会の証拠だ。このデータで確実に離婚は成立、慰謝料をとることができるだろう。しかし、調査の結果、妻は最近関係を精算したらしい。

”もういい。全てを無かったことにしよう”

 悲しみを深く胸に沈め、踵を返し、私はバス停に向かった。

 ”旅を終え、街に帰ろう。そして、今までどおりの生活を続けるんだ。でも、ここに二人で来ることはないだろう。ここを再び訪れるのは辛すぎる”

 私は海の音を聞きながらそう思った。


XX新聞朝刊

バスが崖下に転落 死傷者多数

 Z岬を運行中のバスが誤って崖に転落。死者一名、重軽傷者24名の惨事となった。

 「なぜあんな場所へ一人で行ったのか、私にはわかりません」

 死亡したフラン氏の妻、クローサさんが語った。


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

白いサプライズ



 彼は慎重に玄関の鍵をまわした。
”ガチャン”とかなりの音がし、彼は一瞬自分の当初の計画を諦めかけた。しかし、中から足音が近づいてくる気配がなかった。彼は安堵するとゆっくりとドアを開けた。
 
 そこで玄関を見て、彼に驚きが走った。見慣れぬ男物の靴が三人分並んでいる。
”なんだ、なにがあった?”
 耳を澄ますと、寝室の方から、複数の男の声と、妻の嬌声が聞こえてくる。彼の頭に急速に血が登っていくのが分かった。

 
 ここ数ヶ月、彼の務めている会社は多忙を極め、彼自身、その間に休日は一日としてなかった。帰宅も常時、深夜を過ぎ、家には寝に帰るだけの毎日だった。
 
 そんな生活に彼の妻は不満を溜め込んでいる様子だった。二人にまだ子供はなく、妻は家にひとりきりですごしていた。

 そんな中、突然、ポッカリと彼の仕事に空きができた。受注のミスによるスケジュールの変更が原因だった。
 特に急ぐようなの業務はなくなり、そこで上司が気を利かせて、彼の部署全員に半日の休暇を与えたのだ。
 彼は妻を驚かし、喜ばせてやろうと、連絡を入れずにケーキを手土産に帰ってきたのだった。

 
 寝室に近づくにつれ、事態は疑いようもなくなっていた。男が複数、妻と寝室にいる。妻のあられもない声が聞こえてくる。

 彼は寝室のドアを勢い良く開け、怒鳴った。
「何をしている!」
 
 三人の男が一斉に彼の方を向いた。皆、裸だった。

 一瞬、三人ともきょとんとした顔をしたが、すぐに平静な表情になり、「誰?」とベッドで横になっていた妻に聞く。

 妻も顔を上げ、ややぼんやりとした風に彼を見つめ、それからゆっくりと笑って言った。
「あら、あなた」

「ああ、旦那さんか。なに?帰りは遅いはずじゃなかったの?」
 まるで何事も起こっていないかのように、男の一人が妻にたずねた。
「私はそう聞いてたんだけど、なに?なんで今日に限ってこんなに早いの?」
 身体を隠そうともせず、妻は夫にたずねた。そのあまりに悪びれしない様子に、彼は虚を突かれ、無言のままで固まってしまった。
 その様子を見ていた男の一人がにやにやしながら言った。
「あれ、旦那さん、ショックで、口が聞けなくなってしまったようだよ」
「ああ、そうか~。いや~、済みませんね。こんなトコロお見せしてしまって」
 別の男が、夫に声をかけた。
「でも、誤解して欲しくないんですが、われわれは無理やり、奥さんをどうこうしようとした訳じゃないんです。これが商売なもんで」

「商売?」
 夫は青ざめた顔をしながら、乾いた声で聞いた。
「ええ、われわれ三人は奥さんにまあ、雇われたわけでして。それで、奥さんにご奉仕しているところだったんですわ」
 そうだ、そうだ、とほかの二人もうなずいた。妻はよそを向きながら、すましている。

”商売?”
”ご奉仕?”
 彼の頭の中をその単語が駆け巡った。妻を見ると、彼女も夫がどんなでかたをするのか、ややあきらめ気味な開き直った態度を見せて、ちらっ、ちらっとこちらを見ていた。

 彼は妻の姿と、周りの男達を詳細に観察した。そして、少し考えた後、生唾をひとつ飲むと、言葉を発した。
「商売、というと、カネさえ出せばこちらの要望に応えてくれるのか?」

 意外な質問に、男たちも妻をおやっという顔をしたが、男の一人はすぐに察して答えた。
「ええ、もちろん。金額さえ見合えば、大抵のことはお受けしますよ」

 その言葉を聞いて、彼はおもむろにネクタイを外し始めた。
「じゃ、俺も混ぜろ。文句はないよな」
 そう言って、ワイシャツを脱ぎ始める。

「はっ、こりゃいいや。そう来ましたか」
 男の一人が手を叩いて笑った。
「前に、行為を見学させろ、って旦那さんがいたが、それよりいくらかマシでしょうかね。変態度合いが」
 ほかの男たちもそろって笑った。妻は、ホッとした顔をし、そして、満面の笑みを浮かべた。


 この日のことが原因となり、結局、彼と妻は別れた。けれども彼に後悔はない。今では、すっかり三人の男の馴染みとなり、ご奉仕を受けて、日々のストレスを発散している。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

独裁者

「どうしても分からないことがある。何故、国民を抹殺し続けた?」
 尋問官は落ち着いた声で相手の男に問うた。男はうなだれたまま、返事をしなかった。

 場所は窓が一つあるだけの狭い部屋。そこに机が一つあり、尋問官は窓側に、問われている男は入口の方に座っている。もう一人、男が入口のそばに立っていた。

 尋問官は机の上の自分の手の指を組み、相手の出方を伺う。しかし、いくら待っても、相手からは一言もなかった。
「あなたがクーデターで政権を取り、国内の反対派を粛清した行為は、許されることではないが、感情的に、そして論理的にも理解できる。しかし、その後、国内で誰一人あなたに逆らうものがいなくなってからも、あなたは人々を処刑し続けた。その中には何の罪もない市民が大勢いた。小さな子供さえ含まれていた。なぜだ?」
 たたみかける尋問官に男はやはり無言のままだった。
「けっ、こいつはキチガイなんですよ。ただただ人々が死ぬのを面白がっていたに決まってる」
 入口のそばに立っていた男が口を挟んだ。その言葉を聞き、尋問されていた男がニヤッと笑った。明らかに相手を馬鹿にした笑いだ。

「あなたが妄想に囚われ、自分の地位を脅かすと思えた人の処刑を命令したとは思えない。事実、あなたと対立した意見の持ち主だったルンビア外相はちゃんと生き延びた。あなたは彼の意見を取り入れ、政策を変更したこともしばしばだ。なのに、生まれたての赤ん坊の処刑を命じたこともある。それに逆らった者ももちろん処刑した。なぜだ?何故こんなことをした」
「サディストなんですよ、こいつは」
 また入り口に立っている男が言った。尋問を受けている男がまた笑った。今度は声も出している。
「こいつ!」
 入り口の男が殴りかかろうとするのを尋問官が制した。
「やめたまえ!落ち着け!」
 
 男が再び入口付近に戻るのを待って、尋問官が相手に言った。
「あなたは人が死ぬのを楽しんでいたようには思えない。実際、死刑の方法を絞首刑や電気椅子から、薬殺に変えた。処刑されたものは皆麻酔をかけられ、眠るように死んだ。その様子をあなたは見学したことは一度もない。あなたは正当な理由もなしに人を処刑するとはどうしても思えない。何故です、何故あんな無闇な殺戮を実行したのですか?」

「随分と信用されたものだ」ここで初めて尋問を受けていた男が言葉を発した。「尋問官、あなたは私が政権のトップに付いている間、狂った行動をしたわけではない、と頑なに信じているわけですな」
 今度は明らかに真面目な顔つきだ。尋問官は肯定した。
「よろしい。では何故私が罪もない国民を処刑していったか、お答えしよう。なんでもない。国民の生活の維持のためですよ」
それを聞いた二人は驚きの表情をした。
「何馬鹿なことを言ってる!われわれを愚弄するのか?」
 入り口に立っていた男が再び怒鳴った。
「いたって私は真面目ですよ」
 尋問されている男は馬鹿にしたふうではなく、言った。
 尋問官が先を促すと、男は告白を続けた。

「私が政権に着いた時、国には様々な問題が生じていました。特に深刻だったのは財政で、税収は少ないのに出て行くことだけが多い状態だった。特に景気上昇の効果が薄い、福祉関連への出費が多くを占めていた。これは都合が悪い」
「まさか・・・。」
尋問官がつぶやいた。
「その通り。国民を、罪もない国民を処刑して行ったのはただただ、財政のバランスをとるのが目的だったのです。何も殺さなくても、と思うかもしれませんが、福祉関連費をただ削るだけでは将来に禍根を残します。体制が変わった時、またそれが足を引っ張りかねない。
 以前の人口ピラミッドはいびつなねぎぼうずのような型でした。しかし、今では健全な塔型になっているはずですよ。働きもせず、国になんとかしてもらおうという年代層を積極的に処刑しましたからね。高齢化社会の問題はなくなりましたよ」
「しかし、あなたは幼い子供も処刑してるではないか」
 尋問官が咎めた。
「確かに。しかし、処刑された子どもたちのことをよく調べてみてください。可哀想に、皆何らかの障害を持って生まれた子どもたちだったのです。とても一人では生きていけない。遠からず、国が面倒見なければならない存在でした」
「そんな・・・。」
 尋問官は愕然とした。この告白が本当なら、目の前にいる男は真の悪魔なのかもしれない。

「私は独裁者という地位に着きました。私自身もそれを望み、周りも私を後押ししました。私は周りの期待に答えるべく、独裁者である私にしか出来ない政治行動をしたのです。今後、数十年に渡って問題となるであろう国の人口バランス。その歪みを是正することは、強力な独裁政権以外、成し遂げることは不可能でしょう。
 私の役目はこれで終わりました。あなた達は私を処刑し、再び民主主義に戻ればいい。私を死刑にしても恨みは少しもありません。民衆に殺されるのも私に課せられた崇高な運命ですから」
 元独裁者は静かに微笑んだ。


「ええーっ、これはまずいですよ。これは洒落になりませんって」
渡された小話を読んだ男が言った。
「ダメかな?匿名でネットに投稿するんだから、大丈夫だろ?」
「でも万が一、名前が割れたりしたら、何言われるかわかりませんよ。あなたは皆から正式に選ばれた大統領なんですよ。まずいですって」
 折角書いた小話の発表を止められた男は、ふてくされた顔をしていつまでもなにやらブツブツと言っていた。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR