コンテントヘッダー

初めてご訪問された方へ



 いらっしゃいませ。
このブログにはしろうとが趣味で書いた創作ショートショートが載せてあります。

 

続きを読む

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

目次1~100

1、「前書き そんな時代」 創作をする方々に

2、「原罪 はじめてのつみ」 宗教注意

3、「白衣の天使」 看護師さんが好きな人どうぞ

4、「風邪薬」 夢の風邪薬です

5、「選ばれた男」 ホラー?

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

目次101~

101、「神はサイコロを振る」 ある男が罪に問われ
    「神はサイコロを振る」(オチ付け足し)

102、「奇跡」 起きる時は起きるのかも

103、「奇跡は起こらなかった」 検死担当医が呼ばれて

104、「黒いサプライズ」 シモネタ注意

105、「白いサプライズ」シモネタ注意. 

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

鑑定



「実は、ショウタのDNA鑑定をしたんだ」

 出し抜けに夫がそう言った。
 私は突然のことに固まってしまい、ただ驚いた顔で彼の顔を見つめた。

「そうしたら、ショウタは俺の子で間違いなかった。疑ってすまない」
 深々と頭を下げた。

 私は驚いた声で言った。
「えっ!」

 それを聞き、直ぐに夫は顔を上げた。面白いほど動揺している。
「えっ、てなんだよ?えっ、て」
 私に詰め寄ってきた。

 私は否定した。
「えっ、て言ったんじゃないわ。ええ、って言ったのよ。ええ、あなたの子よ、って意味でね」

「嘘だ、明らかに、えっ、て驚いてた。なんだよ、なんでショウタが俺の子だと驚くんだよ」
 
 夫は半狂乱になっている。いい気味だ。妻の貞操を疑うような男には、こういう仕打ちがお似合いなのだ。
 当分、疑心暗鬼になって、私の身辺でも調査するがいい。その間、こっちも離婚の準備を着々と進めてやるからな。許さん。


終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー

降霊



「それで、お望みの人と、お話することができたでしょうか?」
 霊媒師を務める私は、降霊を終え、客である女に聞いた。

「はい」
 女は青ざめた顔で言った。
「やはり、彼は、私が交際を断ったのが原因で命を断ったと。事故ではなかった……」

 女はハンカチを目に当て、涙ぐんだ。
 しかし、その瞳の奥に浮かぶ優越感を私は見逃しはしなかった。
 
 やはり、あの受け答えで良かったか。
 
 この商売は、事前の調査と、相手の心理の文を読むのに長けていることが肝心だ。
 私は本当に死人の声が聞こえるのだが、未だにそのまま正直に言ったことはない。死んだ者の本当の気持を語ったところで、誰が得するというのだ。

 相手が聞きたいことを話す、それが商売のコツなのだ。

終わり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Author:火消茶腕
ジャック・リッチーの短篇集を読んで、その読みやすさに感銘を受けた火消茶腕です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR