fc2ブログ
コンテントヘッダー

初めてご訪問された方へ



 いらっしゃいませ。
このブログにはしろうとが趣味で書いた創作ショートショートが載せてあります。

 

続きを読む

スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

目次1~100

1、「前書き そんな時代」 創作をする方々に

2、「原罪 はじめてのつみ」 宗教注意

3、「白衣の天使」 看護師さんが好きな人どうぞ

4、「風邪薬」 夢の風邪薬です

5、「選ばれた男」 ホラー?

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

目次101~

101、「神はサイコロを振る」 ある男が罪に問われ
    「神はサイコロを振る」(オチ付け足し)

102、「奇跡」 起きる時は起きるのかも

103、「奇跡は起こらなかった」 検死担当医が呼ばれて

104、「黒いサプライズ」 シモネタ注意

105、「白いサプライズ」シモネタ注意. 

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

シンデレラの罠

   


 イトウソウジは既に店に来ていた。私は軽くうなずき、対面の席に座る。彼は私の義妹の従兄妹に当たる。そして私の中高の同級生だった。
 彼らの祖母の葬儀が終わり、しばらくたった頃、私に話があるという連絡が彼から来た。そこで、この店を待ち合わせの場所に指定したのだった。
 飲み物を注文した後、当たり障りのない会話が続く。なかなか本題には入らない。まあ、彼からしたら言いにくいんだろう。それならばということで、私から切り出した。

「それにしても、あなたのおばあさん、いくら亡き娘の忘れ形見とはいえ、ミチコちゃんだけに全財産を譲るよう遺言書を残していたとは、驚いたわ」
 私の言葉に彼は苦笑いをした。
「僕もだよ。祖母はミチのことになるとちょっとおかしくなるな、とは思っていたけどね」
「まあ、魔法使いのおばあさんだったんだからしょうがないよ」
 私はそう返事した。私の言ったことに意味が判らないのか彼はキョトンとしている。
「魔法使いのおばさんってどういうこと?」

「あれ?知らなかった?」私は笑った。「私とトモミがあなた達のおばあさんに付けたあだ名。ミチコちゃんには受けてたんだけどな」
「知らないな。なんでそんなあだ名に?」
 本当に聞いてないのか?私は疑問に思いながらも答えた。
「なんでって、私達の母とミチコちゃんのお父さんが一緒になった後、私達が影でなんて言われるようになったか知ってるでしょう?」

 彼は頭を振った。
「いいや。知らない」
「そう?」
 私は彼を見た。とぼけてるようにも見えるが、まあ、いいか。
「中学生の時に私達三人が同じ家族になったわけだけど、それ以来あなたの従兄妹は女子の間で東中のシンデレラって言われてたのよ。で、私とトモミはシンデレラの姉ってわけでさ。だから、亡くなったあなた達の祖母は魔法使いのおばあさん。シンデレラが困っていると現れて、色々助けてくれる人」

 それを聞き、彼は不快な顔をした。
「確かにミチのお父さんが再婚したことで、ミチにはシンデレラみたいに継母と義理の姉二人ができたさ。けれど、それで君たちをシンデレラの姉呼ばわりはひどいと思うな。どう考えても悪口じゃないか」
 
 私は笑顔を崩さずに言った。
「でも仕方ないと思うよ。だって、ミチコちゃん、すごい美少女じゃない。私、初めて会った時びっくりしたもの。世の中にはこんな可愛い子もいるんだって」
 彼らの曽祖父はロシア人だったとかで、顔の作りからして違っていた。親類みんな美形揃いで彼らが並ぶと壮観で圧倒される。
「それに対して義理の姉である私達はというと、どう贔屓目に見ても並以下。しかも母娘揃って意地悪そうな目つきをしていて、こりゃ、義理の妹はいじめられてるな、って誰でも思っちゃうよ」

「そんなことはないよ!」
 彼は幾分声を荒らげた。
「君たち姉妹が意地悪そうだなんてことは絶対ない。それに、君たちはミチのことをこれっぽっちもいじめたりしてないじゃないか。むしろ、気の使いすぎじゃないかな、と僕は思っているんだが」
 
 ほう?そんなふうに考えていたとは意外だ。多分、礼儀上、言ったのだろうけど。
「でも、家事全般をミチコちゃんに押し付けてるんだから、いじめかなあとも思うんだけど」と、私は言った。
「しかしそれだって、ミチの希望に沿っただけだろう」
 彼は反論した。
「ミチは小さい時からお母さんから色々教えられていたから料理や掃除はすごく得意だし、現に今だって喜んで家を切り盛りしてるじゃないか」

 そうなのだ。ミチコちゃんの亡くなったお母さんはとても家庭的な人で、ミチコちゃんもそんなお母さんが大好きで。
「それに、これはミチから聞いているか知らないけど、叔母さんが大事にしていた調理道具や食器なんかを当初は誰にも触らせたくなかったらしい。そんな気持ちを汲んでくれて、家事全般を任せてくれた君のお母さんには、ミチは感謝してたよ」

「まあ、ミチコちゃんからそれを聞いて、私達は台所では好き勝手したことはないけれど……。そんな事情みんな知らないわけだし。それに、家族旅行とかではミチコちゃんを置いてきぼりにしてる」

「それも違うだろう」
 彼は言った。
「ミチは子供の頃嫌な目にあってからは極力外に出たがらないじゃあないか。それに家族旅行と言っても、マサノリさんも仕事が忙しくて同行していないことが多いんだし、わざとミチを仲間外れにしてたわけじゃないじゃないか」
 そうなのだ。美少女の宿命なのか、ミチコちゃんは悪い男に拐われそうになったことがあるらしい。それで、今もよっぽどのことがない限り、人混みには出ない。若い男は近づくだけで恐怖を覚えるそうだ。この従兄弟は唯一の例外だ。
 
 それにしても、彼はよく我が家の状況を知っている。ミチコちゃんは彼にはなんでもしゃべっているのかな。
「ええ、確かにそうかも知れないけれど、世間には通用しないよ。あなたのおばあさんだってミチコちゃんは可哀想なシンデレラだから、助けてやらなくては、と思ってたんでしょう。ガラスの靴はなかったけれど、生前もやれ誕生日だ、クリスマスだって時は、色々送られてきてたよ」
 そして、ついでに私達の悪口も周囲に言っていたらしい。母は継子には何も買ってやらないようなので、私が送っているのだ、とか。
「ミチコちゃんは自分の境遇に一応満足していたから、可哀想な子扱いされるのは正直閉口していたみたい」
 そして、おばあさんが私達の悪口を言っていることも知っていて、心痛めていたようだ。
「だから、これ以上あなたのおばあさんから何も受け取る気はないんだよ、きっと」
 
「多分そうなんだろうな」
 彼はうなずいた。
「そういう訳だから、相続拒否の意思は固いと思う。私が説得したくらいではウンと言はないと思うよ」
 残念ながらあなたの希望通りにはいかないだろう。私は彼がどんな顔をするのか注視した。

「まあ、だめだろうね」
 彼はあっさりと言った。
「僕としてはミチの気持ちを尊重するつもりだよ。父と母がどう考えてるか知らないけど」

 あれ?どういうこと?私にミチコちゃんの説得をして欲しくて呼び出したんじゃないの?
 私は少し混乱して黙っていると、彼は突然言った。

「彼氏と別れたんだって?」
 は?なに?なんで知ってる?彼氏とは高校からの付き合いだから、私の彼氏の存在を目の前の男が知っていてもおかしくはないが、別れたのはつい最近のことだ。
 ミチコちゃんか?ミチコちゃん、この男に何でもしゃべりすぎじゃないだろうか。私達の個人情報は勘弁してほしいところだ。
 
 私はややうろたえながら、答えた。
「そうだよー、足の指切ったりしてないからまだましだけど、シンデレラの姉では王子様と結ばれるのは厳しいらしいや」
 彼はなんとも言えない、やや緊張したような顔をして言った。

「じゃあ、また、食事に誘ってもいいかな?」
 はあ?
 えっ?
 なに?えっと、そういうこと?
 えーっ!

 中学時代、彼は名前をもじってイトウ王子と女子の間で呼ばれていた。彼の容貌は少女達にとって王子様に相応しいものだったのだ。

 シンデレラの姉と王子様。無理、不釣り合い、という思いと、姉がシンデレラを差し置いて王子と結ばれるというある種のカタルシスを感じて、私は戸惑った。
 いけない。私はシンデレラの姉などではなく、彼も王子様なんかじゃあない。でも……。

「ええ、いいわ。食事くらいなら」
 私はそう返事した。
 含みをもたせ、とりあえず問題は先送りしよう。そして慎重に見極めよう。シンデレラの罠に嵌まらないように。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

 鉄槌



 スピーカーからの声が言った。
「それで旦那さんは?」
「401号、確定と」
 私はつぶやき、スマホを手に取った。

 サカイは無言で私のすることを見ている。
 連絡を終え、顔を上げると彼が尋ねた。
「どこにラインしたんですか?」

 ここはラブホテルの管理室。オーナーの私は失職中の彼を勧誘していた。
 このホテルでは各部屋に盗聴器が設置されており、この場所で好きな部屋の盗み聞きができる。
 
「興信所」
 私は答えた。
「興信所?」サカイが驚いて言った。「なんでまた?」
「さっき、スピーカーから聞こえてきた会話、聞いてなかったのか?”旦那さんは?”って男の方が言っただろう。つまり、女は既婚者だ。ということは、401号室は不倫カップルとみて間違いない」

「ああ、多分そうなんでしょうね」
 サカイは不快な顔をして、吐き出すように言った。
「だから401の二人がどこの誰なのか、調べてもらうのさ。二人は車でここに来てるので、駐車した位置と車種も伝えておいたよ。車にGPSを付けられるようにね。勿論、二人がホテルを出る時にも連絡する手はずになっている」

 サカイは驚きを隠せないようだったが、すぐに言ってきた。
「そんなことして、相手を強請るつもりですか?随分危ない橋を渡るんですね。不倫程度、屁とも思わない輩はいっぱいいますよ。逆に訴えられませんか?脅迫されたって」
 私は微笑んだ。
「まあ、そう考えるのが当然だろうが、二人を強請る気はまったくないよ」

「じゃあ、なぜそんなことをわざわざするです?一文にもならないでしょう」
 サカイが訝しげに聞いた。
「別に一文にならなくてもいいんだ。不倫しているやつらに鉄槌を下せればね」
 私はにこやかに答えた。

「鉄槌?」
「そう、不倫カップルにはちゃんと償ってもらいたいと思ってるんだ」
「というと?」
「二人の後をつけ、どこの誰か判明したら、その配偶者に事実を伝えるんだ。あなたの伴侶は浮気していますよ、ってね」
 サカイは驚いたようだった。私はかまわず続けた。

「伝えるのは興信所の者だけど、一度だけでなく何回も会っている証拠を掴むべきだと相手に勧めるんだ。勿論、自分のところに頼んでもらえれば、確実だと宣伝もする。するとまず間違いなく、宜しくおねがいします、となる。
 それで調査を進め、証拠が十分揃ったら、今度はその手が専門の弁護士を紹介する。離婚になるかそのまま夫婦を続けるかは当事者次第だけど、慰謝料は必ず請求するように促すんだ。取れるだけ取りましょうってね。金額が弁護士の報酬にも関係するんで、一生懸命やるよ、彼ら弁護士は」
 私は笑っていった。

 サカイは困惑しているようだった。
 彼は昨年、15年に渡る結婚生活に終止符を打った。ある日、女が彼を尋ねてきて、サカイの妻に慰謝料を請求する旨を告げたのだ。女はサカイの妻の不倫相手の女房だった。証拠はきっちり取ってあり、彼の妻の不貞は疑いようもなかった。
 そして、女は自分が自分の夫と彼の妻の関係を知ったのは興信所からタレコミがあったからだと説明していた。

 私は興信所を通し、それをすべて知っていた。
 まさか、このホテルが自分が離婚したことに関係しているのか?そう考えたのだろう。サカイは事の真相を聞きたそうにしていたが、結局黙った。

「どうだろう?こんな風に普通のラブホテルとはちょっと違っているんだが、ここに務める気はある?勿論、来るカップルすべてが不倫関係なわけはないので、通常の業務がほとんどだけどね。さらに、絶対、このことはよそに漏らしてもらっては困るので、もし、万が一のときは相当のペナルティを払ってもらうことになるけど」

「是非お願いします。やらせてください」
 サカイが頭を下げた。
 計画通りだ。不倫カップルに対して復讐心に燃える彼ならここの安月給でも努め続けるのに違いない。今回のように、時々偽の不倫カップルをここに送り込んでやれば、もっと給料を下げても働いてくれるかもしれない。
 
 彼が息子と思っていた内の一人とは血がつながっていなかった。そこでサカイはろくに金も与えず、その子とその母親を追い出した。
 
 私も子供の頃、同じ目にあっている。確かに母は悪いことをした。しかし、私になんの罪があったというのだ。
 サカイに追い出された、血がつながっていなかった息子に代わって復讐を、鉄槌を下してやろう。せいぜいこき使ってやる。

終わり

 

 
 

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

火消茶腕

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR